ピクシブ百科事典

テオ・シュバルツァー

ておしゅばるつぁー

テオ・シュバルツァーとは閃の軌跡シリーズの登場人物である。

CV:遠藤守哉 森川智之(創の軌跡)

概要

エレボニア帝国の男爵位の貴族。帝国北部の温泉郷ユミルの領主を務めている。
リィン・シュバルツァーの養父でエリゼ・シュバルツァーの父。妻はルシア。
血は繋がっていないがリィンの事は実娘エリゼと同等に接している。

帝国貴族によく見られる傲慢不遜さなどは一切なく『領主は民に寄り添うべし』と言うのを流儀に慎ましい生活を送っており領民からは親しまれてる人格者。
趣味は鷹狩りを始めとする狩猟全般で、かつてルーファス・アルバレアにも狩りの作法や心構えを指導したことがある。
騎士剣術も得意としており達人レベルとは言わないまでも銃を持った複数の猟兵相手に優位に立ち回れるまでの腕前を備えている。

どこの元も知れない浮浪児であるリィンを引き取って育てたことから社交界で受ける言われなきバッシングを疎ましく思い滅多にユミルから出なくなりその事に対しリィンは今でも気に病んでいる。頑固者として貴族社会でも有名らしい。
八葉一刀流ユン・カーフェイとも親しい仲である。

養子のリィンには実子のエリゼと結婚して家を継いでほしいと妻ともども願っている。





実はギリアス・オズボーンとは幼馴染の関係にあり、前当主であった父と親しかったオズボーン家がギリアスを除き雪崩で死亡した後、父がギリアスを引き取ったためテオは彼を「ギリアス兄さん」と呼び慕い彼がトールズに入学するまで共にユミルで暮らしていた。
その後も交流が続いていたのだがある時「ある子供を引き取って欲しい。」と頼んで来たのを最後に交流が絶たれる、その時引き取った子供こそが彼の息子であるリィンだった。



テオは今でも兄と慕っていたギリアスを信じてはいるが今更リィンを譲るつもりはないとは思っているらしい。



関連項目

閃の軌跡 エレボニア帝国 温泉郷ユミル
リィン・シュバルツァー エリゼ・シュバルツァー ギリアス・オズボーン

関連記事

親記事

温泉郷ユミル おんせんきょうゆみる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テオ・シュバルツァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 342

コメント