ピクシブ百科事典

マキアス・レーグニッツ

まきあすれーぐにっつ

ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡』に登場するメインキャラクター。
目次[非表示]

CV:佐藤拓也

概要

エレボニア帝国最大都市・帝都ヘイムダルを管理するカール・レーグニッツ帝都知事の息子。
父・カールは初の平民出身の帝都知事であり「革新派」の求心力である《鉄血宰相》ギリアス・オズボーンの盟友である。
自分にも他人にも厳しいタイプの人間で大の努力家。

閃の軌跡

紅茶も飲んでみなよ


トールズ士官学院に入学し、首席はエマに譲ったものの、《Ⅶ組》の副委員長となる。
尊大で横暴な貴族が大嫌いで旧態依然の貴族を公然と批判する(後述)。立場上「革新派」と対立する「貴族派」で最も権力を持つ「四大名門」の一つ・アルバレア公爵家のユーシスとは事あるごとに対立し、時には殴り合い寸前まで行くため二人が同時にいるといつも険悪な空気が漂う。

D-Day!


そもそも彼が貴族を嫌悪するのは過去の悲しい経験が影響している。
マキアスが幼い頃彼が姉と慕う美人で器量の良い従姉の女性がいた。やがて彼女は父の部下で貴族出身の若者と愛し合うようになり婚約した。だが名門貴族の女性と結婚させようと目論む婚約者の実家から露骨な嫌がらせや圧力を受けるようになる。
誰にも相談できず苦しんでいた彼女に追い討ちをかけるかのように婚約者から「愛妾として大事にするから我慢してほしい」と告げられ、結末は自害して果ててしまう。
それ以来マキアスは貴族に憎み、貴族制度そのものに怒りを覚えるようになった。

また、リィンとも一時リィンが出自を濁して言った(嘘を言ったわけではないが明らかに誤解を招くような言い方)ことで実家のことを知ったマキアスは「君とは話したくない」と一時冷たい間柄となるが、その後バリアハートの実習で不当に捕らえられ、その後リィンやユーシスの救出を受けるほか、同じ貴族家出身のラウラとも交友を深めるうち、結局は「その人」なのだと悟る。婚約者の実家も彼の意思より家の利益を優先しただけであり、婚約者も彼女を護りきれる程強くはなかっただけなのだと。
ユーシスに対してはユーシスなりに貴族としての悩みや苦しみがある事を知り、マキアスがアルバレア公爵家に拘束された事件を共に乗り越えることで、憎まれ口を叩きあう関係に変わりないものの、少なくとも互いに認め合うようにはなった。



閃の軌跡Ⅱ

立ち止まっていられない


前作終盤、内戦が勃発し貴族連合軍によってトールズ士官学院が占拠されたため、Ⅶ組は散開を余儀なくされ、エリオットフィーと共にケルディック近郊に潜伏しており、リィンがトヴァルとともにケルディックに到着した事を知ると、彼に特殊な暗号を使って潜伏先を伝え、合流を果たす。Ⅶ組メンバー中一番早い合流となる。(この際感極まったリィンから熱い抱擁をうけている、余談だが現時点でリィンの方から抱擁したのは後にも先にもマキアスのみである)

その後はⅦ組として貴族連合・帝国軍とは違う第三の勢力の一員として奮戦。ユーシスとのいさかいもいくらか収まったようで、オーロックス砦でのユーシスの父・ヘルムート公爵の身柄確保ではユーシスを促している。
ある人物との別れの際にはユーシスと共に良き喧嘩友達でい続ける事を誓っていた。

本編よりアクセサリアイテム「コンタクトレンズ」が登場しており、これを付けることで眼鏡を外すことが可能。

サブクエストではある人物が潜入ためにマキアスに変装するため猿ぐつわにされるという不遇エピソードがある。

内戦終結後、帝国政治学院の試験を受けて合格、士官学院卒業後は政治学院への入学が決まる。



閃の軌跡Ⅲ

コーヒー・タイム (Commission)


政治学院卒業後は司法監察官となり、肩書を与えられてエレボニア各地を忙しく回っている。
かつての学友からは学生時代のユーシスとの確執をネタにからかわれることも。

閃の軌跡Ⅳ

人という字を手のひらに書いて飲み込むといい


『Ⅲ』終盤の《黒キ聖杯》での戦いに敗れ、敗走を余儀なくされるが、ミリアムの討死やリィンが黒の工房の長の手中に陥落したことでマキアスもまた愕然とし、エマの案内で退避したエリンの里では悔やむ一言も述べていた。

しかし、そんな様を後輩である新Ⅶ組ユウナが激高。一喝を受けることになり、マキアスも目を覚まされることになる。

リィン奪還のために情報収集を行い、その後新Ⅶ組の全員再合流に合わせて、オズギリアス盆地ではセドリック皇太子率いるトールズ本校生徒に包囲されて窮地に陥った新Ⅶ組を救出すべく参上しトールズ本校生徒を撃退、そしてエリンの里帰還後、リィン救出のため新旧Ⅶ組一同とともに黒の工房に突入し、救出に成功した。

その後帝国政府・軍との対決をして行くことになるが、海都オルディスでは帝国政府首脳陣から左遷され、海都含めたラマール州(カイエン公爵旧領)の暫定統治を務めることになった父・カールと再会。父もまた「巨イナル黄昏」によって世界的戦乱に突き進もうとする帝国政府や帝国軍を中より諫めようとしたが、どういうわけか「あらゆる事象が組み合わさった」結果、左遷されたことを知る。

他にも本編のサブイベントでは、前述のマキアスが姉と慕った女性の婚約者だった貴族の青年・アーサーと海都オルディスにて再会する。彼も婚約者の死から立ち直れておらず、さながら同じ貴族の身ながら帝国政府側に与して攻撃する態度を見せていたが、マキアス自身が「昔の僕なら貴方と同じことしていたかも知れないが、恨むばかりではダメだ。前に進まないと」と言うほか、そこに現れた父・カールの説得もあってアーサーが立ち直る一幕もある。



バトルスタイル

マキアス


登場作品共通の得物はショットガンで、後衛タイプかと思われがちだが、防御力が高いため、前衛に立って弾幕を張ることも得意で、クラフトも石化弾を使った状態異常を誘う「ソリッドカート」や崩しやブレイクを誘発しやすい「メイルブレイカー」など、使いやすいものが揃っている。行動力はやや低めだが、強化クラフトである「バーストドライブ」でスピード強化を行えるなどの強みもある。通常攻撃の範囲も基本的に広く、状態異常のクォーツを装備するとその真価を発揮する。

余談

【閃】朝コーヒー


好物はコーヒー。父・カールが愛飲していたことから自らも好物となり、『閃Ⅰ』ではオスト地区の実家でリィンたちにコーヒーをふるまう一幕もある。紅茶党であるユーシスとはそこの部分でも争っていたがそちらの方も互いに認め合うようになっている。また『創』のエピソードイベントではクロスベル警察捜査一課のアレックス・ダドリーと、互いに好物がコーヒーだったことで意気投合したことが描かれ、悪徳商人と偽ブランド商がコーヒーの不法取引を行っていたときには二人揃って激高、悪徳商人一味を全力でもって捕縛しており、この一件以降ダドリーとは親しい関係になっている。

真面目な優等生キャラであるが意外にも不良や軟派系といった自分と正反対であるやんちゃなタイプのキャラに好かれており、実家の近所に住むパティリーに憎まれ口を叩かれながらも慕われていたり、後輩のアッシュからは堅物パイセンと言われながらその実力を認められており、同性にはあまりアダ名を付けないランディから親しみを込めて『マッキー』と呼ばれていたり、先輩であり同じⅦ組のクロウからは戦闘終了の際に「チィース!」とフランクなあいさつを交わされている。(マキアスもシリーズが進むごとにこのあいさつに徐々に慣れ親しむようになる)

かけている眼鏡は度の入っているものではあるが、眼鏡に対してはこだわりがあり同じく眼鏡にこだわりがあるマクバーンとは意外な所で話に花を咲かせている。




関連項目

閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ 創の軌跡
ユーシス・アルバレア

アレックス・ダドリー - 『創』にて仕事関係と好物で意気投合。銃使い・眼鏡キャラクターと共通点もある。

関連記事

親記事

Ⅶ組 ななくみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マキアス・レーグニッツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354957

コメント