ピクシブ百科事典

エマ・ミルスティン

えまみるすてぃん

エマ・ミルスティンとは、「英雄伝説 閃の軌跡」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「想いを伝えれば、ちゃんと解ってくれますから。」

概要

CV:早見沙織

眼鏡三つ編みが印象的な帝国の辺境出身の奨学生である。
面倒見のいい委員長として、身分に関係なくクラス全員から信頼されている。

全体的にスタイルの良いメンバーが揃ったⅦ組メンバーの中でも随一の巨乳であり、そのためよくフィーミリアムに茶化され、本人も気にしているようである。

平民出身で実家も裕福ではないが、高等教育には興味があったため、奨学金制度が充実していた士官学院を目指して見事トップの成績で入学した。祖母に教わったハーブの知識が豊富で、古い伝承やおまじないなどにも詳しいようである。治癒や鍵の開錠に使った力は最初こそ「本で読んだ」などとごまかしていたが、レグラムでの実習では開き直っているとも取れる態度だった。

学院では文芸部に入部するが、文芸部の部長が度々そっちの道へと引き込もうとしてくることに頭を悩ませている。
学園祭のライブでは女子のボーカルを担当。決まった当初は大勢の人前に立つこととそこそこ高い露出度の衣装を着ることに躊躇していたものの、途中から半ば自棄になって練習に臨み、見事にやり遂げている。

同じ寮のリィン・シュバルツァーアリサ・ラインフォルトたちに内緒でセリーヌという黒猫を飼っている。

総じて多くの謎を抱えているが、その素性は「閃」本編ではあまり明かされなかった。

性能

アーツ主体で戦うキャラであり、クローゼやティオ同様、ライン一直線タイプだがメイン属性はオリビエ・レンハイムと同じ「幻」属性。Sクラフトの習得がメインメンバーの中で最も遅いが、その分威力、範囲は最強クラス。その演出は過去の軌跡シリーズのとあるアーツとよく似ている。

閃の軌跡Ⅱ

魔女


レグラムにおいてラウラと共に合流した際、自身の正体を明かす。
魔女の一族である《魔女の眷属》(ヘクセンブリード)の末裔であり、セリーヌは使い魔であった。ヴィータ・クロチルダは姉弟子に当たり「姉さん」と呼んでいる。士官学院に入学したのは、旧校舎の地下に封印されていた「巨いなる力」の行く末を見守る使命を帯びていたためである。
その正体を知りつつも何も警告できずⅦ組メンバー達を戦いに巻き込んでしまった事に負い目を感じていたが、リィンの励ましを受けて再びⅦ組メンバー達と共に行く事を選んだ。やがて共に戦っていく内に、与えられた使命のためではなく自分だけの道を歩みたいと思うようになる。

閃の軌跡Ⅲ

Emma Millstein


第二分校のクロスベル遠征の際、鬼の力が暴走しかけたリィンを助ける形で登場する。
トールズを卒業した後、故郷で長たる緋のローゼリアから秘術や帝国にまつわる歴史などを学び、クロチルダの行方を追いつつ、古の時代に魔女と地精が築いたとされる場所を探して旅をしていた。終盤の《黒き聖杯》では、ラウラ、ガイウスと共に結社最強の《鋼の聖女》、《火焔魔人》の二人と戦った。

関連タグ

閃の軌跡

関連記事

親記事

Ⅶ組 ななくみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エマ・ミルスティン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 936709

コメント