ピクシブ百科事典

特務支援課

とくむしえんか

特務支援課とは、英雄伝説シリーズ『零の軌跡』及び『碧の軌跡』、『閃の軌跡Ⅳ』、『創の軌跡』に登場するクロスベル警察の部署の一つである。
目次[非表示]

概要

クロスベル警察セルゲイ・ロウが立ち上げた新たな警察部署の1つ。通称『支援課』。
警察への信頼が失墜したクロスベル自治州において、民間人の味方である遊撃士のような立ち位置になる為、内外から人気取りとの批判も多い。
だが、彼らは彼らのやり方で成長し、クロスベルを守っていこうと決意し、『零の軌跡』では『D∴G教団の幹部司祭が蒔いた薬物・グノーシスをもとにして起きた「教団事件」を解決し、『碧の軌跡』では黒幕たるクロイス家と対峙し、その末に起きた「碧の大樹事件」を解決することになった。

その後エレボニア帝国によるクロスベル併合によりクロスベル警察共々一時解体、さらには離散となるが、『閃の軌跡Ⅳ』では「巨イナル黄昏」の発動による帝国と周辺国との対立の状況下でセルゲイをのぞいた創設時メンバーとキーアが水面下で行動、そして再び結集、Ⅶ組オリヴァルト率いる『光まとう翼』と共闘した。なお、この間のセルゲイとノエルはともに旧クロスベル警察・クロスベル警備隊の一員として、ワジは自身の元々の所属先の本職として、リーシャは共和国方面でそれぞれ帝国軍に抵抗していた。

『創の軌跡』では晴れて再独立となるクロスベル自治州の警察一部署として活動するのだが…

支援課の団結力は非常に強固であり、キーアも交えて『家族』と呼んでも差し支えないほどの団結力。彼らにとって支援課のビルは正に帰る家なのである。

構成メンバー

創設時メンバー(零の軌跡並びに碧の軌跡、閃の軌跡Ⅳ、創の軌跡にて活動する)

ロイド・バニングス


 新人捜査官。特務支援課リーダー格。彼が中心になって捜査・推理を行う。

エリィさんまとめ


 女子供から地位のある人物まで、丁寧な物腰により捜査上での交渉役が主。

Tio Plato


 現場やネット上での情報収集、及び処理。動物との会話も可能なので幅広く行える。

ランディ


 体力や力を必要とする仕事が主。癖の強い人物などへの交渉にも長ける。『閃の軌跡Ⅲ』・『閃の軌跡Ⅳ』ではトールズ士官学院・第Ⅱ分校の戦術科教官としてエレボニア帝国に出向いていた。

課長の軌跡


 特務支援課課長。飄々とした性格で煙に巻くのが得意。
 腐敗の進んだクロスベルという難しい地で、上部から圧力をかけられる任務も遂行させる手腕を持つ。

追加メンバー(碧の軌跡にて追加された人員)

ノエル


 警備隊より出向してきた。車両の移動では随一の腕。追跡などの際に活躍する。

無題


 気まぐれからか、臨時メンバーとして加入。
 ホストもこなし、独自のルーツと見識でクロスベルの裏の情報をよく知る人物だが、真の顔もあった。

銀の月


劇団「アルカンシェル」のナンバー2女優。
厳密には警察ではないが、もう一つの顔が露見してからは正式に支援課のメンバーとして活動している。

将来的メンバー(創の軌跡以後で追加される予定)

ユウナ・クロフォード


 特務支援課の活躍に憧れ、クロスベル警察学校に入学した少女。
 ただし、エレボニア帝国侵攻によりクロスベルが植民地となった折に、警察学校改め軍警学校で教官陣・上層部と対立したために全単位取り消しを受けて事実上退学処分となるが、その際臨時教官を務めたクレア・リーヴェルトの計らいを受け、帝国内のトールズ士官学院・第Ⅱ分校に取り消された単位取得の名目兼クロスベルの密偵で転学することになった。

ちなみに、PSP版・PS VITA『Evolution』版では一切登場していない。

創の軌跡ではプロローグでの衛士隊残党のクーデターに、特務支援課の一員としてオルキスタワー突入に協力した。


その他

【碧の軌跡】キーア


 零の軌跡で救出された、記憶喪失の少女。特務支援課でロイド達と生活している。『閃の軌跡Ⅳ』では魔女の長ローゼリアレン・ブライトとともに敵の本拠地を解析した。

ごはん~


 (登録上の扱いは)警察犬。その正体は神狼であり、特務支援課を見守っている。

  • コッペ
 猫。彼?からすると特務支援課のメンバーは飼い主ではなく「同居人達」である。

  • 少年特務支援課
 通称、JSSS。ジオフロントで支援課が助けた二人の少年リュウとアンリに更に友達のモモが加わった。彼らに憧れて、その真似を始めたのだが最初。だが、これが驚きで子供故のフットワークの軽さなどを最大限に生かし、支援課やⅦ組に情報提供を行っている将来有望な子供たち。クロスベル再事変でも新総統の演説とそれによる洗脳を警戒する洞察力はルーファスからも高く評価されている。
 モチーフは言わずと知れた少年探偵団

関連タグ

零の軌跡 碧の軌跡 クロスベル警察 クロスベル自治州

リベール組――――D∴G教団の事件及び西ゼムリア通商会議に端を発した独立国の事件で共闘した仲間。

――――立場上は侵略者だが、リーダー同士が惹かれあうものを感じ、更に身の上などのシンパシーを抱き共闘する。

新生帝国解放戦線――――リーダーが支援課の怨敵だが、それ故に実力を熟知していたために共闘する。






















クロスベルの英雄

再独立と挫折

創の軌跡では衛士隊による占拠からクロスベルを解放し、再独立の調印式を迎えようとしていた。これまでの活躍から、市民は特務支援課を『クロスベルの英雄』として称えた。しかし、市民はもちろんだがロイド達自身も気付いていなかった。

きっと、ここから先は"俺たち"次第なんだろう

正に調印が成されようとしたときに黒の衛士とルーファス・アルバレアの襲撃を受ける。ロイド達は当然ながら阻止しようと応戦するが、ルーファスの圧倒的な力の前で敗れる。

独立の象徴である支援課の敗北に市民の心は折られ、新総統によるクロスベル統一国を受け入れてしまった。そして、何よりも独立を目指していたロイド達自身が折れてしまった。

支援課の在り方と再起

彼ら自身は自分達を英雄だと思ってはいなかった。しかし、D∴G教団と碧の大樹、そして解放作戦といくつもの事件を解決する内に人々は支援課を英雄視し、ロイド達自身もそれに応えようと奮戦してきた

絶対に守ってみせる――特務支援課(俺たち)が!!

それが結果としてロイド達自身を歪ませることになっていき、自分では一度も思ったことのない『クロスベルの英雄』という幻想に自らを当てはめてしまった

特に創設メンバーの四人はそれが顕著であり、途中参加のワジ、ノエル、リーシャの三人は再独立の調印式の日以前から薄々とその歪みに気付いていたのだった。

が、支援課が元々は警察の一部署であり、支援課の在り方とは何かをかつての敵と仲間に諭されてロイド達は再起、改めてクロスベルの再独立の為に戦うことを誓った。独立の象徴英雄ではなく、クロスベル警察ひいては一クロスベル市民として。

そして、Ⅶ組リベールの仲間影で動く者達と共に戦いぬき、再独立を勝ち取った

そして、ロイドは再独立の調印式のスピーチに立つ。事件の元凶から聞いた3年もせずに訪れる危機を仲間と共に乗り越えると誓って………

関連記事

親記事

クロスベル警察 くろすべるけいさつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「特務支援課」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「特務支援課」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336925

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました