ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

故意に起こす場合と事故として起きる場合がある。


故意の場合は放棄した兵器の機密保持や、衝突墜落による被害の軽減、燃料漏れによる二次災害の予防などを目的とした解体の最終手段として行われる事が多い。

あらかじめそのための機構を組み込んでおき、万一の際には遠隔操作で作動させる「指令破壊」と呼ばれる運用方法も存在する。

逆に、神風特攻隊自爆テロのように「死なば諸共」の精神で使用者ごと敵を吹き飛ばす戦術として行われる事も時にある。


変わったところでは、自害の手段としてこれを選んだと伝わる松永久秀のような例もある。

「日本初の爆死というパワーワードぶりからネタ的に語られる事も多いが、信長に狙われていた)茶器ごと全てを灰燼に帰すためと考えれば、かえって上記のような手段の先駆者と評価できるかもしれない。


自然界でもマレーシアブルネイに生息するジバクアリ(学名Colobopsis saundersi、別名バクダンオオアリ、カミカゼアンツなど)の働きアリが、敵に襲われるとその名の通り自爆を行う。

もちろん爆薬によるものではなく、腹筋を収縮させて破裂して毒液を撒き散らす

この毒液は粘着性で敵を足止めすることができ、また仲間に敵襲を知らせる役割を果たすため、自分の命と引き換えに巣を守ることができる。

なんとも凄まじい生態だが、働きアリは基本的に自分が卵を産むことはなく、姉妹間で遺伝子が75%同じとされており、仲間と女王を守ることこそが自分の遺伝子を残すことに繋がるので、ジバクアリ自身にとっては合理的な手段のようだ。


事故の場合は単純で、自然発火や容器の設計ミス等の理由による意図しない爆発である。

もちろん具体的な原因の究明や再発防止は単純ではなく、新規設計以上の時間や労力がかかる事も珍しくない。


後者から転じて、自滅と同じ用法で「自らの行いが原因で自ら損害を被る」事象全般を指して比喩的に用いられる事もある。

爆発どころか火気と一切関係の無い話にも使えてしまうのは、それだけ言葉としても強いパワーを持っているという事だろうか。


また、芸能創作物に於いて自らの黒歴史を曝して笑いを取ることも「自爆(ネタ)」と呼ばれる。


創作物における自爆

「ハイリスク・ハイリターンな超火力技」として現実よりずっとカジュアルに採用される傾向がある。特にHPの概念があるコンピュータゲームが顕著で、それさえ回復すれば同一人物が何度だって爆ぜる

メカアジトの類もいろいろな理由を付けて元通りに復活したり、そんな描写すら無く何事も無かったように再登場したりする事が稀によくある


もちろん悲劇自己犠牲としての自爆シーンも存在するが、所詮は台本上の話ゆえ、前後の展開に躓いてそうは見えないと判断されるとクソコラ要員にされたりシリアスな笑いを誘ったりする可能性もあり、演出としてもハイリスク・ハイリターンであると言える。


具体例はネタバレ防止のため、記事の最後に列挙している。


単なる誤記というか・・・

ひとりSMの一ジャンル「自縛プレイ」の誤変換。だが、自力脱出不可能な「嵌まり」に陥った場合、前出の「自滅」に該当する為、結果論的にあながち間違ってない表記となる。


自爆したキャラクター

※各々のシュチュエーションは、専用記事を参照。

悲劇の自爆とされる例


自爆する敵


自爆しても蘇った猛者


自爆しても蘇るメカ


自爆未遂


関連タグ

爆発 爆弾 自滅


自爆技メガンテ メガザル じばく じばく(ポケモン) だいばくはつ ゆうばく ウルトラダイナマイト ファイナルエクスプロージョン ヒイロ閃光に散る 2887


自爆フラグ 自爆するしかねぇ 獄殺自爆陣 自爆テロ仕様 自爆は勘弁してください 自爆営業 自爆テロ解散 自爆装置 自爆スイッチ 自爆ボタン 腹マイト


その他

鬱Pが投稿した楽曲(→外部リンク)。

関連記事

親記事

爆発 ばくはつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16084770

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました