ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ケビン・グラハム

けびんぐらはむ

ケビン・グラハムとは空の軌跡シリーズに登場するキャラクターである。「the 3rd」では主人公となった。
目次 [非表示]

CV:中尾良平

概要

七耀教会の神父としてエステル達の前に登場したが、後に輝く環(オーリオール)の調査の為にリベールに来たことを明かす。


年齢21歳(空の軌跡SC時点)

その特徴的な緑のツンツン頭からファンや一部のキャラから『ネギ』や『ネギ神父』の愛称で呼ばれている


関西弁で話し、気さくでムードメーカーと言っても良い存在であるが怪しい行動も多い。エステルに近付いた理由については物語終盤で明かされる。また、SCのエンディングでは、エステル達に敗れ逃亡したワイスマンを塩の杭を使い殺害している。


the3rdではその正体が明かされるが、彼の正体は七耀教会の星杯騎士団の守護騎士(ドミニオン)の一人であり第5位で、通称【外法狩り】。


SCでワイスマンを殺害したのは彼が外法と認定されていたためである。星痕を解放することにより真の力を引き出すことが出来るが、この力を得た際に暴走し代わりであったルフィナ・アルジェントを殺害してしまったことを悔いており、彼が外法狩りを続けているのはその罪滅ぼしでもある。ちなみに、ルフィナを殺めてしまう遠因を作った人物は彼の外法狩りの最初のターゲットとして既に抹殺済み。3rdにて人ならざる者として再びケビンの前に立ちはだかった辺り、ケビンは狩る時にかなり惨たらしい殺り方を選んだことが窺える。


このことは終盤までパートナーであるリース・アルジェントにさえ、秘密にしており自分の中で背負い込んでいたが、最終的にはリースに支えてもらうことで克服、当時取り込んだアーティファクトの魔槍ロアだけでなく聖槍ウルを扱えるようになる。






その後碧の軌跡ではthe3rdのEDで言ってたように二つ名が【千の護り手】に変わっている。この二つ名はルフィナ・アルジェントが千の腕と呼ばれていたことに由来している。


D∴G教団の残党狩りのために共和国のアルタイル市のロッジを強襲したロイド達に協力、グノーシスの暴走により肉体が崩壊寸前だった元秘書アーネストを救うことに成功する。


実は過去にD∴G教団の襲撃事件にも参加しており、the 3rdの煉獄にいたエルマーはその際救えずに命を奪った被験者であった、この事件で1週間寝込む程のショックを受けており同じく参加していたアリオス・マクレインにお世話になったらしい。


リースを一巡回シスターとしてクロスベル自治州に潜入させて暗躍、終盤のクロスベル奪還作戦ではメルカバを使った陽動作戦要因として神機アイオーンβの囮となる。

至宝の力で極限にまで強化されていたため苦戦を強いられていたが最後の奥の手としてかつて自分の聖痕のコピーである影の王が使用した技【聖痕砲メギデルス】を使い何とか撃退に成功する。




閃の軌跡ⅣではEDに登場。




創の軌跡では顔出しはなかったものの終盤の最終決戦で副長をはじめとする4人の守護騎士と5機のメルカバをかって援護にまわった。


黎の軌跡では登場しないが、主人公のヴァン・アークライドと面識があることが判明。

EDでは他の守護騎士達と共に亡くなっていたと思われていた元騎士バルクホルンの出迎えに顔を出している様子が窺えた。


余談だが本作では守護騎士の紹介の際に現存判明している守護騎士が一同に介している一枚絵の中で彼だけ登場していないというミスがあった。(なお後のアップデートで彼も映っている一枚絵に差し替えられた)


対人関係

リベール組--ワイスマンを始末するために利用するべく近づいた…………筈だったのだが、教会の異端者に利用されたヨシュアの存在やエステルに感化されたのか、死んでも良いはずの彼らに情が移り、《影の国》の事件を経て仲間となる。


リース・アルジェント--教会に引き取られてからの幼馴染み。ルフィナの死後、リースがケビンの従騎士になるまで疎遠であったが、影の国の事件で自身のトラウマを全て明かし、ともにルフィナの意志を継ぐ事になる。


ルフィナ・アルジェント--母の死後、ケビンを強引に連れて行った聖杯騎士団の騎士。彼女が強引に食べさせたチョコレートの味が忘れられないものとなり、同時にケビンの心を救った。それ故、彼女の死がケビンのトラウマとなる。


エステル・ブライトヨシュア・ブライト--共に戦う内に情が移ったルフィナやリースともまた違うケビンの転機。ヨシュアについては、ワイスマンを出し抜くために一芝居打っていた。また、支え合える人がいるヨシュアをケビンは羨んでいたが、後にケビンにもその人がいたことに気付く。


ワジ・ヘミスフィア--同じ星杯騎士。クロスベルの事件で長年潜入調査をしており特務支援課メンバーとして大樹事件で活動する彼のバックアップとして参戦している。


ロイド・バニングス--アルタイルロッジの残党狩りで知り合った特務支援課リーダー、本来もう間に合わなかったはずだったアーネストを必死な声援で一命を取り留める事に成功した事から彼を認めるようになり、大樹事件でも協力関係を結んでいる。


アリオス・マクレイン--クロスベルのA級遊撃士、教団殲滅戦で共闘した事もあり当時守護騎士になりたてな中下記での出来事もあり色々とお世話になっていたようである。


ヴァン・アークライド――共和国首都を拠点にする裏解決屋。いつ、どこでかは不明だが面識がある。


オーウェン――汚職で教会から追放された逆恨みで紫苑の家を襲わせた典礼省の司教。つまりはルフィナの間接的な仇でケビンが最初に殺した外法。


エルマー――カシウスの掃討作戦の対象から漏れていたD∴G教団のロッジの中でも最悪の部類に入るロッジの被害者。古代遺物の実験で満たされない飢えに苛まれる人喰いの化け物にされ、法術で元に戻すこともできず、殺すことでしか救えなかった子供。冷徹に外法を滅したケビンもこの事件だけは一週間程寝込んでしまうトラウマとなってしまう。


関連イラスト

ケビン・グラハムケビンとリース


関連タグ

空の軌跡 星杯騎士団 関西弁

リース・アルジェント ルフィナ・アルジェント


ケビリス


歴代主人公

エステル・ブライト ロイド・バニングス リィン・シュバルツァー C ヴァン・アークライド


ゼノ…猟兵団【西風の旅団】の団員でケビン同様関西弁をしゃべる緑髪の青年。(おそらく同郷出身と思われる)

関連記事

親記事

星杯騎士団 ぐらーるりったー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82162

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました