ピクシブ百科事典

ゴッホ

ごっほ

オランダの画家。フィンセント・ファン・ゴッホ。(Vincent van Gogh)(1853~1890)
目次[非表示]

概要

後期印象派を代表する画家のひとり。
印象派浮世絵に影響され、鮮烈な色彩と力強い線で描かれた作品が多い。
ゴッホ自身の非常に神経質な性格やその生涯から「炎の画家」と呼ばれている。
生前には作品が1枚しか売れず、死後に評価が高まった不遇の画家としても知られる。
かなりの変わり者である事と、激しい性格であるため、ゴーギャンとの衝突も避けられず自分の耳を切り落としてしまった
フランスから来た画家、シニャックとは仲が良く、彼が耳を切り落とした事件の際、見舞いに来ていた。
晩年は、精神的に不安定な状態が続いたため、療養生活を送りながらの生活となり、拳銃自殺により37年の短い生涯を閉じた。

代表作

ひまわり
『アルルの跳ね橋』
『夜のカフェテラス』
『タンギー爺さん』
自画像

関連タグ

画家 印象派 ゴーギャン シニャック

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッホ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267939

コメント