ピクシブ百科事典

マルマイン

まるまいん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.101
英語名Electrode
ぶんるいボールポケモン
タイプでんき
たかさ1.2m
おもさ66.6kg
とくせいせいでんき / ぼうおん / ゆうばく(夢特性)


進化

ビリリダママルマイン(レベル30)

マルマイン ビリリダマ



概要

ビリリダマの進化系。進化してカラーリングの赤と白の配置が逆転した。
名前の由来はおそらく「丸+マイン(Mine。爆弾)」。英語名のElectrodeはまんま「電極(Electrode)」から来ている。
全長1.2mもあり、モンスターボールの擬態にはさすがに無理があるはずだが、ゲームでは相変わらずアイテムと同じサイズで擬態しプレイヤーを襲う。

体内に膨大な「エレクトンエネルギー」を溜めこんでおり、少しでも刺激を与えるとすぐ爆発するため、「バクダンボール」の異名で恐れられている。
エネルギーは主に発電所から吸い取るため、付近の街は停電になる。
吸い取った量が多ければ多いほど素早く動けるようになるが、その分爆発するリスクが高まるほか、強風に流されてしまうことがある。
時々暇つぶしに爆発して遊ぶマルマインもいる。

子供でも描ける簡単な姿と笑顔がポイント。後姿は丸に横棒を引いた姿となり、
第一世代の絵描き歌ではメタモンに次ぐ速さで完成という荒技を披露している。
そこにシンプルなボディにどういうアレンジを加えるかが、絵描きの腕の見せ所である。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズDX以降)ではアイテムのモンスターボールから登場する。登場して一定時間経つと「だいばくはつ」を起こして敵味方関係なく強くふっとばす。ちなみに、爆発する寸前にアイテムのように投げることができる。たまに不発し、爆発まで時間がかかることがある。
ちなみに、初代でもヤマブキシティのステージギミックとして登場している。
発動技は後作と同じだいばくはつ。

マルマインになっても宇宙には行けないと思われる。

対戦でのマルマイン

素早さ種族値が140と非常に高く、第2世代までは最速だった。
現在では最速でこそなくなったものの、それでも十分すぎるほど速い。
反面、それ以外の能力は低く、特攻と特防がようやく並といったところ。

図鑑の説明から「じばく」「だいばくはつ」の印象が強いが、攻撃力が極めて低い為、威力はあまり期待できない(最終進化系で見れば最弱の威力)。従って対戦で使う場合は自主退場が主な目的となる。逆に野生で高レベルの個体に出現されたときには死ぬほど怖いんだけどな!!
ボールポケモンらしく自力で「ジャイロボール」と「エレキボール」を覚えるが、前者は素早さが高いマルマインには無用の長物であり、後者は計算式の関係上、素直に10まんボルトを撃った方がダメージを与えられる相手の方が多いため、全く使い物にならない。

攻撃力の低さと攻撃技のレパートリーが少なさからアタッカーにはあまり向かず、専ら素早さを生かしたサポート役として起用される。幸い補助技には比較的恵まれており、「ちょうはつ」「でんじは」「ひかりのかべ」「いばる」等が揃っている。また、「あまごい」役としても適しており、「かみなり」を採用することである程度火力を補える。

夢特性のゆうばくは接触技で倒されると相手にもダメージを与えられるというバクダンボールらしい特性で、通常特性よりも優秀。
一方でXY以降音技の需要がいろんな理由で上がったのでそこそこぼうおんの意味が出てきたりもする。図鑑やアニメ等には音に強いとかの設定は全くないがそこのところはどうなのだろうか。

第7世代で素早さ種族値が+10され150まで上昇。強化といえば強化だが、お前は一体何を目指しているんだ…。

レベル3のマルマイン

赤・緑とFRLGでは、グレンタウンのポケモン研究所でライチュウと交換で入手出来る。
NPC交換で手に入るポケモンのレベルは交換に出したポケモンのレベルに依存するので、トキワの森で捕獲した最低レベル(レベル3)のピカチュウを即進化させたレベル3のライチュウを交換に出せば大変レベルの低いレベル3のマルマインが手に入る

関連イラスト

ボム
いけっマルマイン!だいばくはつだ!


今にも眠りそうなマルマイン
きれいなマルマイン


マルマイン
まるまイン


「だいばくはつ」



関連タグ

ビリリダマ ポケモン一覧 タマゲタケ モロバレル
ミミック
モンスターボール

pixivに投稿された作品 pixivで「マルマイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 855435

コメント