ピクシブ百科事典

エステル・ブライト

えすてるぶらいと

RPG『英雄伝説VI 空の軌跡』シリーズの登場人物にして主人公。
目次[非表示]

プロフィール

本名エステル・ブライト
所属遊撃士協会
肩書準遊撃士(FC)→正遊撃士(FC終盤以降)
ランク準遊撃士8級(FC序盤)→正遊撃士G級(SC序盤)→B級(零)
異名太陽の娘
年齢16歳(FC・SC)→17歳(the 3rd)→18歳(零・碧)→20歳(閃Ⅳ)
出身地リベール王国ロレント市
生年月日七曜暦1186年8月7日
武器
CV神田朱未


概要

『空の軌跡FC』・『空の軌跡SC』の主人公
元気で活発、前向きな女の子。外見は亡き母・レナ、髪の色は父・カシウス譲り。
『FC』冒頭において準遊撃士となり、後に正遊撃士へと昇格する。

正遊撃士になる旅の中で、今まで弟のようにしか見ていなかったヨシュア・ブライトを異性として意識し好意を抱く。後にヨシュアが自分の下を去った時は彼を連れ戻すため旅立ち、やがてリベール王国全土を巻き込んだ騒動・事件を解決すべく尽力することになる。
この事件の中で晴れてヨシュアと恋人同士となり、終結後は2人で各地を回り、その最中において事件で知り合ったレンの行方を探している。

人物

天真爛漫な性格で、思い込んだら一直線の元気な少女。その性格もあって周りの人間から大変慕われている。一度は敵対した人間でも、その中に隠れた長所を見抜いて素直に褒めたり助言したりするため、毒気を抜かれる事がしばしばある。彼女がいるだけで周りの雰囲気が明るくなること等から、彼女のことを指して「太陽の娘」という表現が使われている。
『the 3rd』では「肝心なヤツがいない」「みんなお待ちかねの大本命」と言われるほどの存在感を持ち、名実共にリベールの仲間達のリーダーとなっている。
趣味はストレガー社製のスニーカー集めと釣り
口癖は「あんですって~! 」と「~ですけど」、「モチのロンよ!」。

『零』では「レーヴェ達との出会いで強くなった」と自負している。

恋愛面やおしゃれ等女の子らしい一面も持つが、運動するには不便と言うことで動きやすい格好を好む。『FC』は赤と茶色がメインの服にスパッツ姿だったが、『SC』ではスカート姿になり、服の色もオレンジと緑になっている。『閃の軌跡IV』登場時はスカートとスパッツ両方になった。

チンピラに言い寄られたり、貴族に夜伽を命じられるなど充分な美少女なのだが、快活すぎるためかオリビエ曰く色気と女子力が足りないらしく、何故かヨシュアが色気と女子力で上と称されている


活躍

過去

エステルは遊撃士を目指すきっかけは「百日戦役」時、母・レナを時計塔の崩落により亡くしたことがきっかけである。「母のように誰かを守れるくらいに強くなりたい」との思いから遊撃士を志す。

空の軌跡FC

無題


遊撃士を志し、シェラザードの指導を受け16歳で史上最年少の遊撃士となった。
最初は故郷のロレントで業務をこなしていたが、父・カシウスの乗る飛行船が突如姿を消し、彼自身も行方不明になったため、真相を探るべくヨシュア、シェラザードと共にボースへ急行する。実行犯が捕縛された後はシェラザードの助言(元はカシウスの言葉)で、ルーアン、ツァイス、王都グランセルを徒歩でヨシュアと共に回る。
その中で王国軍情報部の暗躍を知り、彼らの企みを止めるため奔走。
最終的にグランセル城地下「封印区画」にて黒幕であるリシャール(父・カシウスの部下にして弟子)を無力化する。
しかし、封印を解かれた太古の機械人形『トロイメライ』と交戦、リシャールやカシウスに助けられながらも、辛くも勝利を収める。

空の軌跡SC

小艾


事件後にヨシュアが自分の下を去ったときは、彼を追いかけるだけの力を身に付けるために、国外にあるギルドの訓練施設「ル=ロックル」でアネラスとともに修業する。その後、《結社》『身喰らう蛇』の幹部・使徒第3柱であるゲオルグ・ワイスマンの謀略に関わることになり、王国クーデター事件で共に戦ったシェラザード・アガットティータクローゼオリビエジン、そして七曜教会から派遣されたケビンとともに、リベール全土を巻き込んだ陰謀に立ち向かうことになる。

その最中、《結社》の執行者の一人であるレンと出会い、当初は一般人を装っていた彼女に騙されはしたが「全ては嘘ではないはず」と感じ、彼女を《結社》から脱退させるべく説得することを考えるようになり、四輪の塔や中枢塔《アクシスピラー》でレンと向かい合うが、その最中にエステル自身が結社の大戦艦『グロリアス』に拉致され、ワイスマンより配下となれと強要される。その後監禁を強いられるが、結社に入りエステルの監視をしていたギルバートの隙を狙って艦を脱出するが、そこでヨシュアと再会。

ヨシュアとともに脱出後は、ワイスマンが行おうとしていた「福音計画」を潰し、打倒べく行動をはじめるが、直後にワイスマンは古代空中都市・《リベル=アーク》を復活、そしてその中にある古代至宝・《輝く環》の力を発動、リベール王国全土で『導力停止現象』が発生する。

そして王国の巡洋艦「アルセイユ」にて突入し、諸所に立ちふさがる執行者を撃退していきつつも、ついにはヨシュアの兄貴分的存在であるレーヴェ、そしてワイスマンと対峙。

レーヴェは戦いの末に改心するところで、ワイスマンが激高、レーヴェを自身の技で始末するとともに、《輝く環》の力を用いてエステル・ヨシュアに襲い掛かる。

激戦の果てにワイスマンを退けるが、《輝く環》の暴走によりリベル=アークが崩壊。エステル・ヨシュアは最後の足場にいたところでアルセイユによって救出される。なお、ワイスマンは結社本拠に逃亡するさなかに、ケビンに「塩の杭」を撃たれて殺害された。

この一連の事件…《リベールの異変》を解決後、ヨシュアの贖罪に付き合い2人で旅に出、ヨシュアのかつての故郷・エレボニア帝国ハーメル廃村を訪ね、慰霊碑にレーヴェの形見の剣「ケルンバイター」を供えた。

空の軌跡 the3rd

20131120 小艾后宫「雾


「the 3rd」以降はレンの行方を捜すために旅を続けるさなか、「闇の国」に引きずり込まれ、かつての仲間とともに脱出を図るべく行動を開始する。

零の軌跡

主人公's


「空」から2年後、クロスベル自治州遊撃士協会の助っ人として、ヨシュアと共に訪ね、そこでクロスベル警察特務支援課とは、魔獣事件で知り合う。
クロスベル創立記念祭では競い合い、さらにレンに関係する事件を通して、親交を深めることになった。

終盤、薬物・グノーシスによるクロスベル市内の騒擾事件で、黒幕・ヨアヒム・ギュンターとの最終決戦において特務支援課を助けるべくヨシュアと共に参戦、ついにはヨアヒムを追い詰めるが、かつての邪教集団『D∴G教団』最後の司祭・ヨアヒムの狂的な一言には激高。

ワイスマンの方がまだマシ

と断じるほどだった。戦闘は魔人化したヨアヒムに返り討ちにされる直前、そこに現れたのがレンと、彼女の駆る神機『パテル=マテル』で、その援護射撃でヨアヒムが怯み、ついにはヨアヒムを打倒する。打倒後はレンへの説得に成功し、彼女を連れて3人でリベールへと帰国した。

碧の軌跡

C95新刊 空の軌跡(零以降)レン中心本 サンプル


終盤にて、ケビンの要請でクロイス家からクロスベル市を奪還するための作戦に参加。
ヨシュア、レン、パテル・マテルと共に《結社》の巨大人型兵器「蒼のアイオーン」と交戦する。劣勢に追い込まれるがパテル・マテルの自爆攻撃により勝利したが、負傷が激しくヨシュア、レンと共に休養を取っており、クロイス家との決着はロイド達に委ねられることとなった。

閃の軌跡Ⅳ

エステル


「閃Ⅲ」では直接登場しないが、遊撃士のランクはB級相当でA級目前と言われている。ヨシュアと共に帝国入りする予定だったが、王国軍の現総責任者であるカシウスの娘であり、加えて過去の功績からも帝国にとって軽視できない存在であることから帝国に入れなかった。

『閃Ⅳ』では入国に成功。《巨イナル黄昏》の影響を受けた時に行っていたリベールの無線接続実験をきっかけにヨシュア、レンと共に、クロスベルでロイド、エリィキーアと合流し、オルキスタワーに潜入して帝国の情報を探る。
その頂上にて、ワイスマンの後釜たる結社第3柱マリアベル・クロイス、そしてこの黄昏の黒幕である黒のアルベリヒ、そしてその護衛クレアと戦い、黄昏やそれに伴う世界大戦、ハーメルの3人目の遺児について知り、入手した情報をギルド総本部とリベール関係者に伝達し、クロスベルに来たⅦ組に助力する。

中盤ではミルディーヌ公女が主宰する儀礼艦パンタグリュエルでの会席に招かれ、特務支援課と共にパンタグリュエルで行われた反帝国の連合軍「千の陽炎軍」結成のため極秘会談に参加、エレボニアに留学していたティータ、要人として招かれたクローゼ、そしてアガットやサラ達と再会し、リィンらⅦ組とも邂逅を果たす。さらには父・カシウスも連合軍総司令を拝命することになる。

その会席のさなか、セドリック皇太子と彼に協力する結社の急襲を受けるが、そこに現れたのは空中巡洋艦カレイジャス爆殺から生還、後継艦カレイジャスⅡとともに参上したオリビエだった。オリビエが提唱する《光まとう翼》の一員として、リィン達トールズⅦ組、特務支援課らとともに黄昏への抵抗に身を投じた。

終盤、最終決戦となる幻想機動要塞の障壁を生む《塩の杭》のひとつに、ヨシュア・レン・アガット・ティータとともに攻略へ向かい、障壁を打破。そしてすべての元凶たるイシュメルガとの最終決戦にも参加する。

イシュメルガ打倒後、オリビエ・シェラザードの結婚式にも出席した。

対人関係

リベール組――ヨシュアと共にリベール各地を回って出会った仲間。リベールの事件を解決した後も交流は続いている。

リベール組の仲間
ヨシュア・ブライト――義弟で、リベールを回る内に好意を寄せるも一度は一方的に別れを告げられる。しかし、追い続けた結果無事に結ばれ、以後は仲間からはバカップルと称される程になる。

レン・ブライト――身喰らう蛇執行者だったが、幼いレンを気に掛けて追い続けていた。最終的には彼女の人生を狂わせた者を討ち取り、義妹として引き取る。

シェラザード・ハーヴェイ――旅芸人一座としてリベールに来ていた頃から懐いていた姉貴分。遊撃士としても先輩で、シェラザードもヨシュアと併せてエステルを気に掛けている。

クローゼ・リンツ――お互いに共通の相手に好意を寄せていた。クローゼはエステルのまっすぐさを、エステルはクローゼの女性らしさを互いに羨む仲であった。

オリビエ・レンハイム――シェラザードを除けば、最初の仲間。その奔放さに頭を悩ませたり、色気と女子力でヨシュアに劣ると散々言われている。

ティータ・ラッセル――ヨシュアと共に兄姉のように慕われ、妹のように可愛がっている。

ハーメル
レーヴェ――ヨシュアの兄的存在。後にヨシュアとレーヴェの過去を聞かされても尚、ヨシュアを追うその姿勢を認め、死の間際にレーヴェからヨシュアを託される。関係的には義理の兄にもなる。
カリン・アストレイ――ヨシュアの実姉。ハーメルで墓参りに訪れており、義姉にもなる。

クロスベル、帝国
ロイド・バニングスリィン・シュバルツァー――クロスベルと帝国で出会った仲間。ロイドとはレンの過去を巡って共闘し、リィンも大戦を食い止めた仲間。

バトルスタイル

太陽娘


登場作品を通じて得物は棍。父カシウスより学んだ棒術を操る。『空』ではオーブメントは属性の制約が無く、編成パーティの傾向によって自由に組める。

エステルの操る棍はリーチが長く、また振り回すのがほとんどのため、射程が剣を操るキャラクターと比べて攻撃範囲が広いのが特徴である。物理防御力も高いため、前衛アタッカーとして立ち回るのが基本。
クラフトは攻撃力アップ、範囲攻撃、駆動解除、直線攻撃と多いが、Sクラフトは『空』時代は「烈波無双撃」「桜花無双撃」「太極輪」で、いずれも単発攻撃なのが特徴だが威力は高い。

『零』では父・カシウス直伝の『鳳凰烈波』を使い、初の範囲攻撃技となるが、未完成だったために、『閃Ⅳ』以降では再び単発の「太極輪」に戻している。ただし、閃Ⅳよりブレイクの概念が加わり、全パーティキャラSクラフトで唯一のブレイクランクSを持つため、太極輪ヒット後はほぼ確実に相手をブレイクに追い込める。

なお、オーブメントは『零』までは固定属性はなかったが、『閃Ⅳ』以後ではアークスを使用することになったため固定属性が追加され、地×2、空×1となっており、自由に組める『創』ではこの属性を生かした攻撃型のクォーツを装備していくことになるが、必須のこととして命中率を上げるクォーツも忘れずに装備しておきたい。

関連イラスト

エステル
エステル・ブライト


戦闘開始!
ヨシュアとエステル



関連タグ

英雄伝説 空の軌跡 零の軌跡 碧の軌跡 閃の軌跡Ⅳ falcom 遊撃士協会 リベール組
エステル ヨシュア
ヨシュエス レン(別作品にも同名キャラが多いため殲滅天使参照)
ロイド・バニングス リィン・シュバルツァー

関連記事

親記事

遊撃士協会 ぶれいさーぎるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エステル・ブライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1663126

コメント