ピクシブ百科事典

サラ・バレスタイン

さらばれすたいん

サラ・バレスタインとは、「英雄伝説 閃の軌跡」「英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「フフン、文句があるなら掛かってきなさいっ!」

CV:豊口めぐみ

概要


トールズ士官学院特科クラス”Ⅶ組”の指導&担任を務める女性教官。
武術全般、戦術オーブメントの運用法、実戦知識をリィンたちに叩き込む。


黙っていれば美人だが、私生活はだらしなく居酒屋でビールがデフォルト。
隙あらば私用で教え子をコキ使おうとし、リィンクロウなどは良いように使われがち。
普段の授業もいい加減な部分が多く、ハインリッヒ教頭からも度々説教を受けている。
その一方で抜け目のない性格でもあり、時折鋭い面も覗かせる。

タイプはナイスミドルらしいが、なかなか眼鏡に敵うオジサマがいないらしい。

閃の軌跡

オメガ・エクレール


元々は「紫電(エクレール)」の異名を持つA級遊撃士で、A級昇格の最年少記録保持者でその活躍は内外に知られていた。(取得時期は劇中の2年前の23歳で帝国ギルド連続襲撃事件の頃)この遊撃士活動時代にフィーとも知り合っており、フィーをトールズ士官学院入学に推薦したのはサラである。

ところが、エレボニア帝国遊撃士協会オズボーン宰相の方針により活動を縮小・ついには解体してしまったことで行き場を失い、そこを教官としてオリヴァルト皇子によってスカウトされた過去がある。なお、高位の遊撃士は国家間の仲介役等も務めることが多い関係上、戦闘力以外に政治・交渉力も問われるが、サラ自身は「自分は切った張ったが専門」と謙遜している。しかしそれは裏を返せば政治・交渉力の低さが問題にならない程に戦闘力が高いという事でもあり、より非凡さを強調している。

また、遊撃士以前にも別の経歴があるようだが、そちらについては「閃Ⅰ」時点では不明だった(後述)。アリサのメイドであるシャロン・クルーガーや鉄道憲兵隊のクレア・リーヴェルトとも面識があるが、いずれもあまり良い仲とは言えない様子。

閃の軌跡Ⅱ

Sara Valestein/サラ・バレスタイン


前作終盤、貴族連合によるトールズ士官学院侵攻・占拠を受けてサラやⅦ組はともに離脱。
今作ではⅦ組全員終結後にリィンの故郷・温泉郷ユミルにて合流する。
正式にパーティメンバーの一人として使用可能で、前作の鬼とも言える性能(後述)は控えめとなるが、各種クラフトの性能の高さは相変わらず優秀である。

中盤のオーロックス砦においての貴族連合軍に与した「北の猟兵」一同にサラが単身挑むところで自らの過去が明らかになり、遊撃士になる以前は猟兵団《北の猟兵》の一員であったことが判明する。当時帝国軍にて現役であったベアトリクス教官に救いだされて遊撃士となったという。また、出身はノーザンブリア自治州だが、数年に一度の墓参りに行くくらいだと本編で語っている。

最後の戦いにおいて、最初の教え子たるクロウが致命傷を負い、終の別れとなるところで「教官より先に逝くんじゃないわよ!!」と涙する一面も見せた。

閃の軌跡Ⅲ

センシティブな作品


内戦終結後はⅦ組の飛び級卒業を受けて、エレボニアの遊撃士協会再建のためトールズ士官学校の教官を退任、遊撃士に復帰する。
前作で元・猟兵だったことが明らかになったが、さらに詳しく語られ、《北の猟兵》の指導者で、かつてのノーザンブリア公国軍軍人だったバレスタイン大佐の養女で10歳で猟兵になった過去が明らかになった。
《北の猟兵》でも優秀だったらしく18歳で中隊長になったが同じ猟兵団・ニーズヘッグとの戦いで養父のバレスタイン大佐を失いショックで気を失っていたところ帝国軍のベアトリクス大佐に保護されたという(この時にミュラー・ヴァンダールとナインハルトと知り合ったらしい)。
この後、死の間際にバレスタイン大佐の言葉から猟兵を辞めて遊撃士に入り血に汚れてないミラで故郷を支援するようになる。(余談だが彼女のオジサマ趣味は養父であり初恋相手でもあったバレスタイン大佐の影響)

本編では終盤・《黒キ聖杯》での戦いで敗走を余儀なくされてしまう。

閃の軌跡Ⅳ

Sara Valestein


教え子のエマの案内でエリンの里に退避するが、サラもまたリィンが敵側に奪われたこと、そしてミリアムの戦死を目のあたりにした衝撃もあって新旧Ⅶ組の意気を失うのを目のあたりにした。

その後反攻に出るのを見届け、サラ自身は第Ⅱ分校教官となっていたランディとともに新旧Ⅶ組の引率を行うことになる。そして黒の工房突入・リィン奪還時は男子組の引率をするほか、結社強化猟兵によるエリンの里占拠時は、新Ⅶ組と第Ⅱ分校生徒の教官的立場として引率していた。
また、養父・バレスタイン大佐の死が帝国の呪いによるものだと知ることになる。

サラ・バレスタイン x シェラザード・ハーヴェイ


そして、大戦前日の「前日譚」において、遊撃士仲間において酒を酌み交わしたいというシェラザードとの飲み比べが実現したが、シャロンやオーレリアというそれ以上の酒豪には勝てなかった。

創の軌跡

サラ・バレスタイン


大戦後はエレボニアの遊撃士協会が本格的に活動再開したのを受けて、フィーとともにエレボニア国内での遊撃士として多く活動。

本編ではノルド高原におけるきな臭い陰謀に対してリィンや新Ⅶ組のクルト・ミュゼ、Ⅶ組からはエマ、そしてガイウスとともに向かった。

バトルスタイル

センシティブな作品


登場作品を通じて得物は導力銃・強化ブレード。北の猟兵で培った我流の戦闘術だが高い能力を誇る。パラメータ的には行動力と物理攻撃力が高く、物理防御力も新旧Ⅶ組女子キャラクターでは高い部類に入り、さながらフィーの強化版ともいえる。通常攻撃はブレードで斬りつけるが、カウンターは銃を撃つため射程が長い。

『閃Ⅰ』本編でガレリア要塞での演習にてスポット参戦した時が最強のパラメータで、オーブメントの固定属性は【風】×2【火】×1。ステータスはⅦ組の面々を上回っており、STRはラウラを抜いてトップ(Lv99時点でラウラと並ぶ)、クラフトも高性能なものが揃っており、アーツもまずまず使える。中でも特筆すべきはSクラフト「オメガ・エクレール」で、気絶が有効な『閃Ⅰ』において、気絶付与100%・威力も高い・対象全体とほぼ全プレイヤーキャラクターで最強ともいえる。
加えて、STR+50%の自己強化クラフトを使用できるので、さらに威力の底上げも可能である。

『閃Ⅱ』以後はパーティキャラクターとなったためか性能は控えめとなるが、それでもクラフトの高性能や物理攻撃力の高さが特徴である。行動力と回避力こそフィーやシャロン・デュバリィなどのスピード・回避特化のキャラクターには一枚譲るが、その分火力の高さでカバーしていけるのが強みである。

関連タグ

英雄伝説 閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ 創の軌跡
トールズ士官学院 Ⅶ組 遊撃士協会

遊撃士仲間

トヴァル・ランドナー アガット・クロスナー シェラザード・ハーヴェイ エステル・ブライト ヨシュア・ブライト アリオス・マクレイン フィー・クラウゼル

関連記事

親記事

Ⅶ組 ななくみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サラ・バレスタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1172419

コメント