ピクシブ百科事典

自殺

じさつ

自分で自分の命を絶つこと。また比喩的に「自分にとって非常にダメージの大きい行為をしてしまう」ことも意味する。
目次[非表示]

概要

自殺とは、自分自身を殺すこと。
死に至らず不本意にも生存してしまった場合は「自殺未遂」という。
自身を殺すことを目的としない「自傷」とは区別される。

比喩的に「自分にとってダメージの大きい行為を自らやってしまうこと」を指すこともある。
サッカーなどの「自殺点」もこの範疇に入る(現在ではイメージが悪いため「オウンゴール」の呼称が主に使われている)。

Pixivでの自殺のイラストは、の描写のあるR-18Gのものが多い。

自殺問題

WHOによれば世界で年間約80万人とされている。

自殺率の高い国はベラルーシリトアニア韓国日本ロシアハンガリーなどであり、深刻な社会問題となっている。

大抵は若者より中高年、女性より男性の自殺率がはるかに高い。
まあ、中高年より若者の方に比率が高かったら、それはそれで問題だが。

中華人民共和国アメリカ合衆国は自殺率自体は高くないが、自殺者にしめる若者の比率が高いために大きな問題と認識されている。このうち中国は男性より女性の自殺者の方が多い、世界でも稀な国である。

かつては北欧諸国の自殺率が高かったが、社会ぐるみの自殺予防の取り組みにより改善がみられている。
というのも、WW1までの欧州国は列強・帝国主義であり、心身問わず障害者や劣等民族として生まれた人間は、死滅、もしくは自死すべき存在であるという思想が当然だと考えられていた為である。
まさに狂った思想であるのだが、100年ちょっと前までは、確かにあったのである。

この思想は現在でも水面下で残っており、自殺=個人の選択肢であるとする民間組織も存在する。
その上、安楽死が合法化されている国すらもある為、欧州では一概に「悪いこと」と断言出来ない。

かくいう「日本国」ですら、「安楽死」を合法化せよと主張する層が定期的に声を上げる。
某著名人ですら、自死の為に信頼できる知人に手伝ってもらったという事件もあったくらいで、現代のストレス社会でははっきりとした解決策が存在しない、難しい問題である。

だが、逆に言うと自殺が多いということは、他の死因で死ぬことがなかなかできないということでもあり、平和な証拠ともとれる。特に日本は他の死因が世界的に見ても低いため、どんなに頑張っても特に若者の死因が自殺が1位は揺るぎない。
例:日本のデータ(2019)
人口10万人当たりの死者数
自殺:約19人
交通事故:約2.5人
殺人:約0.3人
この下記二つの低さを見ても、日本が平和な証拠ともとれるだろう。

日本の自殺問題

男女合わせて年間3万人が自殺していると言われる。これは公表数字であるため、遺書が無いなど警察が自殺と断定できなかったものを含めるとその2倍とも3倍とも言われており、正確な数字は掴めていない。

「女性より男性の自殺率が圧倒的に高い」という世界的な傾向は日本も例外ではなく、自殺者の4分の3が男性である。また日本でも他国と同じく「中高年の自殺率が高い」傾向にあるものの20~30代の若年層の自殺率も中高年に迫るほどの高さであり(ただし10代の自殺率は他国と同じく低め)、少子化が進む日本では重大な問題である。

昔から精神論根性論が根強い日本においては、「情けない」「弱虫」「現実から逃げただけ」「人間失格だ」などの批判的な意見もいまだに多いが、現実にはうつ病や躁うつ病の症状で死を望むようになる「希死念慮」というものがあり、自殺者には治療を受けている者もいない者も含めてこの患者が多く含まれている。

また、自殺者を非難することで、「自殺をするような弱い人間に育ててしまった」などとして遺族が自責の念をさらに強めてしまい苦しむ事も多い(実際には自殺原因には恋愛問題や職場での問題など様々であり家族に責がないことが多い)。
遺族や自殺未遂者を追い詰めるのは本当に止めよう。遺族を連鎖崩壊に追いやったり未遂者を既遂者にしてしまったり、自殺予防や遺族の心のケアに努力する支援者の活動をも阻害するだけである。
現在では政府の対策により数年間連続で下がっているが、それでも依然として高い。

実際に過重労働などで追い詰められた事のある人の中には、ふと通勤中の駅で目の前の線路を見て「一歩踏み出せば、苦しみから解放される」といった思いにとらわれて、衝動的に自殺を図りそうになってしまったことがある人もいるとのこと。

もし、あなたが自殺を考えている場合、いのちの電話などの相談機関を頼ってみるのを推奨する。どうか早まらないでほしい。
全国のいのちの電話
日本いのちの電話連盟

主な方法


主な原因

  • 病気(心理的な場合、うつ病など)
  • 失恋
  • いじめ
  • 家族等の大切な人の死
  • 過労死(過労自殺)
  • 無職(就職難)
  • 破産
  • ウェルテル効果
  • 受験失敗(韓国や中国などの苛烈な学歴社会の国で見られる)
  • 引責(死をもって償う、自責の念)
  • 太陽光を長時間浴びないことによる鬱(緯度が高い地域、前述の北欧やグリーンランドなど)
  • 無宗教(直接的な原因ではないが、無宗教の国は高い傾向にある)

また戦時弾圧下には強姦処刑拷問を回避するために自殺する者もいる。

類義語

自害 自決 自尽 自刃 自裁 自死

関連タグ

 殺人  自害 心中 心理 精神
死にたい しにたい 殺して
自爆 自爆テロ 自傷
自殺絵 自殺サークル 
自滅 自殺行為 手の込んだ自殺
自殺予防 生きろ うつ病

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「自殺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11337935

コメント