ピクシブ百科事典

仮面ライダーラス

かめんらいだーらす

仮面ライダーラスとは、仮面ライダー龍騎のアメリカリメイク作品『仮面ライダードラゴンナイト』に登場するベンタラの戦士の1人にして、ゼイビアックス将軍の隠し玉に当たる最強の戦士の名称である。なお、原作では仮面ライダーオーディンに相当する。

概要

原作である『仮面ライダー龍騎』では仮面ライダーオーディンに当たる最強のベンタラの戦士
契約アドベントビーストゴルトフェニックス。なお、ラスとは“憤怒”という意味である。

本作では12人のライダーのリーダーかつレンの先輩でもあり、レンたちベンタラ人の戦士の中でも最強と謳われた人物・ヴィック・フレイザーが変身するという設定となっている(よって今回は変身シーンもばっちりと描かれている)。
さらに、ラスのデッキはベンタラのエリートライダーのリーダーに代々受け継がれるものであり、ヴィックはその事に強い誇りを持っていた。

ゼイビアックスとの戦いに敗れ、ベントされたと思われていたが、そのを欲したゼイビアックスによって拉致され、主人公キット父親であるフランク・テイラーと同様にゼイビアックスによって意識を消されてただの抜け殻の状態にされていた(その直前、セイレーン(ファム)に2枚のサバイブカードを託している)。
実質的にはヴィックの体に憑依して乗っ取ったゼイビアックスが変身するゼイビアックス軍リーサルウェポンにして最強最悪の仮面ライダーとしての側面が強い(本作のライダーのデッキにはDNA認証があり、その本人しか変身できない為)。

固有の能力としては瞬間移動能力を持っており、神出鬼没に現れて相手を翻弄しつつ敵を屠る戦法と得意としている。また、この能力を応用技として、他のライダーが触れていれば一緒に移動する事が出来るなど用途が広い。そのほか、触れたモンスターを強化(サバイブ化)させる能力を持つ(これは原作の裏設定でもある)。

原作では詳細が不明であったファイナルベント『エターナルカオス』が披露されているが、ゴルトフェニックスと一体化して相手に激突するというものである。簡単に言えば、科学忍法火の鳥

ドラゴンナイトウイングナイトをその圧倒的な力でとことん追い詰めるが、最後はその高いスペックを過信しすぎたために、最後はサバイブモードに変身したドラゴンナイトウイングナイトの猛攻の前に既定値を超えるダメージを受けてベントされてしまった。

とはいってもドラゴンナイトもその戦いで既定値を超えたダメージを受けベントされてしまった為、事実上相打ちという形に持っていったのは流石というべきか……。
さらに、ゼイビアックスはベント直前に分離し、ちゃっかり生き残っている。

その後、ゼイビアックスとの最終決戦では、他のライダー達と共にアドベントマスター・ユーブロンに救出され意識を取り戻したヴィック本人が変身したラスが登場している。
自分の意志ではないとはいえ、ゼイビアックスに利用されたことに強い怒りを露わにしていた。

ちなみに後日談を描いた小説『2WORLD 1HEARTS』では、その高いスペック故にバランスブレイカーと見なされたのか、登場する機会そのものが与えられ無かった為、活躍できなかった。

関連項目

ヴィック・フレイザー 仮面ライダーオーディン ゼイビアックス将軍 仮面ライダードラゴンナイト

関連記事

親記事

仮面ライダードラゴンナイト かめんらいだーどらごんないと

兄弟記事

コメント