ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

力石徹

りきいしとおる

漫画作品「あしたのジョー」の登場人物で、主人公・矢吹丈の最大のライバル。
目次 [非表示]

解説

あしたのジョーの登場人物。

主人公矢吹丈少年院で運命的な出会いを果たし、永遠のライバルとなる。


因縁の出会い

元々は13連続KO勝ちを果たしたボクシングのウェルター級のプロ選手だったが、観客を殴ってしまったために特等少年院(架空の施設)に入れられる。そこで少年院からの脱走を試み、院内で飼育されていたブタを暴れさせたジョーと西の前に立ちはだかり、暴走する豚の群れ諸共、力石は難なくこれを鎮圧してみせる。

続く慰問会での対決でもを殴るというすごすぎる特訓の末にリング上でジョーの2度目の粉砕を試みるがクロスカウンターでWKOと相成ってしまった。


再戦

出所後、ジョーをライバルと認め、4階級下(6~11Kg下)のフェザー級でプロ入りするや否や全日本新人王の座を獲得。それより更に2階級下(3~5Kg下)のバンタム級でデビューしたジョーとリング上で再戦するために、力石は10kg以上も体重を絞るという無理な減量をする。

これは当然ながら無茶な自殺行為であり、白木ジムの令嬢・白木葉子も止めようとするが、


「本心をいやあおれは一日も早くチャンピオンになって金を稼ぎたい」

「日本も東洋も できれば世界のタイトルをも物にして金を稼ぎ 富と名誉をこの両手ににぎって世界のボクシング界に力石徹の名をとどろかせたい!」

「ただ・・・・思うに小粒だがあのものすごいやつを-」

「矢吹って男をそれ以前にこの腕でたおしておかんことには・・・・」

「胸を張り自信を持ってボクシング界に君臨できないような気がするんです・・・・」

「わかりますか」



原作の連載、アニメ本放送を見ていない世代のイメージする力石は、痛ましい幽鬼の様な姿だが、原作やアニメを頭から見て貰えばわかるように本来の力石は別人のような恰幅の良い青年である。

しかし減量の過酷さから遂に力石は施錠された地下室をドアを破って飛び出し、水を求めてジム内を徘徊する。ところが、この事態を予測していた白木葉子の指示で全ての蛇口は針金で封印されていた。

放心する力石の前に葉子が現れ、「貴方にも人間らしい弱さがあって私は嬉しい」と告げ、これ以上の減量を思いとどまる様に説得する。そして力石の身体を労わって水道の冷たい水の代わりにコップ一杯の白湯が渡される。

ところが…


「気障な言い方ですが、お嬢さんのお陰で決心が固まりました…!」


減量の辛さで挫けていた力石の気力は、葉子の言葉で逆に元通りになり、彼女の前で白湯を床に溢してしまう。

力石の決心を目の当たりにした葉子は、もう試合を止められないと観念する。

そして遂に日本バンタム級8回戦、プロのリングでジョーとの対戦が実現。

その試合でジョーにKO勝ちした後、ジョーに握手を求められた力石はそれに応じようとして倒れ、それから間もなく息を引き取った。

死因はジョーの放ったテンプル(側頭部)への一撃と、ダウンの際に後頭部をロープに強打したことによる頭部へのダメージと診断された。よく誤解されるが、厳しい減量は直接の死因ではない(昏倒から死亡までの期間を著しく縮めた要因としてのみ言及されている)。


その後

その死はジョーにとっても非常に大きな出来事であり、ジョーはショックから相手の頭を殴ることが出来ない欠陥ボクサーになってしまった。ジョーはカーロス・リベラとの対戦からそのトラウマを乗り越えることが出来たが、力石の存在は常にジョーの中で最も大きな位置を占めていた。

金竜飛戦では金のハングリーさに最初は圧倒されていたジョーが力石のことを思い返して逆転に成功している。

なおその人気ぶりから連載当時、講談社主催で実際に彼の葬儀が営まれた。


ジョーは力石との過去を振り返り、

「一人の男の持てるありったけをたたきつけて、一切欲得抜きで肉と骨をぶっつけ合い、きしませ合って、短い期間だったがもつれあうように生きてきた。」


「力の限りに打ち合ったパンチはそんじょそこいらの百万語のべたついた友情ごっこにまさる、男と男の魂の語らいだった。」


「あいつは本当の友だちだったんだ。」


と、語っており、ジョーにとって力石が如何に大きな存在だったかが窺える。


減量について

作画担当のちばてつやはもともとボクシングの重量制に疎く、また力石のことをあくまで少年院編のみのライバルと想定していたこともあって、初めて彼を登場させた際にかなりの巨漢として描いた。

その後、原作者が力石のデザインを気に入り「プロのリングでジョーと再戦させよう」ということになったのだが、いくら漫画とはいえ同階級と言うには無理がある体格差だったため、再戦を描く前に二人の階級を揃える必要性が生じた。その結果として生まれたのが、ジョーへこだわるあまり無茶な減量に挑む力石、という展開であった。いわば彼は、辻褄合わせのために過酷な減量を強いられる結果となってしまったのである。

一応、力石を絞るのではなく、ジョーを太らせる、モリモリにするという手もあるにはあったのだが、「ふっくらしたジョーが痩せた力石と戦っても絵にならない」という理由で断念したという。

このエピソードは後に『トリビアの泉』でも紹介されている。


一般に、適正階級での軽量クリア時のプロボクサーの体は、体脂肪率5~8%まで絞り込まれている。無駄な脂肪を燃焼させる一般的なダイエットとは違い、力石はこれほど体脂肪の少ない状態からさらに10kg以上も減量したわけで、まさに狂気の沙汰である。

ちなみに『トリビアの泉』は、このエピソードを取り上げるにあたりプロのトレーナーに「力石がやったようにウェルター級からバンタム級への減量は可能なのか?」と取材しているが、その回答は「絶対無理です!そんなことしたら死んでしまいますよ」というものであった。


なお力石との再戦が描かれている頃、ちょうど『あしたのジョー』アニメ化の話が立ち上がっていたのだが、当時の力石は主人公であるジョーを凌ぐほどの人気を獲得していたため、アニメスタッフや担当編集者から「死なせないほうがいいのでは?」という意見が出たという。しかしちば氏は「折角ここまで辻褄合わせでやって来たのに台無しになってしまうじゃないか!」と断固としてゆずらなかったそうだ。


配役

仲村秀生(TVアニメ)

細川俊之(アニメ劇場版)

堀秀行(ボクシングマニア)

伊勢谷友介(2011年の実写版)


余談

PS2用ゲーム『あしたのジョー まっ白に燃え尽きろ』では、ある条件を満たす事で何とジョーとの試合で死なずに生きていたというファン感涙もののIF展開が用意されている。

生存ルートでは、一命は取り留めたものの後遺症で記憶を失ってしまい、力石の身を案じた葉子の計らいでジョーを始めとした丹下ジム関係者には死亡したと虚偽の情報を流して海外で治療を受けていたが、ジョーの活躍を目の当たりにする内に徐々に記憶を取り戻し、ボクサーとして復活し、ジョーとの再戦を望み、二人の因縁の場所にて決着を付ける事になる。


関連項目

あしたのジョー

丹下段平 マンモス西 白木葉子


ボクシング プロボクサー リング禍 減量

関連記事

親記事

あしたのジョー あしたのじょー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 436563

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました