ピクシブ百科事典

ポルポ

ぽるぽ

「ジョジョの奇妙な冒険」第5部「黄金の風」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

『「侮辱する」という行為に対しては命を賭ける
殺人も神は許してくれると思っている!』

CV:岸祐二(PS2版)/石川英郎(TVアニメ版)

概要

ギャング組織「パッショーネ」の幹部。ポルポ(Polpo)はイタリア語で「タコ」を意味する。
寝転がっているとベッドと見間違えるほどの肥満体の巨漢。

罪状は不明だが、少なくとも15年以上の有罪判決を受けて刑務所に服役中。
とは言っても、歩くのさえ困難な巨体の為、自ら望んで刑務所にいるのであり、組織の影響力によってワインやピッツァなどを持ち込み、何不自由ない生活を送っている。本人曰く「不自由なのはシスティーナ礼拝堂のミケランジェロの壁画が見られない事くらい」であって、牢内にはゴッホゴーギャンの絵が飾ってあるほど。

ペリーコロの台詞によれば、「ボスがポルポに命令する時はスタンドに関する事のみだった」らしい。実際、組織への入団希望者に入団試験を課して、スタンド適正を見る試験官の役割を果たしている。
その試験の際、ジョルノ「人が人を選ぶにあたって一番大事な事は『信頼』だ。賢いとか才能があるかは問題ではない」と言い放ち、更に「この世で最も大切なのは『信頼』であるのなら、最も忌むべき事は『侮辱』すること」などと説くが、他人の生き死にには興味もなく、内心ではジョルノを「利用しやすい小僧」と嘲笑うゲスな本性の持ち主である。アニメ版ではガラス越しにクラッカーの食べカスをジョルノに向かって投げ捨てるなど性根の悪さが強調されている。また、(ボスにもいえることではあるが、)矢の扱いも微妙で、下記の老人を始めとする第三者などが、矢や刺された者の様子を目撃するリスクなどを考慮する素振りを見せなかった。

「矢の試練」に巻き込んだ無関係の老人を彼のスタンドが殺した為、その『命を侮辱した行為』はジョルノの逆鱗に触れることになる。そして「飲食をすると胃に血が行き頭がボーッとする」習性を利用され、ワインを飲んでいる隙にゴールド・エクスペリエンスの能力でバナナに偽装された拳銃を仕込まれる。それによって強制的に拳銃自殺させられ、矢ごとスタンドを破壊された。
ポルポが死亡したのはジョルノとの面会の翌日の朝だったので当然ジョルノには完全なアリバイが成立。ポルポの死は原因不明の自殺と扱われた。
なお、直属の部下であり彼にも気に入られていたと思わしいブチャラティはポルポの人間性を内心軽蔑しており、自殺の報せを聞いても「なぜ死んだのかはどうでもいい。ポルポは死んで当然のことをやってた幹部だからな」と悲しむ素振りなど一切見せず吐き捨てており葬式にも参列しなかった(その冷静さに加え、タイミング的にもブチャラティはポルポを殺した犯人がジョルノであることを察していた可能性が高い)。

死後、構成員達が参列した葬式が執り行われた事がホルマジオの口から語られているが、前述の巨体のせいで、遺体の火葬に難儀していた模様。隠し財産の6億円(アニメ版では100億リラ)はブチャラティのスティッキィ・フィンガーズで公衆トイレの便器の奥に隠させる形で保有しており、ズッケェロサーレーなど直属の部下ではない者達の噂に上るほど、その蓄財は有名だったようである。サーレーの「組織にも預けられないほどヤバい金」という台詞や彼の性格からして相当あくどいことして稼いだ金であることは間違いないのだろう。結局その隠し財産は、ブチャラティの手に渡り幹部昇格のための資金として組織に献上された。

ジョルノと面会した際、「クラッカーごと指を食べてしまったのに、何事もなかったかのように一瞬で元に戻る」という異様な描写があり、これを受けたジョルノがポルポをスタンド使いだと確信するというシーンがあるが、後述のブラック・サバスの描写にそのような能力は見られず、本当にポルポのスタンドの能力の一部だったのかは明かされなかった。(実体のある矢とともに、影に潜む技能の応用で、指ごと食べたふりをした可能性はなくはないが、ブラック・サバスは精密動作性に欠ける自動操縦型である。)
なお、ポルポのスタンドの由来になった「ブラック・サバス」のギタリストであるトニー=アイオミは若い頃の事故で指を切断しており、作中でポルポが食べてしまった指と同じ右手の中指と薬指であることから、海外のファンのあいだではブラック・サバスつながりで引用された描写と言われている。

ちなみにPS2版の声優は、同じ少年ジャンプの作品であるこちら葛飾区亀有公園前派出所「ボ」ル「ボ」のアニメ版の声優と同じ。

担当メンバー

ルカとポルポの死後、ジョルノが加入。ペリーコロからトリッシュ護衛の任務を与えられ、護衛チームとなる。

スタンド「ブラック・サバス

「矢の試練」を課す遠隔自動操縦型スタンド。詳細は「ブラック・サバス」の記事を参照。

ブラック・サバス


なお「矢の試練」とは「火を24時間消さず刑務所の前に持ってくる事」だが、それはハッタリである。むしろポルポにとって重要なのは火を消した場合に発生する事象の方である。
ライターを再点火した入団希望者を矢で貫き、それで生き延びればスタンド使いを増やすことができ、仮に馬鹿正直に火を点けたままでもそれはそれで利用価値がある人材を確保できるとポルポは見込んでいた。その上、スタンドの強さに絶対的自信があったためか撃退される事も視野に置いておらず、火を消してしまうという行為自体はどうでもよかったようである。
そもそもブラック・サバスと情報を共有している素振りすらなかったため、ジョルノが一度火を消してしまった事にすら気付いていない。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 パッショーネ スタンドの矢 パッショーネ幹部 ポルポの入団試験

関連記事

親記事

パッショーネ幹部 ぱっしょーねかんぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポルポ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163903

コメント