ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鉄血の子供たち

あいあんぶりーど

鉄血の子供たち(アイアンブリード)とは、ギリアス・オズボーン直属の集団である。
目次 [非表示]

概要

《鉄血宰相》ギリアス・オズボーン直属の集団。

彼らは過去にオズボーンに救われたことがあり、独自の異名を持っている。子飼い部下ではないが、セドリック皇太子もその一員。


筆頭のルーファス曰く『手放した息子の代わり』との事。




形式的には配下ではあるが、レクターやミリアムからはフランクな対応をされており、オズボーン自身も自身の謎や帝国の問題を子供達に『宿題』として出したりなどある意味本当に親子のように接している所がある。


ミリアムを除いて共通しているのは、呪い或いは帝国の体制そのものが原因で家族など自分の人生ひいては心に闇を抱えていること。そして全員が根っこではオズボーンの絶対的なカリスマに信奉していると言う事である。その点は結社執行者に似通っている。


互いの関係は基本的に良好だが、筆頭のルーファスは空虚な人格故に一定以上の関係はない。 一方でレクター、クレア、ミリアムの三人の仲は極めて良好で、特にレクターとクレアはミリアムを実の妹のように可愛がっており、ミリアムも二人を兄姉或いは親のように慕っている。後にレクター本人が喪った実の家族の代わりをミリアムに求めていたと打ち明けている。しかし、それ故に『Ⅲ』終盤で起きた悲劇が二人の心を崩壊寸前に追い込んでしまう


そしてレクター・クレアは『閃Ⅲ』終盤・大戦前の『閃Ⅳ』ではほぼ敵として登場、アンチオーダーを使い、新旧Ⅶ組を襲う強敵となったが、皮肉にも自らを呪いの手先となり果ててしまった。


最終的には幻想機動要塞においてレクター・クレア・ルーファスは新旧Ⅶ組によって打倒され、オズボーン宰相が機神の相克にて戦死、そしてついにはⅦ組一同によって帝国の呪いとされるすべての元凶たる存在が打倒・滅ぼされることとなった。


決着を見届けたレクター・クレアは逮捕・極刑を覚悟していたが、筆頭のルーファスより、帝国軍情報局・鉄道憲兵隊の組織的有能さが帝国再建のための力となると説かれて、権限を弱体化させ帝国再建のため働くことになる。なお、ゼムリア大陸大戦を指導したオズボーンらの罪についてはルーファスがひとりその咎を引き受けると言い、逮捕されている。


『創の軌跡』では「クロスベル再占拠」を始めとする様々異変を対処すべく、『閃』シリーズは敵対関係であったⅦ組や特務支援課と共に戦う。

そのため『創』全員プレイアブル化を果たした(なお、セドリックはサブエピソード限定)。


特別エピソードにてオズボーンが子供達への心境を語るエピソードがあり彼なりの子供達への愛が語られている。






メンバー

《かかし男》レクター・アランドール
もう少しで閃3!!!
帝国軍情報局大尉→少佐。
《氷の乙女》クレア・リーヴェルト
クレアさん
鉄道憲兵隊憲兵大尉→少佐。
《白兎》ミリアム・オライオン
お姉ちゃんに
帝国軍情報局のエージェント。Ⅶ組の一員でもある。
《翡翠の城将》ルーファス・アルバレア
あるばれあにき
アルバレア公爵家の次代後継者・《鉄血の子供たち》の筆頭→クロスベル州総督→逮捕→クロスベル再占拠の犯人?

途中参加

セドリック・ライゼ・アルノール
殿下
エレボニア帝国皇太子。子飼いでは無く、ある意味は「イシュメルガの手駒」としての子供たちメンバー。オズボーンの前世を知り、アンチオーダーも使える。終戦後は自身の地位を捨て『身喰らう蛇』に逃亡・加入、『創』本編の時点では執行者の地位を得た模様。




関連イラスト

無題[8/1 新刊アンソロジーサンプル]鉄血ざんまい!

戯れるアイアンブリードと見守る宰相革新派へようこそ


関連タグ

軌跡シリーズ エレボニア帝国 閃の軌跡 創の軌跡

ギリアス・オズボーン


イシュメルガ - 彼らを歪めた元凶。

関連記事

親記事

エレボニア帝国 えれぼにあていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3099

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました