ピクシブ百科事典

CV:上田麗奈

「……だからこそ私と違って“本物”なんでしょうけど。」

概要

18歳。
二十年前にカルバード共和国で普及し始めた導力映画に出演する女優。

美貌に加えて東方系では最高峰の若手女優で自然体の演技が見る者を魅了する。同じ東方系であるアーロンからは「あえて東方人らしさを出していない」と評されている。また彼女の出演する作品を見たヴァンディンゴは彼女の演技の下に強靭な意思が秘められている事を見抜いた。

同じ事務所の先輩でトップスターのジュディス・ランスターが万能型ならば、ニナは憑依型と表現されるある種の天才肌の女優。

先輩のジュディスとはライバルであると共に親しい仲。彼女の性格を把握しているせいか何処か保護者目線で接している部分があり、当人からはその点を不満に思われている。

ディルク自然公園で映画の撮影に参加している時に魔獣に襲われてしまい、偶々依頼で訪れていた《アークライド解決事務所》の面々に助けられ知己を得ることに。その後自身とジュディスが参加する予定である「サルバッド映画祭」に脅迫状が届いた事から、以前トラブルで世話になったディンゴに仲介を頼み、アークライド解決事務所にサルバッド映画祭の警備を依頼する。

関連タグ

黎の軌跡 ジュディス・ランスター カルバード共和国























ニナには謎が多く、ディルク自然公園で邂逅する前にアラミス高等学校の制服を着た彼女(ネクタイの色から2年生以上である事が分かる)とヴァンが夜の映画館で遭遇している。アラミス高等学校の生徒であるなら在校生であるレンやアニエスが存在を知っているはずである(最も変装の可能性もあるが)

ジュディスによると、アラミスの学生寮近くにあるパティスリー《アンダルシア》のケーキを差し入れで良く持ってくるらしい。

が、見出しの台詞にあるようにニナは自分自身も自然体故の卓越した演技力や美貌を持ちながらもただ単に偉大な先輩としてジュディスを尊敬している訳ではないようである。

まるで、自分が偽物の女優であるかのように。

第5章でアルマータが引き起こした事件の真相や今後の展開を予測し、最終章での動向も何者かの命令で監視しているかのような素振りがある。

終盤で首都が“汎魔化”した際には僧兵庁に所属する隠密部隊《イスカリオ》の副長であるアシュラッドに対して何らかの合図を送っている。また誰も居ないにも関わらず、額に手を当てて何者かと会話を交わしている場面がある。
その場面に出くわしたアークライド解決事務所の面々には「演技の世界に入り込んでいる」と誤魔化したが、同行していたベルガルドは何か気付いた様子を見せている。

また気になる点として教会の僧兵長の代替わりと彼女の女優デビューが同時期だった点などもある。



また、彼女が主演する映画の一つを見たレンは彼女のずば抜けた才覚については同じ天才である事を知りながらも、得体の知れない不気味さを感じ取っていた。

関連記事

親記事

カルバード共和国 かるばーどきょうわこく

兄弟記事

コメント