ピクシブ百科事典

ギリアス・オズボーン

ぎりあすおずぼーん

軌跡シリーズの登場人物。

概要

CV:中田譲治

エレボニア帝国宰相。元軍部出身で優れた政策を打ち出すズバ抜けた政治手腕と実行力から≪鉄血宰相≫の二つ名で呼ばれる。
帝国皇帝から強い信頼を受け、鉄道網の建設や領土拡大を積極的に行い、更に貴族から既得権益を奪い庶民に開放する「革新派」の中心人物として帝国民から絶大な人気がある。
各地で優れた若者を集めて結成した直属の部下「 鉄血の子供達 ( アイアンブリード ) 」を抱え、彼の強力な力となっている。
非常に計算高く先見にも優れているため、気づけば物事が彼の思惑通りに動いていることも少なくなく、終わってみれば彼にいいように踊らされていたという場面も多い。

しかしその反面自分の政策を推し進めるため、特に領土拡大のためなら如何なる卑劣な手段も辞さない恐ろしい一面を持っている。
極めて強引かつ卑怯な方法で近隣の小国や自治州を併合し続けた結果、政策の巨大な歯車に巻き込まれて潰されていった者たちは数知れず、敵対したものは降伏を聞き入れずに皆殺しにするなど残忍な性質も持ち合わせているため、彼の絶大な人気に比例して彼に対し激しい怨みと憎悪を燃やす者たちもまた多いのである。
更に既得権益を奪われた貴族たちからも怨敵として扱われ、事ある毎に彼を陥れようと画策している。貴族の支配と取り戻そうとする「貴族派」と彼を中心としる「革新派」の対立は内乱に成りかねないほど既に深刻なレベルに達しているようだ。
このように絶大な人気と裏腹に結社と手を結ぶなど手段をえらばない性質を持つため、オリヴァルト皇子は彼を警戒している。

関連タグ

軌跡シリーズ 空の軌跡 碧の軌跡 閃の軌跡 宰相







以下ネタバレ








閃の軌跡の主人公であるリィン・シュバルツァーの実の父。
ある目的から幼い息子を遠ざけ「結社」と手を結ぶ。「閃の軌跡」の物語終盤、暗殺されたかに思われたが実は生きていたことが次回作で明らかになり「結社」の重要部門の一角である「黒の工房」及び「幻焔計画」の乗っ取りを宣言する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギリアス・オズボーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54674

コメント