ピクシブ百科事典

ロイド・バニングス

ろいどばにんぐす

ロイド・バニングスとは、日本ファルコムが発売している「英雄伝説 零の軌跡」に登場する主人公。
目次[非表示]

これより、クロスベル警察特務支援課、強制捜査を開始する!

CV:柿原徹也

概要

初登場時はクロスベル警察の新米捜査官。新設された部署・特務支援課に配属された。
上司であるセルゲイ・ロウ特務支援課課長いわく、ロイドを引き取りたい部署がいくつかあったとの事。

出自

ガイ&ロイド兄弟


クロスベル自治州・クロスベル市生まれ。両親は幼少期に飛行船の墜落事故により死亡し、10歳年上の兄であるガイ・バニングスと、姉的存在でのちにガイの婚約者となるセシル・ノイエス一家の下で育った。

しかし、本編開始の3年前に兄・ガイが捜査中の案件で殉職。兄・ガイの死後はカルバード共和国に住む叔父に身を寄せ、2年過ごした後クロスベル警察学校に入学、寄宿学校かつ郊外のノックス樹林の中にあるためこの間はクロスベル市内に出向くことはなかった。捜査官課程修了後、捜査官試験を一発で合格。このことからロイドはエリートであるが、本人に自覚はない(ロイドにとって兄・ガイの存在が大きすぎる故に自己評価が低い)。

零の軌跡

特務支援課


クロスベル警察捜査官着任が決まり、カルバードの叔父の元を発ってクロスベルに帰郷。そして、警察本部で着任の挨拶をするとともに、セルゲイに案内されて、新設部署・特務支援課に配属されることを告げられる。捜査会議室では、同じ支援課に配属されるエリィランディティオと顔を合わせる。

【ゼムリア大陸通商会議】タロットカード【0:愚者】


仕事内容がさながら遊撃士への対抗の部署と言われ、序盤ではミッション失敗の直前、兄のかつての同僚であり今は遊撃士に転じたアリオス・マクレインの助けも得る一幕や捜査一課・アレックス・ダドリーからの誹りもありながらも、捜査を行っていくが、マフィア・ルバーチェ商会との一件にて狼・ツァイトの助けを受け、その後特務支援課の一員となる。

《黒の競売会》の調査


さらに中盤ではクロスベル市議会議長・ハルトマンが保養地ミシュラムにて行っている「黒の競売会」に特務支援課で潜入、この時は正装に着替えていた。その出品のひとつに、トランクに入れられていた人形と思われたのが実は少女で、それがキーアだった。そのままにしておくわけにも行かないため、キーアは特務支援課で保護されることになる。

終盤、クロスベルで蔓延する薬物・「グノーシス」。そのグノーシスを流していたのは聖ウルスラ医科大学教授で、その正体・D∴G教団最後の司祭ヨアヒム・ギュンターだった。グノーシスを投与され、特務支援課に襲い掛かるのはクロスベル警備隊・マフィアと、その猛攻は凄まじかったが、クロスベル郊外・古戦場奥地の太陽の神殿にて遊撃士エステル・ブライトヨシュア・ブライトの助けを借り、ヨアヒムの捕縛を図る。

しかし、グノーシスによって魔人化したヨアヒムに返り討ちにされる直前・機械人形「パテル=マテル」に乗って攻撃するレンによりヨアヒムが怯み、反撃に売って出て無力化に追い込むが、グノーシスの副作用でヨアヒムは身体が瓦解し、死亡。逮捕は叶わず、ロイドは悔やむ一言を述べたが、隠されていたクロスベルの腐敗や暗部が明るみに出ることになった。後にこのヨアヒムの一件は『教団事件』として特務支援課の活躍のひとつとして語られることになる。

碧の軌跡

特務支援課


教団事件は最後の一幕が残っており、冒頭ではカルバード共和国最西部にある、旧D∴G教団拠点アルタイル・ロッジに逃げ込んだハルトマン元議長と、ヨアヒムの意志を継がんとする元市長秘書アーネスト・ライズの捕縛のためロイドは捜査一課の研修を兼ねてクロスベル警備隊のノエル・シーカー、そしてロイドへの指導役としてダドリー、アリオスとともに向かった。ロッジ最奥でアーネストはグノーシスを服用して襲い掛かるが、ロイド達の反撃を受けたうえ、ヨアヒムと同じような「叡智」を得られないどころか、最後は副作用を起こして体の瓦解を起こしてしまう。

これを後から駆け付けた七耀教会騎士ケビン・グラハムが法術をもってアーネストの魔人を解き、身柄を無事確保するとともに、捜査一課の研修も成功裏に終える。

解決後、一躍特務支援課がクロスベルの英雄として市民の支持を得るようになり、後に後輩となるユウナもこの直後にクロスベル警察学校に入学するほどである(ただし、初代版では描かれていない。ユウナの項を参照。)。

支援課も増員が行われ、冒頭のアーネスト逮捕でも共闘したノエルは引き続き出向という形でメンバーとなり、これに加えて不良軍団「テスタメント」を離脱したワジ(実は正体あり。ワジの項参照。)が新メンバーとなる。


中盤でディーター・クロイスクロスベル市長がクロスベル共和国建国を宣言し、自らは大統領に就任。その野望の障害と断じられたロイドたち特務支援課一同は、遊撃士を一時辞して国防長官に就任したアリオスと国防軍に組み込まれたノエルに無力化され、ロイドはクロスベル拘置所に収監されてしまう。

また、キーアも大統領側に引き渡され、ディーター、そしてその娘マリアベルの企てた野望が実現するための道具とされる。

その後、拘置所よりガルシアの助力の元脱出し、ノックス樹海に逃れるものの次第に追い詰められ、ついには国防軍兵士によって完全包囲され万事休すという場面で、巨大な狼が現れ、ロイドを救い出す。

去れ。偽りの聖地を守る兵どもよ。この者は我が預からせてもらう。

恐怖を見たのか、国防軍兵士は蜘蛛の子を散らすように撤収するが、この顛末を見たロイドは半ば呆れながら、

これだけは一言言わせてくれ・・・ツァイト!さすがにタイミング良すぎだろう!!

助けに来た巨大な狼はツァイトの真の姿であった。ロイドを背に乗せてクロスベル東の国境周辺に移動するさなか、ツァイトは人語を扱いながら、自身がクロスベルの伝説に伝わる「神狼」であることを告げ、大崩壊から今までの1200年間にクロスベルで起きたことを語り、今度の事件の顛末、そして黒幕たる存在を告げた。東の国境近くにたどり着くと、そこではワジが待っており、自身の正体・「星杯騎士団守護騎士第九位・蒼の聖典」と告げ、ワジの所有する飛空艇・「メルカバ玖号機」に乗り、ティオ・リーシャ・ランディ・ノエル、そしてエリィと合流していく。

絆イベント ノエル編


特にノエル合流時には

俺が君に勝ったら、俺が君を貰う

と、とんでもない一言を述べている。

そしてクロスベル共和国の不当性をエリィとともに救い出されたエリィの祖父・ヘンリー・マクダエル議長が宣言したことによりディーター大統領・国防軍を追い詰め、ディーターの身柄を確保。

そして、キーアを捕らえていた黒幕・マリアベルとイアンが待つ碧の大樹に向かう。途中シャーリィヴァルドシグムント、アリオスと立ちはだかるマリアベルの配下を蹴散らしていく。アリオスとの戦いでは、兄・ガイの最期と手にかけた人物がイアンだと看破した。

そしてマリアベルを無力化するが、そこでキーアが力が暴走して碧のデミウルゴスとなり、壮絶な戦いの末にキーアを救出する。なお、マリアベルはいずれにせよクロスベルを去る腹づもりだったため、ロイドたちが眼前にしていながら逃亡されてしまった。

閃の軌跡Ⅱ

閃の軌跡の好きな場面


クロスベルがエレボニア帝国に占領された後、クロスベル警察各員、ひいては特務支援課メンバーがクロスベル総督ルーファス・アルバレアより厳重な監視を受ける中、比較的マークが薄かったリーシャと共にジオフロントに侵入して集中端末室を目指すが、そこで臨時帝国武官として赴任していたリィンアルティナと戦闘になった。

閃の軌跡Ⅳ

無題


閃の軌跡Ⅲ』ではエレボニア帝国に出向しているランディやティオを除くメンバーと共にミシュラムに軟禁されていたが、トールズ士官学院・第Ⅱ分校新Ⅶ組が事件を解決したことによってその軟禁を解かれる。

『Ⅳ』冒頭ではオルキスタワー・魔導区画にエリィとキーア、そしてかつて教団事件にて協力したエステル・ヨシュア・レンの6人で潜入し、今現在の世界情勢を知ることになる。

その後エリィとともに別働で動いていたが、儀礼艦パンタグリュエルにて行われたミルディーヌ公女が主宰する「千の陽炎作戦」の会席にて、ランディ・ティオ・キーアと合流、特務支援課オリジナルメンバーが再結集した。

そこに急襲をかけたのが帝国皇太子セドリックだった。これにロイドも戦うことになるが、セドリックに協力するのは結社「身喰らう蛇」と猟兵団「赤い星座」で、完全に押された状況となってしまう。ところがそこに現れたのはオリヴァルト皇子駆る新型巡洋艦・「カレイジャスⅡ」で、セドリックや結社・猟兵の軍勢をここで退却させ、オリヴァルトは《光まとう翼》として第3の道を提唱、これにロイドをはじめとする特務支援課もその一員として《巨イナル黄昏》を止めるべく
活動、リィンたちに協力することになる。

特務支援課


最終決戦では幻想機動要塞のバリアを張る「塩の杭」にロイドは特務支援課オリジナルメンバー…エリィ・ランディ・ティオ、そしてキーアとともに攻略に向かい、これを制圧。さらには全ての元凶との戦いにも参戦した。

クロスベル トンファー組( 落書き#3 )


第Ⅱ分校に転学していた後輩・ユウナとは本作最終章・クロスベルの緊急クエストにて初めて共闘する機会が生まれ、ロイドはもちろんのこと、ユウナ自身も特務支援課との初共闘には心躍ったといえる。

創の軌跡

SSS_#13 創の軌跡CD


リィンと仮面の男・Cとならび主人公の一人として登場。物語は帝国からギリアス・オズボーン宰相の死が公表され、それから1カ月後、ロイドを始めとする特務支援課の活躍により遂にクロスベルは再独立に進もうとしていたところから展開される。

待ちわびた再独立の調印式の日。そこへ突如として投獄されていたはずのルーファスが「総統」と名乗り、衛士隊を率いて乱入。
ロイドたちが決死の反抗するもロイドがルーファスの一刀によって斬り伏せられ、やむなく郊外へ撤退、湖畔のボート小屋にてリーシャの看護を受けた後、いったんアルモリカ村に移動、エリィらと合流するなどで反抗に出ることとなった。

その後、黄昏で共闘したリィンたちⅦ組、さらには新生帝国解放戦線と、C…本物のルーファスと共闘し、ついにはルーファス総統・その正体は機械人形を打倒するが、真の黒幕がその裏にはいた。

最終決戦地・『逆しまのバベル』にて、黒幕を打倒するが、黒幕は最後の悪あがきにより、バベルの兵器・「天の雷」が「人間の憎悪が最も集まる地を標的とし、大陸からすべての憎悪が消え去るまで撃ち続ける」ように設定されてしまう。それは憎悪が人間誰しもが持つ感情であるため、人間すべてが標的となったに等しかった。

これを許さぬようひとりバベルに残ったルーファスは、バベル内部より演説して、憎悪を自らに向けるように誘導し、天の雷によりバベルが消滅するように仕向けるが、ルーファスと長く戦ったラピスより「ルーファスを・・・助けて!!」と叫び、激戦で疲弊した一行は互いに顔を見合わせる。そんな中で立ち上がったのは、

その支援要請、受け取った!

ロイドだった。そしてルーファスを助けるために彼の弟・ユーシスと、奇縁に導かれるまま共に旅路を歩んだラピス・スウィンナーディアが立ち上がり、ツァイトの力でバベル内部に転移する。

中では最期を待つルーファスに対し、ロイドは警察手帳を突き出しながらルーファスに

『ルーファス・アルバレア公子。あなたを強制連行する』
『脱走を筆頭に諸々ありそうだが、何よりも・・・』

最後の最後で自分自身が紡いだ絆を甘く見た容疑で。

これにはさすがのルーファスも連行に応じるしかなく、ツァイトの力でバベルを脱出、その1分後にバベルは天の雷により消滅した。

対人関係

特務支援課――ロイドの職場の同僚。警察学校を出たのはロイドのみという寄せ集めに等しいメンバーであったが、遊撃士や警察と異なる視点からの捜査活動を通して成長し、新たなメンバーと共に強固なチームワークを育んでいき、キーアの加入も相まって、家族にも等しい絆で結ばれる。尚、ゲームの進め方にもよるが同僚の中で明確に女性として意識しているのはエリィだけである。
ガイ・バニングス――ロイドの兄にして、永遠の目標。本編開始の三年前に殉職してしまったが、彼の志と姿は敵味方問わずに大きな影響を与えている。

エステル・ブライト ヨシュア・ブライト――クロスベルの遊撃士協会支部に赴任したリベールの遊撃士。ある事件で知り合い、互いにフォローしていく。その後、大陸全土を巻き込んだ戦いとクロスベル独立も協力していく。
リィン・シュバルツァー――帝国によるクロスベル占領時に一度だけ交戦。痛み分けという形で見逃して貰って以来、お互いに強く印象に残った。そして、閃の軌跡Ⅳで再会して以後、エステルやヨシュアと共に大陸全土を巻き込んだ戦いに身を投じる。


ユウナ・クロフォード--初代版では描かれていないが、自宅がロイドが長く過ごしたアパート・ベルハイムで、いわばご近所さん同士でもあった。もちろん影響も大きく、ロイドら特務支援課の活躍に憧れてクロスベル警察学校に入学するほど。前述の通り『閃Ⅳ』終盤のクエストや『創』冒頭の旧総督親衛隊制圧でも共闘した。
ルーファス・アルバレア――帝国の属州となったクロスベルの総督。鳥籠作戦で動けなくするなど、ルーファスからは最大限に警戒されていた。その後、数奇な運命の下で共通の敵に立ち向かうこととなる。

バトルスタイル

Lloyd Bannings


登場作品を通じて得物は制圧用のトンファー。かつて兄・ガイも得物にしていたもので、警察式の制圧術を用いて戦い、後輩のユウナにも影響を与えた。
パラメータでは特務支援課メンバーの中で物理防御力が一番高く、いわゆるパーティの『盾』となる傾向ではあるが、物理攻撃力もランディにこそ譲るものの見劣りしない能力を持ち、典型的前衛キャラクターである。
クラフトでは自己強化クラフト「バーニングハート」の性能が高く、『零』『碧』では能力アップを続けることができ、『閃Ⅳ』『創』ではオーダーゲージ回復能力が追加され、多く多用しながら戦うことができるが、かけ続けないと気絶の弱点もあるため、使用時は注意を要する。

人物

基本的に職務に真面目で冷静だが、時々思い切りの良さと熱さを見せている。

弟系草食男子を装った喰いまくりのリア充野郎」。とヨナに罵倒混じりで渾名をつけられるほどの天然ジゴロで平然と口説いているかのようなクサイ台詞を放ちコロコロと女を落としかける(落としていっている)がこれも本人には自覚がない。このため、無自覚鈍感と批評されることが多い。

ワジからは「幼いころから、その片鱗を見せている」と茶化されてしまうほか、ミシュラム・ワンダーランドの占い師も「彼には魔性がある。」と告げられるほど。女だけでなく男もトキメかせることがあるので「女たらし」ではなく人たらしであると思われる。そのせいか攻略王、または攻略王ロイドと言われる。

他では料理も得意で、ゲーム中で作れる料理の中で苦手料理はスイーツ系のみという設定である。

また、『創』では特務支援課メンバーでバイクの運転ができる一人である。

関連タグ

零の軌跡 碧の軌跡 閃の軌跡Ⅱ 閃の軌跡Ⅳ みんな集まれ!ファルコム学園クロスベル自治州 クロスベル警察 特務支援課

特務支援課の仲間

 セルゲイ・ロウ エリィ・マクダエル ランディ・オルランド ティオ・プラトー キーア ノエル・シーカー ワジ・ヘミスフィア リーシャ・マオ ツァイト ユウナ・クロフォード

クロスベル警察での仲間

アレックス・ダドリー フラン・シーカー

身内

ガイ・バニングス - 実兄。ただし、ロイドの着任前に殉職した。
セシル・ノイエス - 兄・ガイの婚約者だったが、実質ロイドの姉代わりでもある。

関連記事

親記事

特務支援課 とくむしえんか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイド・バニングス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 619273

コメント