ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:後藤沙緒里


概要

リィン・シュバルツァー義理の妹エレボニア帝国北部ユミル地方の男爵・テオ・シュバルツァーの息女かつ実子。

清楚かつ凛とした佇まいの可憐な少女で、帝都ヘイムダルにある名門女子校・聖アストライア女学院に通っている。


シスターズ組

男爵家の娘と地位は高くないが、帝国の王位第二継承者アルフィン皇女の学友である。アルフィンは同様はっちゃけた性格をしていて何かと振り回されている模様で、エリゼがリィンに好意を持っていると知りながらわざと彼にアプローチしたりとエリゼも気が気でない様子。

性格は家柄の良いお嬢様らしく上品かつ毅然と振る舞い、兄同様平民を見下すことはしない。


本編開始前

幼少期は実の兄同然にリィンに懐いていたが、女学院に入る前あたりから少しよそよそしい態度を取るようになり、リィンもやや寂しく思っていた。

お兄ちゃん大好きっ娘が血の繋がりがないと知って異性として強く意識するようになったものの、貴族として躾けられたためその感情をあまり表に出せず悩んでいるようである。ただリィンの方は(極度の)シスコンではあるが今のところエリゼを異性として見ていない(両親は二人が結婚すれば万事解決と考えているらしいが)。

リィンはエリゼこそ家督を継ぐべきだと考えているため、士官学院卒業後は家を出ようと考えていたという。


閃の軌跡

エリゼ・シュバルツァー

兄・リィンがトールズ士官学院に入学した後、前述のリィンの考えを知らされたことでショックを受けたエリゼが自らトールズ士官学院まで押し掛けた上に泣いたこと、そしてリィンの前から飛び出し、校内を迷った折に、パトリック・T・ハイアームズ一目惚れされてしまうが、エリゼともども旧校舎に迷い込んだため、これを見たリィンが激高。


お前、エリゼに何をした!!


その後先輩であるクロウの仲裁と、敵の出現によりこれを収めることになったが、その際事情を知った《Ⅶ組》のメンバーに「それ(エリゼへのスタンス)は逃げではないのか」と諭されたことからリィン自身も結論を保留することとなる。


社交界デビューをしていないに悪い虫が付かないようにするのもの務め」と軽くあしらった。自分に辛辣な態度をとる相手でも酷い扱いをしないリィンだが、にちょっかいを出す輩は別らしく容赦なく且つ冷淡に切り捨てる。ただしリィンはシスコンの自覚がないため、Ⅶ組のメンバーは呆れている。


閃の軌跡Ⅱ

生きるために

内戦ぼっ発後、序盤にてプレイアブルキャラとなり、自身の得物である細剣を持って戦うも間もなく貴族連合の尖兵たるアルティナ・オライオンにアルフィン共々さらわれてしまう。アルフィンが中盤で救出されるのに対し、エリゼの救出は終盤・カレル離宮において、皇帝ユーゲント三世陛下らと共に幽閉されていた。救出後は身柄の保護の名目上、トワとともに巡洋艦カレイジャスに搭乗している。


その後、後日譚でクレア大尉護衛のもとアルフィンと共にトールズに来校。この時に旧校舎の異常が発生したため、兄・リィンらⅦ組、そしてその協力者のひとりとしてパーティメンバーに加わって戦った。


閃の軌跡Ⅲ

センシティブな作品

『2』の1年後では聖アストライア女学院の生徒会長となっており、後輩に兄の教え子となるミュゼ・イーグレットがいるが、ミュゼは諸事情でアストライアを退学(実際は転学)してしまう。パトリックとは良好な関係を保っているようでリィンはヴァリマールを持ち出しかねないくらい彼を警戒している(ただし祝賀会で一緒にダンスを踊るのを容認する辺りまだ葛藤はあるものの少しだけ認めている一面も見える)。終盤、帝都で起きた異変により一時聖アストライア女学院に立てこもる際には再び剣をとった。


閃の軌跡Ⅳ

エリゼ&アルフィン

Ⅲのラストで黄昏の発動を目にし、意気消沈しているアルフィンを支えたが、その後帝国政府・帝国軍に捕縛され、エリゼ自身は同じく捕らえられたティオとともにトールズ士官学院・第Ⅱ分校にてトールズ本校生徒の監視のもと監禁された。ただし、虐待的な監禁は行われていなかった様子。


その後、リィンたち新Ⅶ組ティータと第Ⅱ分校生徒らによる第Ⅱ分校奪還とともに救出されるが、最後の戦いの場となるアインヘル小要塞では「ハンデ軽減」としてティオとともにナビゲーションを務めることになった。


ナビゲーションについては近年の聖アストライア女学院にて導力ネットの授業・講習があったことを生かしたものだったが、このスキルを買われて救出後にカレイジャス後継艦となるカレイジャスⅡに乗艦してからは、トワの補佐をするブリッジオペレーターとしてアルフィンと共にリィンたちをバックアップする形で、黄昏への戦いに身を投じた。


創の軌跡

Sen No Kiseki - Elise Schwarzer

ある事件の調査を行っている新旧Ⅶ組の帝都での調査に同行、この時再び得物のレイピアを手に取って、共闘することになった。


ここ数年は「兄に守られるだけではいけない」という思いから、帝国最高峰の武人・風御前と称されるオリエ・ヴァンダールクルトの母)が師範を務める帝都市内のヴァンダール流道場に通って自身の細剣術を鍛えており、オリエからもその実力は高く評価されるほどである。


エリゼ

本作のエピソードイベント「ビーチDEバカンス」にて、初めてプライベート水着姿を披露しており、エリゼのは青色基調のモノキニタイプのワンピース水着である。


バトルスタイル

健気ちゃん

登場作品で共通する得物は細剣。シュバルツァー家伝の細剣術を体得している。パラメータとしては平均的だが、行動力・魔法攻撃力が高めで、帝国宮廷剣術使いのユーシスルーファスと感覚は似ている。


少女期に実家を訪れたユン・カーファイや兄・リィンより指導を受けたため、八葉一刀流の影響は少なからずあり、通常クラフトで唯一の攻撃技「スワローテイル」は兄・リィンのクラフト「緋空斬」に、Sクラフト「秘剣・鳳仙花」も同じくリィンのクラフト「無月一刀」に酷似(範囲はエリゼの方が広い)している。


固定オーブメント属性は「水」×2、「時」×1。前衛で戦うのであれば水属性には状態異常・HP強化を、時属性には行動力強化をつけておくと有利に戦える。ただし、物理防御力は心もとないため、前衛に立たせるならば強力な防具類の装備は勿論のこと、マスタークォーツも考えて装備する必要がある。


またマスタークォーツをアーツ型のものにし、固定の「水」「時」属性にアーツ硬直軽減やEP消費軽減といったクォーツを装備、後衛に控えてアーツ主体にして戦うのも一手である。




関連イラスト

黒化の細剣妹Elise

エリゼ・シュバルツァーエリゼ・シュバルツァー


関連項目

閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ 創の軌跡 エレボニア帝国 温泉郷ユミル 聖アストライア女学院 リィン・シュバルツァー 義妹 リィエリ


イーシャ同メーカーゲームの中の人繋がりで同じく妹キャラ。

関連記事

親記事

温泉郷ユミル おんせんきょうゆみる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5226371

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました