ピクシブ百科事典

マンモス西

まんもすにし

「あしたのジョー」に登場するキャラクター

概要

CV:西尾徳(1)→だるま二郎(2) / 岸部シロー劇場版) / 郷里大輔ボクシングマニア版)

大阪出身の大柄男性
本名は西寛一矢吹丈友人である。
丈が入れられた少年鑑別所部屋ボスとして君臨し新入りのジョーを迫害していたが、ジョーと喧嘩したのもあって特等少年院(注:現実世界では「特別少年院」と表記するのが正しい)に送られることになる。入院当初はジョーと共にいじめられ、すっかり怯えていたが、ジョーと結託し脱獄を計画。ブタ暴走させて逃走しようとするも力石徹に邪魔される。
ひと悶着あってそこを出てから、二人で丹下拳闘クラブに入門し、そこに入った影響で性格は丸くなり真面目な青年になった。
本来の階級は観た通りヘビー級だが、当時JBCにはヘビー級が無かったため、試合前に減量してミドル級で試合に出ている(『はじめの一歩』の鷹村守も同じことをやっている)。

うどん


大柄な体躯の為大食いで、夜中に抜け出し、屋台うどんを食っていた時にジョーからこのうどん野郎~!」とド突かれ、鼻の穴からうどんを垂らしたシーンは、「立て立つんだジョー」「燃え尽きたぜ」に並ぶ、本編未読でも何故か知ってる『ジョー』の名場面として名高い。
この後は減量して別人のようにスリムになったが、拳の故障に伴い引退

バイト先の林屋で看板娘の林紀子と親しくなり、引退後は結婚して跡を継いだ。ちなみに商才はあったようで、新車を購入できるだけの売り上げは上げている(古い方はジムに寄付した)。

関連タグ

あしたのジョー 巨漢 ドジ 関西弁 プロボクサー 愛すべき馬鹿

pixivに投稿された作品 pixivで「マンモス西」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61797

コメント