ピクシブ百科事典

トールズ士官学院

とーるずしかんがくいん

「トールズ士官学院」とは、閃の軌跡に登場する架空の学院である。
目次[非表示]

概要

閃の軌跡・閃の軌跡Ⅱまで

エレボニア帝国首都・ヘイムダル東の近郊都市トリスタの北にある名門校。創設者は帝国中興の祖である獅子心皇帝ドライケルス・ライゼ・アルノール
現理事長はオリヴァルト・ライゼ・アルノール
身分によってクラスが異なっており、Ⅰ・Ⅱ組の貴族クラスやⅢ~Ⅴ組の平民クラスに分かれていた。また、創設者が皇帝家のアルノール家であるため、アルノール家の皇帝の嫡子・庶子は代々トールズ士官学院にて学ぶのが慣例とされている。

閃の軌跡』主人公・リィン・シュバルツァーの士官学院生時代に特別かつ例外的なクラスとして、貴族平民が混ざった特科クラス《Ⅶ組が設置された。

元より帝国を代表する士官学校だったが、現在は士官候補以外も受け入れ芸術などの分野にも力を入れている帝国屈指の名門校であり、卒業後は帝国軍・領邦軍に入営するほか、帝都音楽院、帝国政治学院や聖ウルスラ医科大学に転入する者もいる。

校訓は『若者よ、世の礎たれ

トールズ士官学院・本校

しかしながら、『閃の軌跡Ⅲ』では軍国主義が強くなり、皇太子セドリックの入学した頃より軍事学校に変化し、「トールズ士官学院・本校」に校名も変更され、部活動の廃止も断行されている。

加えて、本校生徒が分校生徒への格下とみなす偏見もある他、『閃Ⅲ』終盤、黒キ聖杯前にて本校生徒とトールズ第Ⅱ分校生徒との衝突も発生、ついには『閃の軌跡Ⅳ』冒頭にて、ヘイムダル西の近郊都市リーヴスにある第Ⅱ分校を制圧・占拠するに至るほか、オズギリアス盆地ではセドリックとともに逆賊にならんとするミルディーヌ公女や皇帝ユーゲント陛下を狙撃したアッシュ含めた新Ⅶ組にその銃と軍刀を向けて捕縛のため包囲する。

しかしながら本校生徒すべてがセドリックに感化されたとは言えず、むしろその暴挙やセドリックの護衛として本校制服を纏ったシャーリィに対する疑念を抱くようになるほか、本校生徒に扱われる機甲兵が「魔煌機兵」なる、呪いの力を用いた危険極まりない代物だったことで、ついにはセドリック・シャーリィが第Ⅱ分校を離れた間隙をついて第Ⅱ分校教官となったリィン率いる新旧Ⅶ組・第Ⅱ分校生徒らによって衝突の末、第Ⅱ分校を奪還される。

だが、本校生徒は奪還された後は敵対することなく、むしろほとんどがセドリックと決別してリィンたちⅦ組に同調して帝国軍への抵抗活動をして行くことになった。校訓「若者よ、世の礎たれ」を忘れていなかったことがその主だった理由である。

閃の軌跡Ⅲでは、リィン達の同期及び一期先輩に当たる生徒達は家の事情などで動けない者を除けば貴族と平民を問わず殆どの卒業生が帝国を取り巻く不穏な動きを警戒してⅦ組を中心に水面下で行動し、閃の軌跡Ⅳでは第Ⅱ分校の生徒も加え、ヴァイスラント決起軍、そして光まとう翼と共に帝国の呪いに抵抗するという、並外れた結束力を発揮する。

黄昏以後の『創の軌跡』ではトールズ本校でも来年度より部活動が再開されることが決定した。

関連人物

貴族生徒


平民生徒


トールズ士官学院本校生徒



教官


卒業生




関連タグ

閃の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅲ 閃の軌跡Ⅳ
エレボニア帝国
トールズ士官学院・第Ⅱ分校:本校の分校。

関連記事

親記事

エレボニア帝国 えれぼにあていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トールズ士官学院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 632

コメント