ピクシブ百科事典

エリゼ・シュバルツァー

えりぜしゅばるつぁー

ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:後藤沙緒里

概要

リィン・シュバルツァー義理の妹エレボニア帝国北部ユミル地方の貴族シュバルツァー家の実子。
清楚かつ凛とした佇まいの可憐な少女で、お嬢様ご用達の名門・聖アストライア女学院に通っている。
性格は家柄の良いお嬢様らしく上品かつ毅然と振る舞い、兄同様平民を見下すことはしない。

幼いころは実の兄同然にリィンに懐いていたが、女学院に入る前あたりから少しよそよそしい態度を取るようになり、リィンもやや寂しく思っていた。
お兄ちゃん大好きっ娘が血の繋がりがないと知って異性として強く意識するようになったものの、貴族として躾けられたためその感情をあまり表に出せず悩んでいるようである。ただリィンの方は(極度の)シスコンではあるが今のところエリゼを異性として見ていない(両親は二人が結婚すれば万事解決と考えているらしいが)。
リィンはエリゼこそ家督を継ぐべきだと考えているため、士官学院卒業後は家を出ようと考えていたが、それを知らされショックを受けたエリゼがトールズ士官学院まで押し掛けた上に泣いたこと、その際事情を知った《Ⅶ組》のメンバーに「それは逃げではないのか」と諭されたことから今は結論を保留している。

男爵家の娘と地位は高くないが、帝国の王位第二継承者アルフィン皇女の学友である。アルフィンは同様はっちゃけた性格をしていて何かと振り回されているようだ。エリゼがリィンに好意を持っていると知りながらわざと彼にアプローチしたりとエリゼも気が気でない様子。

トールズ士官学院に押し掛けたときパトリック・T・ハイアームズ一目惚れされてしまうが、リィンが「社交界デビューをしていないに悪い虫が付かないようにするのもの務め」と軽くあしらった。自分に辛辣な態度をとる相手でも酷い扱いをしないリィンだが、にちょっかいを出す輩は別らしく容赦なく且つ冷淡に切り捨てる。ただしリィンはシスコンの自覚がないため、Ⅶ組のメンバーは呆れている。

閃の軌跡Ⅱ』では

序盤にてプレイアブルキャラとなる。武器はレイピア。しかし間もなくアルティナ・オライオンにアルフィン共々さらわれてしまう。アルフィンが中盤で救出されるのに対し、エリゼの救出はかなり終盤になる。

閃の軌跡Ⅲ』では

閃の軌跡 落書き5


聖アストライア女学院の生徒会長となっており、後輩に兄の教え子であるミュゼ・イーグレットがいる。パトリックとは良好な関係を保っているようでリィンはヴァリマールを持ち出しかねないくらい彼を警戒している(ただし祝賀会で一緒にダンスを踊るのを容認する辺りまだ葛藤はあるものの少しだけ認めている一面も見える)。

レイピアの腕前は帝国最高峰の武人の一人であるオリエ・ヴァンダールに評価されるほどの腕前らしい。

関連イラスト

黒化の細剣妹
Elise


エリゼ・シュバルツァー
エリゼ・シュバルツァー



関連項目

閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ エレボニア帝国 温泉郷ユミル リィン・シュバルツァー 義妹

関連記事

親記事

温泉郷ユミル おんせんきょうゆみる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エリゼ・シュバルツァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1251415

コメント