ピクシブ百科事典

ルーファス・アルバレア

るーふぁすあるばれあ

「英雄伝説 閃の軌跡」に登場するサブキャラクター。

CV:平川大輔

人物像

四大名門の一角「アルバレア公爵家」の長子で、オリヴァルト皇子と社交界の話題を二分する貴族派きっての貴公子。ユーシスにとっては信頼するべき兄であり、宮廷剣術の師でもある。

使用武器は騎士剣でユーシス曰く「かなりの達人」とのことである。


トールズ士官学院の常任理事を務める切れ者。気さくに領民と接する人格者の一面を持つ一方、貴族派の中心的思想を持ち、革新派からは要注意人物として危険視されていた。

続編の「閃の軌跡Ⅱ」では「貴族による平民の支配」という帝国のあるべき姿を取り戻すため、首魁たるカイエン公爵とともに貴族連合軍の『参謀総長』として帝国全土の掌握に乗り出す。その一方、時には貴族連合の思惑とは異なる方向にリィンたちを誘導したりと不自然な行動がたびたび見られるほか、父・ヘルムート・アルバレア当代公爵のたびたびの蛮行には、ユーシスたちⅦ組に逮捕を委ねる一面も。

そして最終決戦となった煌魔城にて、最後にⅦ組やヴィータに追い詰められたカイエン公爵は皇太子セドリックを人質にとったところで参上。カイエン公は助けに来てくれたのかと心躍るが、ルーファスは

平民の言葉を借りるが、『寝言は寝てから言うがいい』

の一言の後、たびたびリィンやユーシスの前に現れて妨害していたアルティナの戦術殻・「クラウ=ソラス」の鉄拳をカイエン公に食らわせ、身柄を拘束した。

その正体は宰相ギリアス・オズボーンの配下である「鉄血の子供たち」の筆頭《翡翠の城将(ルーク・オブ・ジェイド)》の正体である。ここで初めてのカミングアウトだった。

内戦終了後、鉄血の子供たちの筆頭として大統領の暴挙や「碧の大樹」で混乱状態になっていたクロスベルを数日で占拠、そのままエレボニア領となったクロスベル総督となった。



閃の軌跡Ⅲ」では故郷バリアハートに帰ることなくそのままクロスベル総督として辣腕を振るい、帝国の反乱分子となる者達をミシュラム方面に拘束する「鳥篭作戦」で特務支援課やその関係者達を取り締まっていたのである。
終盤になるとオズボーンの協力のために帝都ヘイムダルに戻り《大いなる黄昏》の発動のために「鉄血の子供たち」と共にⅦ組と対峙する。

そもそも何故大貴族の御曹司である彼が貴族と敵対関係である鉄血の子供たちになったのか?
約束された地位と権力を持ちながらオズボーンの下に就くのか?








※ネタバレ注意

















「———簡単なことさ。私が父の実の息子ではないからだ。ヘルムート・アルバレア公爵のね。」


なんと彼は実はヘルムート公爵とは血がつながっておらず、ヘルムートの実兄とヘルムートの正妻との間にできた不義の子で、体裁のためヘルムート公に長子として引き取られた過去がある。そのため、ユーシスとは実は兄弟ではなく、従兄弟の関係だった。

しかしそんな不義の子である自分を差し置いて、実子であるを「平民の血が流れている」と言う理由で遠ざけて自分を次期公爵に選んだ事。
その事から「貴族」というものに疑問を感じ「貴族」というものを嫌悪していたのである。
そんな中、当時「百日戦役」を解決して四大名門を牽制した平民宰相であるオズボーンに興味を持ち彼と初めて邂逅した際に「鉄血の子供」として彼に仕えることになったのである。






閃の軌跡Ⅳ」では完全に新旧Ⅷ組と対立。

その際、クロスベルにあるエベル湖南岸で最後の騎神である金の騎神エル・プラトーの起動者になる事に成功する(クロスベルの総督になったのはこのためである)。

そして起動者の一人として《七の相克》に参加、確実な勝利のためにリィン操る灰の機神・ヴァリマールと聖女リアンヌ操る銀の機神・アルグレオンとの相克時において、リィンとの戦いに敗れて疲弊し、和解したことにより気が緩んだリアンヌを背後から騙し討ちにより殺害し、銀の騎神の力のほとんどを奪うという卑劣さを見せた。

幻想機動要塞にて黒のアルベリヒと共に弟・ユーシスらⅦ組と戦闘、相克でリィンとクロウの騎神と戦うことになる、この時ルーファスは相克に勝利した暁にはオズボーンに勝つため不死者になることを計画していたが敗北。

高い才覚で完璧だった故に常に孤独の道を歩んでいための死角を、多くの者達の助けによって辿り着いたⅦ組に突かれた事を理解し憑き物が落ちたかのようになった中・・・

後は任せて休んでください、兄上。
 ですがその前に一発、殴らせてもらいます。

と弟のユーシスに鉄拳制裁を食らい眠りについた。

不義の子として「父」を求め自らの存在意義を求めた男はこうして相克の舞台を降りたのであった。





イシュメルガ打倒後、遠くで狭間から生還したリィンたちを同じ『鉄血の子供たち』であるレクタークレアと三人で見届けながら今後についての語らいで、レクター・クレアともに逮捕・極刑を覚悟していると語るが、ルーファスはこれからの帝国の混乱において、ふたりの所属する帝国軍情報局と鉄道憲兵隊は帝国再建で大きな力になるからそのために力を尽くすことと説き、オズボーンが犯した咎は自分が引き受けると語り、その後逮捕された。


関連タグ

閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ 鉄血の子供たち エレボニア帝国

関連記事

親記事

鉄血の子供たち あいあんぶりーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーファス・アルバレア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60981

コメント