ピクシブ百科事典

レイピア

れいぴあ

刀剣の一種。先端の尖った細身の刀身を持つ、刺突用の片手剣。
目次[非表示]

「いすぱにあ?」
「海を隔てた南蛮国の···」

概要

 レイピアは大きく分けて、刀身(ブレイド)、鍔(ガード)、護拳(ナックルガード)、握り(グリップ)に分けられる。このうち、ガードから下を護拳付き柄(スウェプトヒルト)と呼び、複雑な曲線を描いた格子状の護拳がレイピアの大きな特徴となっている。
 中世の終わりから近世にかけて普及していった。これは銃器の発達により甲冑を纏った騎士がただの的でしかなくなった為に重い(硬い)鎧が廃れ、結果的に攻撃力よりもスピードが重視される時代に変わったからである。
 そのため日本の創作作品で見かける「見た目重視の華麗な武器」と言うのは間違いであり、実際はガチの戦場用として作られた武器である。一応、より頑丈なサーベルブロードソードの方が好まれ、レイピアが決闘に用いられたのも事実ではあるが「決闘・護身用」というイメージは、後述するスモールソードとの混同も含まれる。
 重量は1.0~1.5kgであり、日本刀と大きく変わらない。ただし、あくまで柄(ヒルト)の重量が多くを占めており、刀身そのものは見た目通り軽い。このため重心が手元に集中し、長くとも振るい易い。
 これをさらに軽量化したものはスモールソードと呼ばれ、後継として広まっていく。
 見た目が優美であるため、騎士道精神の象徴として貴族階級に愛用された。芸術品と言って差し支えないほど装飾が施された代物も多数現存している。

使用方法

 レイピアは刺突用に特化した剣であるが、斬撃も可能。刀身に負荷をかけない擦り切りやナックルガードで敵を殴るといった戦法も有効である。また、スウェプトヒルトは敵の剣を絡め取って折るといった使い方もできる。完全な片手剣であるため、左手に防御用の短剣(パリーイングダガー)を持つこともある。その一種がマンゴーシュや(名前だけは有名な)ソードブレイカー等である。
ネットにはレイピア剣術の解説や、右手にレイピア、左手にパリーイングダガーを装備した競技の動画等もあるので、興味があれば調べてみよう。

フィクション作品における扱い

 多数のファンタジー作品にも登場する。しかし金属鎧全盛期な(史実に従うならレイピアは存在しないはずの)世界観が一般的のため、華奢な女戦士やイケメン貴族が「重い武器を力任せに振り回すよりも、蝶のように舞い蜂のように刺す方が華麗だから」といった感じで使うのが一種のお約束である。
 また、武器の物理攻撃属性が細分化された作品では、きちんと刺突に特化し斬撃や打撃ダメージがほとんど無い武装になっている。
 作品によっては他の武器よりリーチが短くなっているが、実際のレイピアは通常の剣より長めの刀身(おおむね刃渡り1m前後)を持っている。

ファイアーエムブレムシリーズ

 基本的に剣を使用するロード専用武器として登場。
 最初から装備していることが多く、騎馬系やアーマーナイト系に特効があるため、世話になることも多い。上位武器として「ノーブルレイピア」もあるシリーズもある。

007ダイ・アナザー・デイ

 ダイヤモンド王、グスタフ・グレーヴスとの対決で。フルーレ→サーブル→ツーハンドソードと伝統的な決闘に変化していく。
 体術を含めた古式フェンシングに近い。

ワースブレイド

 なんとレイピアにのみ「金属鎧に対して使うと1/10の確率でで折れる」と言う特別ルールが存在する。

レイピアで闘うキャラクター

※五十音順で加筆してください。


関連イラスト

わたしのおヒメさま
月光


センシティブな作品
Heaven



関連タグ

ファンタジー
細剣 片手剣 フランベルジュ
フェンサー フェンシング サバット

外部リンク

関連記事

親記事

細剣 さいけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイピア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1536248

コメント