ピクシブ百科事典

秋山蓮

あきやまれん

『仮面ライダー龍騎』の登場人物。
目次[非表示]

演:松田悟志

人物

仮面ライダーナイトに変身する青年。24歳。黒のインナー、黒いロングコートなど全体的に黒の衣装を纏っている。
仮面ライダー龍騎に変身する本作の主人公城戸真司よりも先にミラーモンスターと契約して仮面ライダーとして活動していた。
恐らく13人の仮面ライダーのうち、一人目のライダーである。

その願いは「意識不明で眠り続ける恋人・小川恵里の意識を取り戻す」というもの。
叶えたい願いを持たずにミラーモンスターから人間を守りたい一心でライダーとなった真司に憎まれ口を叩き続けるが、その一方で彼自身は非情に徹することが出来ず、人間であるライダーを殺さなければならないことに苦悩する。
恋人の命と自らの信念の狭間で揺れに揺れ、やがて真司と接していくうちに彼の心境は変化していくが…。

性格は真司とは対照的にクールで皮肉屋。なおかつ頑固で喧嘩っ早いため、昔から周囲からは孤立しがちであったらしい。
そんな態度に隠れて見えにくいものの、正義感や思いやりの心も持ち合わせている。
最もというか案の定というか、本人はそういう一面を隠したがる傾向にあるが
金に関しては意外とケチでがめつい。真司同様が苦手である。

所謂、2号ライダーであるが、劇中での扱いからもう一人の主人公と呼ばれることもある。
最終回放送当時の玩具の特別CMでは「真司君と蓮を忘れないでね」と、主人公の真司と並べて表記された。

また演じた松田氏は、海外向けリメイク版である『仮面ライダードラゴンナイト』でもレンの吹替を担当している。

最期

ライダーバトルの真実の意味を知りながらも、士郎の言葉に賭けて迷いながらも戦い続ける蓮だったが、その最後の日に真司の死を看取ることとなった。
本来は敵でありながらいつしか戦友となっていた真司の死に絶叫しひどく悲しむものの、自らもライダーとして信じるもののために戦うことを決意する。

「お前が最後に信じるものを見つけたように、俺にも信じるものはある。」

彼自身が信じるもの。それは愛する人を取り戻すことに他ならない。
最後に勝ち残ったライダーとして仮面ライダーオーディンと戦うもエターナルカオスを受け致命傷を負う。オーディンが消滅したことで「新しい命」を手に入れ、恵理を蘇生させることには成功したものの、自らは眠るように息を引き取った。戦いを終え、願いを叶えた彼の死に顔はとても安らかだった。そして最終話の全てがリセットされた世界では、1話と同じく鉢合わせした真司と立ち往生を繰り広げた。

劇場版では真司と共に最後まで生き残り、モンスターの大群に挑んでいった。

TVSPでは一時はライダー軍団と共に龍騎を追い詰めるも止めを刺すことが出来ず、自身も追われる身となった末、龍騎を庇ってベルデのデスバニッシュを受け、致命傷を負うも最後の力を振り絞り逃げようとしたベルデを倒す。そして真司に自分の代わりに戦うことを願い、ナイトのカードデッキを託して死亡した。

関連タグ

仮面ライダー龍騎
仮面ライダーナイト
城戸真司 神崎優衣
もう一人の主人公 ロングコート

pixivに投稿された作品 pixivで「秋山蓮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 219082

コメント