ピクシブ百科事典

ゴロマキ権藤

ごろまきごんどう

「あしたのジョー」に登場する、やたら強いヤクザ(プロボクサーではない)。

概要

CV:大塚周夫(あしたのジョー)・渡部猛(あしたのジョー2)

 『あしたのジョー』の登場人物。ゴロマキ(ヤクザの隠語で「喧嘩」の意)の異名を持つ流れの用心棒。左頬に刀傷があり、ケツ顎でボサボサの髪の男。
 依頼で喧嘩を買う喧嘩屋であり、ロートルの引退ボクサーとはいえヤクザの用心棒に成り下がっていたウルフ金串をボコボコにするほどの強さを有する。

 矢吹丈力石との一戦を経てやさぐれていた頃、街のヤクザが用心棒として金で雇い入れる形で対面。対立する組で散々暴れ回っていたウルフを叩きのめし凶器攻撃まで行うも、「ああいうタイプの人間がきらいなんでね。昔の華やかなりし思い出話と愚痴しか言えねえようなクズは…」とウルフを貶したためジョーの逆鱗に触れ、逆にパンチ一発で吹き飛ばされ重傷を負った。
 しかし、「本物だよ…ボクサーのパンチってやつあ、こうでなくっちゃ…いけ…ねえ」とその拳がクサっていなかったことを認め、部下に抱えられて去っていった。

 それから暫くして、怪我を治してジョーと再会。野生児ハリマオとの戦いに備え丹下ジムに呼ばれ、スパーリング相手を務めた。
 その後、ホセ・メンドーサとのタイトルマッチもウルフや青山君と共に観戦に来ていた。

関連項目

あしたのジョー 悪の美学 チンピラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴロマキ権藤」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19187

コメント