ピクシブ百科事典

ノーガード戦法

のーがーどせんぽう

ノーガード戦法とは、『ガードを捨てて他の要素に集中する戦法』、または 『ガードしないことで得られる別の効果を利用する戦法』、もしくは『まったくの無防備の戦いを他者や自身が見たときの感想』 である。

概要

『無防備』状態、とすると攻撃要素や他の救済方法(サポートやリカバリ)も無い状況を示すが、
ノーガードとよぶ場合は防御だけが無い時が多い。

矢吹丈が主人公のボクシングの作品『あしたのジョー』で、ファイティングポーズをとらずに両手を下ろした棒立ちのまま相手の攻撃をガードしない“ノーガード戦法(両手ブラリ戦法)”が、その見た目のインパクトから(ただし一部に『ガードをしないで攻撃を受ける』というイメージで)広まることになる。
矢吹丈の戦闘センスと打たれ強さから成し得られる、相手の一瞬の隙を見出し(また、相手の動揺を誘い隙を作らせ、最大限の攻撃(クロスカウンター)を放つという、実践から生まれた戦法で、まさに肉を切らせて骨を断つ、である。(※効果には個人差があります)

実際のボクシングなどの格闘技の試合でも試合中にノーガードでの挑発が演出としてか見られることがある。

そのほかのノーガード戦法

将棋にもノーガード戦法と一般的に呼ばれるものがあり、序盤で行われる奇襲作戦であり守りが薄くなる。ただし防御がまったくなくなるわけではないようだ。

某“海パン刑事”の主張はかなり「ノーガード戦法」として成り立っている、が、全裸が社会的に認められるかどうかは別の話である。
いたずらに“ノーガード”を主張しすぎるのは考え物。

“脱げば脱ぐほど強くなる”・“露出度(肌面積)が上がるほど強くなる”という設定は意外に多く見られるが、
実際のところ『ただ脱ぎたいだけ』『脱がせるための口実』なので “お約束” であり、設定自体が“戦法”であるといえる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーガード戦法」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169998

コメント