ピクシブ百科事典

フィー・クラウゼル

ふぃーくらうぜる

フィー・クラウゼルとは、日本ファルコム制作のRPG「英雄伝説 閃の軌跡」の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

本名フィー・クラウゼル
所属西風の旅団→トールズ士官学院《Ⅶ組》→エレボニア遊撃士協会
肩書生徒(閃I・II)→正遊撃士(閃III以降)
異名西風の妖精(シルフィード)、妖精
年齢15-16歳(閃Ⅰ・Ⅱ)→17-18歳(閃Ⅲ~創)→20歳(黎)
出身地不明
生年月日七曜暦1188年8月31日生まれ
武器双銃剣(ダブルガンソード)
CV金元寿子


概要・戦闘能力

トールズ士官学院の特科クラス《Ⅶ組》に選ばれた生徒の一人。
年齢は15歳でリィン達より年下。
常にけだるそうにしており、重度のめんどくさがり。授業以外では日陰や保健室で居眠りをしており、自分からは積極的に他人と関わろうとしないが、意外と人付き合いは悪くはない。その言動からよく猫っぽいと言われる。

Ⅶ組メンバーの中でもかなり小柄だが、身体能力は極めて高く、爆薬などの潜入工作用の道具を持ち歩いている(入手経路は本人曰く「企業秘密」)。
日曜学校に通っておらず、エマアリサから勉強を教えてもらっており、特にエマとは何かと一緒にいることが多い。
学院では園芸部に所属し、たまたま入学前から持っていた花の種を育てている。

また、小柄な美少女という容姿故か同期生及び先輩女子からも可愛がられており、園芸部部長のエーデルとも仲が良い。卒業後も小柄であったため、後輩のユウナからも『メチャクチャ可愛い』と絶賛されている。

過去

士官学院に入る前は猟兵団「西風の旅団」に所属。幼少期に旅団のリーダーである「猟兵王」ルトガー・クラウゼルに拾われ、以降は旅団の一員として各地を転々とし、10歳で実戦を経験。その卓越した戦闘技術から猟兵の間では「西風の妖精(シルフィード)」の通り名で呼ばれていた。しかし猟兵王が西風の旅団と並ぶ最強の猟兵団である「赤い星座」の「闘神」との戦いで死亡し、旅団は解散。行き場をなくしたところをサラに拾われ、現在に至っている(その後『Ⅱ』にてルトガーの遺言により団員達がそうなるように仕向けていた事が判明する)。なお孤児とはいえ旅団内では娘同然の様に溺愛されていた様で上記の様な経緯もあってか家族という物に人一倍強い想いを抱いている。ちなみにサラとは彼女が遊撃士の頃、旅団の作戦中に何度かやりあっていたらしい。

閃の軌跡

シルフィード


学院生生活を送る中、バリアハートでの実習以降にかつて猟兵だったことを打ち明けると、騎士道を重んじるラウラと反りが合わなくなり、険悪とまではいかないがギクシャクした関係が続いていた。帝都での特別実習の中でお互いの素直な気持ちを打ち明けたことで和解している。

LAURA & FIE


ちなみにこの2人はリィンいわく、本来戦闘面でも性格面でも相性は抜群であると述べるほどである。このことをきっかけに一層絆が深まっている。
また猟兵として過ごして来たからか作中では特別実習や非常時等でリィンのフォロー役に回る事も多い。

私服


PS3・PSVITA版のDLCでは私服衣装が用意されており、ハンチング帽・長袖・編み上げブーツと、猟兵だった性なのか、弾薬パックを装備したものとなっている。

閃の軌跡Ⅱ

西风妖精


前作の終盤に内戦勃発し、貴族連合によるトールズ士官学院占拠後、Ⅶ組も散り散りとなるが、フィーはマキアスエリオットと共にケルディック近郊に潜伏しており、彼らに続いてリィンと合流する。Ⅶ組女子メンバーの中では一番早い合流である。
しかしその後まもなく、かつての『西風の旅団』の仲間かつ兄貴分でもあるゼノレオニダスと対峙する。この二人は貴族連合首魁であるクロワール・ド・カイエン公爵に雇われており、フィーにとって敵対関係であることを知る。

終盤、最終決戦地・帝都ヘイムダルの皇城バルフレイム宮が「煌魔城」と化し、ゼノ・レオニダスもまた待ち構えていた。戦いののち、フィーはゼノとレオニダスより「西風の皆は団長を取り戻す行動に出ている」と告げられた。

私服フィーちゃん


『Ⅱ』では前作同様DLC衣装に、猫耳帽・パーカー・ミニスカート・ロングソックスというもうひとつの私服があり、季節的に晩秋・冬のいでたちともいえる。

閃の軌跡Ⅲ

センシティブな作品


内戦終結の功によりフィーも飛び級でトールズ士官学院を卒業。卒業後はサラの誘いもあって遊撃士協会に所属し、準遊撃士から正遊撃士に最年少でその資格を得る。
正遊撃士になってからはサラと共に行動しており、また前作で共闘したトヴァルや、リベール王国より助っ人にきたアガットとの知己を得た。
サザーラントでの特別演習ではリィンら第Ⅱ分校を援護し、かつて旅団とは商売敵にあった猟兵団『赤い星座』の大隊長シャーリィ・オルランドと対峙、猟兵時代とはうってかわって互角の戦いを演じた。
そして死んだはずの古巣の団長・ルトガー・クラウゼルと驚愕の中再会する。
《黒キ聖杯》では、アリサやサラと共に《蒼のジークフリード》、アリサから離反したシャロン、そして因縁あるシャーリィ、ルトガーの4人と戦ったが…。

閃の軌跡Ⅳ

Fie Claussell


《黒キ聖杯》での戦いはミリアムの討死やリィンの鬼化と敵勢力にその身を奪われ、事実上敗走を強いられてしまう。

エマの故郷・エリンの里に退避したものの惨敗・再起不能にⅦ組一同はフィー含めて意気消沈となり、このまま黄昏を待つのみの状況だったが、そんな様を後輩でリィンの教え子かつ新Ⅶ組の一人ユウナが激高、一喝を受ける目となり、これでフィーも他のⅦ組一同同様目が覚めることになる。

そしてリィン奪還のため行動を開始し、その後黒の工房最奥にてリィンを奪還した。絆イベントでは、選択次第でリィンに想いを告げることが出来る最初の人物となる。

また、今作では遊撃士の先輩格で、『空の軌跡』の主人公コンビであるエステルヨシュア、そしてその姉貴分であるシェラザードとも知己を得た。

『七の相克』ではハーメルに顕れた『龍の霊場』にて、ゼノ・レオニダスを打ち倒したのち、養父・ルトガーと対決。その後ルトガーが駆る騎神・ゼクトールとの戦いの末、ルトガーは敗れて消滅するが、そこにおいてルトガーとの最後の別れを行い、見送った。最初で最後に、面と向かってお父さんと呼んで。

絆イベントでは全ヒロイン中最速でリィンに想いを告げることになる。リィンの呪いを実力で抑えようという気遣い、気持ちの強さも見せつけた。

くのいち⭐フィー


本編DLCに「魔法少女まじかる☆アリサ」においてのフィーの衣装・「くのいち☆フィー」が用意されている。設定では魔王の手先によって滅ぼされた「くノ一村」のくノ一として人間界をさまよっていたところをアリサと出会い、行動するようになったというもので、キャラクター的にも似合う衣装である。

最終決戦の決着後は、帝国遊撃士協会の再建とともに、共和国のジンとも知己を得て共に遊撃士の任務に就いていた。そしてミリアム復活後にオリビエとシェラザードの結婚式に参加する。

創の軌跡

「さて、はじめよっか」


リィンルートにて参戦。クロスベル入りするリィン達に合流し、本作のキーパーソンとも言える人物とMWL内にて戦闘となる。前作の引き継ぎ状況やストーリー序盤での選択によって、リィンと特別な関係でストーリーを始めることが出来る。その場合は、リィンと合流した際の会話に変化がある。

また、本作ではかつて旅団にてルトガーの右腕を務めていたガルシアと再会。ガルシアからは前作でのルトガーの最期を話してくれと頼まれている。

黎の軌跡

センシティブな作品


サブキャラクターとして参戦。Ⅶ組時代の頃は年少組で小柄だったが、20歳になり身長が162cmとかなり成長しより女性らしい体系となり、後輩から『メチャクチャ可愛い』と言われていた時代から一転して映画のディレクターからも絶賛されるほどの美人になった。
本人の話によると成人してから胸も急成長したらしい。が、本人は身長も含めてこれ以上の成長は見込めないとの事。

様々な案件が次々に舞い込むカルバード共和国の遊撃士の人手不足を受け、助っ人として来訪。
帝国やクロスベルでのこれまでの功績からなのか若手ながら既にランクはB級まで上がっている。優等生な性格のエレインに冗談を言う事も。

本作ではスポット参戦でヴァンの助っ人としてパーティインするが、状況によっては敵に回ることもある。

対人関係

Ⅶ組--当初、顔馴染みのサラに紹介されて入っただけの学院であったが、一年の学院生活を通じて平穏を学んでいく。それを通じ、遊撃士に転向することにもなる。

リィン・シュバルツァー――Ⅶ組の同級生。自由奔放で世間知らずなフィーを、リィンが気にかけており、フィーもそんなリィンになついていた。後にトールズを卒業し、年齢を重ねたフィーは(プレイヤーの選択次第で)リィンへの好意を自覚する。

ラウラ・S・アルゼイド――同級生。猟兵のフィーにとって、騎士道精神は最も縁が無いものなのでラウラと互いの距離が狂う。帝都で勝負をして負けた後、リィンも含めて自分の生い立ちを打ち明けてからは、親友として抜群のコンビネーションを発揮する。

エマ・ミルスティン――同級生。年齢に加えて、戦場に入り浸っていたために基礎学力が低いフィーの勉強をよく見てくれていた。そのために仲は良いが、やはり年頃らしくアリサ以上に大きな胸は羨ましい模様で、卒業後もソレをネタにしている。後に顔を合わせる裏解決屋の助手はエマを思い出させた。

サラ・バレスタイン――猟兵時代の商売敵だが、顔馴染みでもある。ルトガーの死後、途方に暮れていたところを拾われ、トールズへの入学を勧める。卒業後も遊撃士の後輩としてチームを組むことが多くなる。黎の軌跡では相方と呼ばれている。

ルトガー・クラウゼル――猟兵団時代の師匠で育ての父親。ルトガーは自分を猟兵という外道から人間にしてくれたとしてフィーに深い愛情を注ぎ、猟兵になる事自体にも反対していた紛れもない父親。最後の瞬間、本当の意味で親子になる事が出来た。

エーデル――トールズの先輩で、園芸部の部長。のんびりとした性格でフィーが持っていた種の栽培やラウラとの関係を気に掛け、内戦でもフィーが植えた花の世話をしていた。卒業後は連絡を取り合っている。

ヴァン・アークライド――首都の《裏解決屋》。首都支部への助っ人として共和国に来訪した際に出会う。ディルク記念公園で邂逅し、サルバッドの事件で共闘する。共闘したことでその実力を認め合った事から互いに一目置く存在となる。謝肉祭では選択肢によって対立するか味方になるか変化する。ヴァンからは帝国人であるフィーがシェリド公太子と懇意にしていることを訝しまれるが、その理由を演奏家つながりであることを自ら明かしている。

フェリ・アルファイド――西風時代に自身の姉代わりだったアイーダの「もう一人の妹分」。ヴァンと同じくディルク記念公園で邂逅するが、その時はフェリが緊張していた事から会話が無かった。サルバッドの事件で再び出会い共闘する事となり、彼女からアイーダの最期の顛末を聞く事となる。後にお互いの身の上と戦闘スタイルが似ている事から意気投合し、仲良くなっていく。


エレイン・オークレール――遊撃士仲間。エレインの方は自分のA級最年少記録を更新しうる若手として期待している。当のフィーは優等生タイプのエレインをからかい、特にヴァンとの関係についてはからかいながらも応援している。

バトルスタイル

シルフィード・ダンス


登場作品共通として、使用武器は短剣と拳銃が合体した「双銃剣」。猟兵時代の異名『西風の妖精』の異名は伊達ではなく、Ⅶ組メンバー随一の行動力と回避力に特化しており、攻撃力もまずまず高いため、そのスピードを生かした手数の多い攻撃がフィーの基本的な立ち回りである。その反面、HPと防御力が低いのが難点。オーブメントの属性は「時」と「風」。

「閃I」ではラウラ同様、初期状態からSクラフトを使うことができる。「閃Ⅱ」以降はカウンター攻撃が斬撃から銃撃になった事によるカウンター射程の延長、円クラフトが指定敵中心型から指定地点中心型となる調整がされた為、扱い易さが大幅に上がっている。また固定絶対回避率30%を持っている為、装備やクォーツの組み合わせ次第では(必中攻撃を持っている敵もいるので絶対ではないが)回避率100%として物理攻撃を回避してカウンターを当てる囮カウンター戦法を狙っていくこともできる。

同タイプのキャラクターとしては遊撃士仲間となるヨシュアや士官学院から世話になったシャロン、後輩のクルト、そしてリーシャデュバリィスウィンフェリアーロンが挙げられる。

「黎の軌跡」ではラウラの「洸凰剣」とリィンの「疾風」から着想を得て習得したと言うSクラフト「アズール・グリオン」を使用可能に。また、フィールドでのチャージアタックが非常に強力。発売当初は、ホロウコアが「ライム」であったため、回避カウンターを活かした戦術はできなくなっていた。しかし、10月29日のアップデートによって「カミオ」に変更され、回避カウンター戦術ができるようになった。

関連タグ

閃の軌跡 創の軌跡 黎の軌跡 遊撃士協会
サラ・バレスタイン ラウラ・S・アルゼイド 

『西風の旅団』での同僚

ルトガー・クラウゼル - 団長にして実質フィーの養父。
ガルシア・ロッシ - 拾われた当時の副団長だが、その後間もなく旅団を脱退。創の軌跡で再会する。
ゼノレオニダス - 本編でもっとも顔を合わせる兄貴分的存在。
アイーダ - 団の解散後に共和国に行った姉貴分。

猟兵時代の関わりある者たち

ランディ・オルランド シャーリィ・オルランド…猟兵時代の商売敵「赤い星座」の者。

遊撃士仲間

トヴァル・ランドナー アガット・クロスナー エステル・ブライト ヨシュア・ブライト アリオス・マクレイン ジン・ヴァセック エレイン・オークレール

関連記事

親記事

Ⅶ組 ななくみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フィー・クラウゼル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フィー・クラウゼル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5157105

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました