ピクシブ百科事典

仮面ライダーウイングナイト

かめんらいだーういんぐないと

仮面ライダードラゴンナイトのもう一人の主人公であるベンタラの戦士・レンが変身する仮面ライダー。原作では仮面ライダーナイトに当たる。
目次[非表示]

概要

ゼイビアックス将軍の謀略により壊滅したベンダラ所属のライダーたちの数少ない生き残りの1人、レンが変身する疾風の騎士。専用バイクはウイングサイクル

レン自身が幼少期の頃よりライダーになる為の特訓を重ね、変身しなくとも戦闘員であるレッド・ミニオンは勿論、普通のモンスターにすら変身しなくとも互角に渡り合える程の高い戦闘力を持っている為、その戦闘力は極めて高く、劇中ではストライクや(ドラゴンナイトとの共闘だが)ラスといったゼイビアックスが送り込む強豪の刺客たちを次々に破っている(ただし、今までライダーたちをベントしたことは最初の刺客であるインサイザーが初めてだったが…)。

当初は世界を救うためにゼイビアックスに唆され自分たちに襲いかかってくるライダーたちを仕方ないとはいえベントしなくてはならないという状況に思い悩み、また、かつてアダムに裏切られたトラウマや、地球人であるキットを自分たちの戦いに巻き込みたくないという気持ちから実力を発揮しきれない事もあったが、キットとの友情を深めていくうちに迷いを振り切り、本来の力を発揮できるようになって行き、キットとは最後まで良き相棒として彼の良き理解者、兄貴分として最後まで彼を支えて行く事となる。
ちなみに作中では一度もベントされる事がなかったライダーだったりする。

主な必殺技やスペックについては元となったナイトを参照されたし。

ウィングナイト2代目

小説『2WORLD 1HEARTS』に登場。
地球おけるレンの同一存在であるブライアン・マースが変身した2代目ウィングナイト。

キットと違って正式にレン本人から“アドベントデッキ”を受け継いでライダーとなった訳ではなく、小説の黒幕である上司のデビッド・スチュアート大佐や、その背後に存在する謎の組織の謀略によりレンに成り済ましてウィングナイトを演じていた為、厳密には2代目とは言えないのだが、(おそらく)本人が軍人であった事やアドベントビーストとの契約が解除されていない“アドベントデッキ”の効果でレンの戦闘経験や戦い方まで受け継いでいる為、戦闘力自体は如何やらそのままであったようだ。

ナイトサバイブ


ウィングナイト・サバイブ

物語の中盤、もう一人のベンダラのライダーたちの生き残りにして、恋人のケイスから託されたウィングナイト専用のサバイブカードを用いて変身したウィングナイトの最強形態

詳細は原作と同様なので、詳しくはこちらで。

関連項目

レン ブライアン・マース 仮面ライダーナイト ナイトサバイブ 仮面ライダードラゴンナイト

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーウイングナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1190

コメント