ピクシブ百科事典

自爆テロ

じばくてろ

自爆テロは実行者も被害を受けることを前提としたテロ行為のこと。
目次[非表示]

概要

実行者自身も被害を被る、たいていの場合死亡することを前提としたテロリズムを指し、9.11( アメリカ同時多発テロ )などが有名。英語ではsuicide terrorismkamikaze attack等と言う。

由来

自爆テロ」は英語の「suicide terrorism」( 自殺テロ )に相当するが、イスラム過激派の自爆攻撃は日本軍神風特攻隊( 神風 )からヒントを得たものであるとされ、和英辞書や英語圏の研究論文・メディアなどでは「kamikaze」と称される事例も存在し、イスラムの神風戦術の初期例としては、「神の党」( 1982年に結成されたレバノンシーア派イスラム主義の政治組織および武装組織、「ヒズボラ」として知られる )によるジハード( 努力・自爆攻撃 )が有名とされる。

メリットとデメリット

この行為のメリットとしては、「実行者の逃亡という動作がないため事前の発覚による不成功が減る」「実行者が高い確率死亡するため、その後の捜査で足がつきにくい」などがあげられるものの、デメリットも存在し、「不特定多数に被害が出やすく、支持者を失う恐れもある」ことや「そのような行為を実行させる人材を育成する必要がある」ことである。

戦争としての自爆テロ

大日本帝国においては徳富蘇峰( 明治から昭和戦後期にかけての日本のジャーナリスト、歴史家、思想家、当初平民主義を推していたが、国家膨脹主義に転向、昭和初期には東京日日新聞に所属していた )など、プロパガンダ的著述家等が「勝利」を主張特攻などの無謀な攻撃等を推進していたため、この点でも自爆テロと比較されやすく、カミカゼ( 神風, kamikaze )が自殺攻撃を指すのは、辞書の定義でも研究論文等でも共通しているものの、以下の相違点が存在し、そのためナチスドイツのエルベ特攻隊に比べると、自爆テロがカミカゼと呼ばれない例も無くはない。

  • 狭義の「特攻」:神風特攻隊による攻撃。「軍隊が軍隊( 軍事目標 )に」行う、軍事作戦内の自殺攻撃。
  • 自爆テロ:テロリストほか、主として非正規の軍事組織が( 民間をも含めた )目標に対して行う自殺攻撃。
ただしイスラム過激派やその指導者たちは、自殺攻撃・自爆テロを、イスラムを狙う異教徒や凶暴なに対する闘争( ジハード )と見なしている。
  • 例:「神の党」
2000年5月、「神の党」の指導者ハサン・ナスルッラーフは、イスラエル軍がレバノンから撤退した後に以下のように述べている。
>イスラエル核兵器や重兵器を所有しているかもしれないが、神から見ればクモの巣より脆い。
先の「神の党」と同様の発言と戦闘方法は、オサマ・ビン・ラディンも行っている。
>恐れを知らぬ勇敢なイスラムの若者が、アルコバールを爆破して、十字軍の軍隊は砂塵と消えた。死の恐怖によって脅されれば、彼らはこう答える。「私の死は勝利だ」と。

スラング

この言葉はスラングとして、「味方に不利な状況になるにもかかわらず、敵に不意打ちをかけようする」という場合などに使用される場合があり、民主党政権末期の解散総選挙を田中真紀子自爆テロ解散と評したことなどが知られる。

関連タグ

テロリズム 自爆 人間爆弾

含む言葉

自爆テロ解散 自爆テロ仕様

pixivに投稿された作品 pixivで「自爆テロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101280

コメント