ピクシブ百科事典

あしたのジョー

あしたのじょー

あしたのジョーとは、梶原一騎(高森朝雄名義)原作、ちばてつや作画のボクシング漫画、及びアニメ作品。2011年に実写映画が放映された。
目次[非表示]

概要

風来坊である矢吹丈が偶然出会った元プロボクサー丹下段平に見込まれ、ボクサーの道を歩む事となる。

ライバル・力石徹(りきいしとおる)との戦いとその最後、最終回でジョーが真っ白に燃え尽きるシーンなどは非常に有名である。
また連載当時は力石の葬儀が実際に行われたり、よど号ハイジャック事件の犯人が「我々は明日のジョーである」という声明を残すなど社会現象にもなった。
アニメ化、ゲーム化、パチスロ化もされ、実写映画にも2回なった。

後に同じ『週刊少年マガジン』に掲載される「はじめの一歩」と並ぶ、日本を代表するボクシングマンガの金字塔である。

原作者・梶原一騎が同じマガジンで巨人の星の原作を執っていた為、あしたのジョーではペンネームを「高森朝雄」を名乗って原作執筆を行ったエピソードがある。

あらすじ

口が回り、喧嘩も強い不良少年矢吹丈は、元プロボクサーの浮浪者・丹下段平にその才能を買われ、ボクシングをやらないかと勧誘される。しかしジョーはそれを無視して新聞社相手に詐欺を行い、段平に殴り倒されて少年鑑別所送りになる。その少年鑑別所でも問題を起こしたジョーは、鑑別所で同室だった西寛一と共に特等少年院(注:原作者が意図的に誤表記しており、実際はこんな施設はありません)で教育を受けることになってしまう。
そこで模範囚の力石徹と出会い、敵愾心をたぎらせたジョーは、段平が送ってきた手紙の通りにボクシングの技術を学び、やがて力石が出所後プロに戻ったことを知ると自らもプロの世界に入ることを決意する。
段平は出所したジョーと西を迎え、ドヤ街の河原に丹下ジムを開くのだった…。

関連イラスト

力-丈-カ
矢吹ジョーと力石徹



関連タグ

巨人の星 - 同じ梶原一騎作品。また、過去にコラボを行った事がある。
スポ根 ボクシング 拳闘 ノーガード戦法
東京都台東区日本堤…物語の舞台

pixivに投稿された作品 pixivで「あしたのジョー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1658980

コメント