ピクシブ百科事典

仮面ライダーファム

かめんらいだーふぁむ

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。
目次[非表示]

「…どんな卑怯な手を使ったって、勝たなくっちゃいけないんだ!」

声:加藤夏希津田美波(クライマックスヒーローズ)

概要

劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」及び「TVSP 13RIDERS」のみに登場する仮面ライダー(TVSPは変身後の姿のみ)。
霧島美穂が変身する仮面ライダーで、基本カラーは
本作の仮面ライダーで唯一の女性であり、仮面ライダーとして戦う姿を見せた史上初の女性仮面ライダーである。
小説と劇場版では実質主役ライダーの一人である。
全体的なスペックは、僅かに他ライダーよりも劣るが、カードのAPは平均的。

当初は単純に白いナイトとして設定されており、装備品やカードが似通っているのはその名残。仮面ライダー龍騎に対する仮面ライダーリュウガのようなものである。
さらに言及すると、"女にしか見えない"というのはワダツジンセーラーファイターのように、体よりに現れる気もするし、ファム自身は"男であってはいけない"というほどではない。
ドラゴンナイトでは初期設定を反映してからウイングナイトとの絡みが増えている。

召喚機は羽召剣(うしょうけん)ブランバイザー
左腰に下げている剣型の召喚機。アドベントカードをベントインする際には、バイザーのを展開、柄の中にカードを装填する。無論、武器としても使える。ぶっちゃけると、白いダークバイザーである。
ガードベントによって召喚されるウイングシールドは、大量のを撒き散らし敵を撹乱させる特殊な盾である。
また、ソードベント薙刀型のウイングスラッシャーを装備する。

ファイナルベントの技は、ブランウイングが翼で起こした突風で吹き飛ばされた敵を、ウイングスラッシャーで片っ端から両断する「ミスティースラッシュ」。媒体によって表現が多少異なり、PS版では二段切り、クライマックスヒーローズでは回転を付けて斬り裂く型を取っている。

スペック

身長175cm
体重60kg
パンチ力150AP(7.5t)
キック力300AP(15t)
ジャンプ力ひと跳び15m
走力100mを5秒


所持カード

ソードベントウイングスラッシャーを召喚2000AP
ガードベントウイングシールドを召喚2000GP
アドベントブランウイングを召喚4000AP
ファイナルベントミスティースラッシュを発動5000AP


契約モンスター

無題


契約したモンスターは閃光の翼(せんこうのつばさ)ブランウイング
白鳥型のミラーモンスター
自身の翼の一部を模したウイングスラッシャー、背部を模したウイングシールドをファムに与える。

DRAGON KNIGHT版

仮面ライダーセイレーンを参照。

仮面ライダーディケイド

龍騎の世界」で行われている仮面ライダー裁判の参加者だったが、映像に映らないところで脱落した模様。

BLACKの世界」では仮面ライダーディエンドによって召喚され、仮面ライダーBLACKと戦った。

余談

霧島美穂を演じた加藤夏希氏は仕事を受けた際に、白鳥のライダーと聞いてどのような姿か思い浮かばなかった。ジョークかも知れないが志村けんなどがコントで演じるバレエ白鳥の湖の衣装を想像して笑ってしまったと語っていた。

なお、仮面ライダージオウのスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』では何故かファムのみ未登場だった(彼女の代わりにアビスが13ライダー入りしている)。
ちなみに変身後の姿が不明だった高岩成二氏が演じるキャラの変身ライダーについて、白倉伸一郎プロデューサーは「ファムだと信じてますw」と語っている。

関連項目

仮面ライダー龍騎
EPISODE FINAL 龍騎 仮面ライダーリュウガ 仮面ライダー王蛇
劇場版限定ライダー
平成ライダー 仮面ライダー 女性ライダー
ン・ダグバ・ゼバ…契約モンスターに見える。むしろそっくり。
仮面ライダーツクヨミ…平成最後の女性ライダー(それどころか登場したのは令和になってから)。カラーリングが酷似している。
ティファニー・レイ…正規変身者っぽい。息子顔がダチョウに似ている。恋人(夫)純粋悪

関連記事

親記事

13ライダー じゅうさんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーファム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 282062

コメント