ピクシブ百科事典

矢吹丈

やぶきじょう

「あしたのジョー」の主人公。天才的なボクサーで、階級はバンタム級。
目次[非表示]

CV:あおい輝彦

概要

あしたのジョー』の主人公。猛烈に長く突き立った前髪が特徴。異名は喧嘩屋」「死神他。身長はデビュー時164.8㎝。
並外れたボクシングセンスを持つボクサーで、フィニッシュブロウのクロスカウンターは彼の代名詞である。階級はバンタム級。激戦の末、東洋太平洋チャンピオンの座に輝くことになる。
天涯孤独の身に生まれ、施設暮らしに飽きた後に脱走。後のトレーナーとなる丹下段平の暮らすドヤ街にふらりと立ち寄り、そこでボクシングと出会った。
問題(原作漫画やTVアニメでは詐欺、劇場アニメではヤクザとの喧嘩)を起こし特等少年院に送られた際、最大のライバル・力石徹と出会いプロのリングでの対決を誓う。
出所後プロデビューを果たし、問題行動を重ねるも遂に力石とのマッチが決定。死闘の果てに彼を失いトラウマと虚無感に蝕まれるが、苦悩の末に乗り越えリングに舞い戻り戦い続けた。
そして、最期の相手であるバンタム級世界チャンピオン・ホセ=メンドーサとの戦いにて死力を尽くし、燃え尽きた。

性格

表面上は明朗快活で子供相手に遊んでやる描写も多く、前述した通りサギで捕まったこともあるほど雄弁で口が達者。試合中に2カウントで30文字以上しゃべったことすらある
しかしその根っこには非常に深い孤独を抱えており、恩人の丹下や親友の西にもその深い所には触らせなかった。その深い所の孤独に触れられたのはライバルの力石とカーロス・リベラ、そしてボクシングそのものだけであった。
ボクシングに対しては異常とも言えるほどの執念と人並み外れたタフネスさで戦うスタイルを取っており、それに加えて天性のカンと野生の本能で相手を追い詰める。その執念は凄まじく、彼と最期に戦ったホセに至ってはその執念に追い詰められ、恐怖のあまり試合後髪が真っ白になってしまったほどである。

能力

優れた身体能力と破壊力のあるパンチ、そして天性の勝負感で勝ちを拾う野性的なボクサーである。正式にボクシングを始めたのは少年院を出所してからであり、ボクサーとしてのキャリアは数年ほどであるが、驚異的な成長によってめきめきと才能を開花させ、デビュー直後から華々しい戦果を挙げた。
丹下段平仕込みのボクシングテクニックもさることながら、人並外れたタフネスと狂気じみた執念で強引に相手をねじ伏せるゴリ押し戦法を得意としており、技術で勝る格上相手に勝利をもぎ取ることも度々あった。
もっとも、このように傷付くことも厭わない戦い方はジョーの体に深刻なダメージを蓄積させることになり、最終的にパンチドランカー(慢性外傷性脳症)を発症してしまっている。

得意技は「クロスカウンター」と発展形の「トリプルクロスカウンター」ボクサーになったばかりの頃はノーガード戦法で相手を誘い、クロスカウンターで仕留める事が多かった。しかし、あまりにも同じ戦法ばかりで勝ち続けたせいでウルフ金串の「ダブルクロスカウンター」で手痛い反撃を受けた。だが、その後に丹下と西と共に秘密の特訓で開発していた「トリプルクロスカウンター」で逆転勝利を勝ち取る。

その後は永遠のライバルともいえる「力石」との死闘を繰り広げ、惜しくも彼に敗れてしまう。しかし、試合後に力石が自分が放ったテンプルへのパンチとロープで後頭部を強打した事によって死亡した事を知って大きなショックを受ける。自分のテンプルへの攻撃によって力石が死んだ事がトラウマとなり、相手選手へ顔面の攻撃が出来なくなってしまう(無理やりに顔面を打った時は嘔吐した)。一時期はドサ回りのボクサーにまで身を落とす。

だが、世界ランカーのカーロス・リベラとの出会い、彼とのスパーリングを経て完全に力石戦でのトラウマを克服した。カーロスとは二度に渡る試合を行い、一戦目は丹下が場外に落ちたジョーをリングに戻る際に背中を押した事で反則負け扱いになったが、二度目はボクシングという枠を超えて全力で戦い合った(アニメ版ではカーロスとの試合は一度限り、どちらも試合終了後も殴り合いを続け、結果的には引き分けという形で終了した)。

カーロス戦の後は彼と熱い友情を結んだが、その後のカーロスが世界チャンプのホセに敗れた事を知り、カーロスのマネージャーがホセと戦う前からカーロスは矢吹丈に壊されていたと発言したと聞く。力石に続いてカーロスまでも廃人にした事で日本人のボクサーからは非常に恐れられてしまい、東洋ランキング上位の選手達と戦いを繰り広げる。

順調に勝ち進んでいく丈だったが、この頃から肉体の方が成長してしまい、パンダム級の重量を維持するのもきつくなっていた。そんな時に東洋太平洋バンタム級チャンピオンとの試合が決まり、力石と同じように減量苦を味わう。しかも丹下は事務の体重計に細工を施したせいで計量の際に体重がオーバーしてしまう(補足するならこの時の丹下の行動は減量苦に苦しむ丈を思っての行動であり、悪意があったわけではない)。だが、執念で丈は下剤を飲んだ状態でサウナに入り、更には献血まで行って二回目の計量を突破して試合を行う。

試合内容は金竜飛の壮絶な過去を聞かされ、自分では彼に勝てるはずがないと思いながらも試合を続ける。試合中、力石の存在を思い出し、彼が金竜飛が味わった地獄よりも更に厳しい地獄を自らの意思で挑んだ事を思い出した丈は覚醒、最悪のコンディションの状態でありながらも気力で持ち直して反撃し、試合中に流血した事で血を見てトラウマを思い出した金竜飛は取り乱した事もあって奇跡の逆転勝利を果たす。皮肉にもこの試合は事前に金竜飛が宣言していたKO予告を奪い取る形となった。

東洋太平洋チャンピオンになった後はハワイにて初防衛戦を行い、見事に宣言通りに2ラウンドKOを果たす。その後は葉子が引き寄せた野生児ハリマオとの激闘を制し、遂に世界チャンピオンとのホセ・メンドーサとの試合を取り付けた。しかし、この時には既に丈は重度のパンチドランカーの症状を引き起こしていた。

自分の事を案じて試合を棄権するように促す葉子にお礼の言葉を告げ、彼は最後のリングに立つ。ホセとの試合は当初は一方的な展開になったが、パンチドランカーの影響で目の焦点が合わない事が逆に功を奏し、相手の目線で攻撃を呼んでいたホセに対して思わぬ反撃喰らわせる。その後は最終ラウンドまで戦い続け、丈の得体の知れない気迫にホセは追い詰められ、試合終了後は髪の毛が真っ白に染まっていた。試合結果は丈の判定負けとなってしまったが、全てを出し尽くして満足したのか彼は葉子にボクシンググローブを託した後、リングの上で真っ白になって座っていた――




関連イラスト

かたぐるま
そして、帰ってきた・・・


あしたのための
打つべし!



関連タグ

あしたのジョー 力石徹 丹下段平 燃え尽きたぜ…真っ白にな…

馬神弾…ブレイヴ序盤の彼が矢吹丈をイメージしている
ウルトラマンゼロ…彼のキャラの原点が矢吹丈である

関連記事

親記事

あしたのジョー あしたのじょー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「矢吹丈」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「矢吹丈」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 545482

コメント