ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

故意に起こす場合と事故として起きる場合がある。

故意の場合は放棄した兵器の機密保持や、衝突墜落による被害の軽減、燃料漏れによる二次災害の予防などを目的とした解体の最終手段として行われる事が多い。
あらかじめそのための機構を組み込んでおき、万一の際には遠隔操作で作動させる「指令破壊」と呼ばれる運用方法も存在する。
逆に、神風特攻隊自爆テロのように「死なば諸共」の精神で使用者ごと吹き飛ばす戦術として行われる事も時にある。

変わったところでは、自害の手段としてこれを選んだと伝わる松永久秀のような例もある。
「日本初の爆死というパワーワードぶりからネタ的に語られる事も多いが、信長に狙われていた)茶器ごと全てを灰燼に帰すためと考えれば、かえって上記のような手段の先駆者と評価できるかもしれない。

事故の場合は単純で、自然発火や容器の設計ミス等の理由による意図しない爆発である。
もちろん具体的な原因の究明や再発防止は単純ではなく、新規設計以上の時間や労力がかかる事も珍しくない。

後者から転じて、自滅と同じ用法で「自らの行いが原因で自ら損害を被る」事象全般を指して比喩的に用いられる事もある。
爆発どころか火気と一切関係の無い話にも使えてしまうのは、それだけ言葉としても強いパワーを持っているという事だろうか。

また、芸能創作物に於いて自らの黒歴史を曝して笑いを取ることも「自爆(ネタ)」と呼ばれる。

創作物における自爆

「ハイリスク・ハイリターンな超火力技」として現実よりずっとカジュアルに採用される傾向がある。特にHPの概念があるコンピュータゲームが顕著で、それさえ回復すれば同一人物が何度だって爆ぜる
メカアジトの類もいろいろな理由を付けて元通りに復活したり、そんな描写すら無く何事も無かったように再登場したりする事が稀によくある

もちろん悲劇自己犠牲としての自爆シーンも存在するが、所詮は台本上の話ゆえ、前後の展開に躓いてそうは見えないと判断されるとクソコラ要員にされたりシリアスな笑いを誘ったりする可能性もあり、演出としてもハイリスク・ハイリターンであると言える。

具体例はネタバレ防止のため、記事の最後に列挙している。

単なる誤記というか・・・

ひとりSMの一ジャンル「自縛プレイ」の誤変換。だが、自力脱出不可能な「嵌まり」に陥った場合、前出の「自滅」に該当する為、結果論的にあながち間違ってない表記となる。

関連タグ

爆発 爆弾 自滅

自爆技メガンテ メガザル じばく じばく(ポケモン) だいばくはつ ゆうばく ウルトラダイナマイト ファイナルエクスプロージョン

自爆フラグ 自爆するしかねぇ 獄殺自爆陣 自爆テロ仕様 自爆は勘弁してください 自爆営業 自爆テロ解散 自爆装置 自爆スイッチ 自爆ボタン

その他

鬱Pが投稿した楽曲(→外部リンク)。




















自爆したキャラクター

悲劇の自爆とされる例


自爆する敵


自爆しても蘇る猛者


自爆しても蘇るメカ

  • ヤマト(宇宙戦艦ヤマト復活篇)……『宇宙戦艦ヤマト完結編』の終盤でヤマトが自爆して断ち切った水惑星の水柱の名残の氷柱内にドックを建造して修復・改造を受け復活。
  • 水中バギー(FC用ソフト「ドラえもんギガゾンビの逆襲』」)・・・このゲーム内でのみ、ドラえもんのひみつ道具である「タイムふろしき」により修復され復活している
  • マジンガーZ(マジンガーZ)……頭部さえ無事ならすぐに直せるらしい。
  • ボスボロット(マジンガーZ)……スパロボに登場した時にも自爆技持ちだったが、スクラップでできているので修理代が異様に安かった。そのためアンソロなどでネタにされている。
  • ウイングガンダム(新機動戦記ガンダムW)……上記のヒイロ・ユイの乗機。ぶっ壊されても自爆されてもその都度蘇るすごい機体……なのだが劇中での扱いが非常に雑であり、1話で撃墜されたり、証拠隠滅なためにヒイロにぶっ壊されかけたり、自爆した後、ウイングガンダムと1対1で戦いたいがためにゼクスに修復されたは良いものの、ヒイロに搭乗を拒否されたり、挙句、ウイングを「目立つだけで価値がない」という理由で海中に捨てるなど散々な扱いを受けている(トロワも同様の理由でヘビーアームズを地球に放棄している)。
  • ガンダムサンドロック(新機動戦記ガンダムW)……ウイングガンダム同様、自爆したものの完璧に修理された。ウイングやサンドロック以外のガンダムも自爆こそしなかったが上記の通り乗り捨てられたり、見せしめに壊されたり強化を受けるためにわざわざ破壊されたりと、自爆させられる以外にも結構ぞんざいに扱われるのだが。
  • ウイングガンダムプロトゼロ(新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz 敗者たちの栄光)……TVアニメ版では一切自爆しなかったこの機体もEW仕様が活躍する漫画版ではトラントによって自爆する。後にゼロフレームを改修してEndlessWaltzでも有名なあのウイングゼロへと姿が変わった。
  • いじめてくん(戦え!軍人くん/いじめてくん)……いじめたくなる顔や言動をしている自律爆弾で、こらえきれずいじめると自爆するが本体は無事であり、なぐさめ大学生というロボが精神ケアをおこなう。その他女子高生型で誘惑してくるもげる外道兵器も。
  • ブロッケン(ワールドヒーローズパーフェクト)……究極奥義「ジャーマンエクスプロージョン」で自爆を敢行、爆風が飛び道具となって相手にダメージを与える。自爆しても即座に復活し、自分へのダメージもないため何回でも自爆可能。HEROゲージ最大時の場合は出始めにガード不能判定までつく。
  • アリサ・ボスコノビッチ(鉄拳6)……投げ技「スパムボム」は、おもむろに頭部を外して相手に渡し自爆してダメージを与える技である。頭部はそのあと永久機関によりなにごともなかったように再生する。韓国版ではこの描写がNGになり、ただの爆弾を渡す技になっている。
  • サイラックス(モータルコンバット)……FINISHER技として使用。自爆装置を作動させて相手を自分ごと爆発四散させる。
  • スモーク(モータルコンバット)……3作目に相手を地球ごと木っ端微塵にする技を使ってくる。大規模な自爆テロもいいところである。またスモークか。
  • オンくん(天才てれびくんYOU)……悪堕ちしていたが正気に戻り、全ての元凶たる謎の靄を道連れにした点では上述の「悲劇の自爆」にも該当。その後、唯一残されたマイクロチップを元にモジール王子が復元したことで復活した。
  • あどミン(天才てれびくんhello,)……厳密にはAIなのでロボではない上に修復といった行為もされていない。こちらもオンくんと同じく悪堕ちするが、後に善の個体が悪の個体から分離。悪の個体が討伐されたあと、善の個体は暴走を引き起こした電空もろとも自爆し消滅した。その後新たな敵に意識が囚われていることが判明し、最終的に救出された。

関連記事

親記事

爆発 ばくはつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「自爆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8051347

コメント