ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

本来の意味の方は威張るを参照。

データ

登場第2世代
威力-
命中90(第2世代~第6世代)→85(第7世代~)
PP15
タイプノーマル
わざ分類変化
効果範囲相手一体
直接攻撃×
備考相手を怒らせてこんらん状態にし、相手の攻撃を2段階上げる。
技マシン34(第2世代)、87(第4世代~第7世代)
英語名Swagger

概要

第2世代から登場する技。技マシンが存在するため、多くのポケモンが覚える事が出来る。ただし第3世代のみ技マシンは存在せず、ポケモンXDやエメラルドの教え技のみでの習得となる。

ちょうはついちゃもんと同様相手を怒らせる技で、こんらんと同時に相手の攻撃をぐーんと上げてしまうというまさにアメとムチを与えるような技。


一見相手の攻撃を上げてしまうのは完全にデメリットに思えるが、こんらんで自分を攻撃した際に受けるダメージは自身の攻撃力に依存するため、サメハダーのような高火力・紙物理耐久なポケモンがこの技を受けて自分を攻撃してしまうとそれだけで致命傷になりかねない

デオキシスアタックフォルムが自分を攻撃してしまった場合はお察しください


上記のような特徴から、相手の自滅を誘導するのが正しい使用用途であり、仮に相手がこんらんを振り切って攻撃してきた場合の保険にみがわりを張るいばみが戦法はあまりにも有名。

イカサマとのコンボでも使用されることが多い。


単に相手への状態異常撒きだけでなく、ダブルバトルレイドバトルで特性マイペースや、キーのみ持ちに撃つ事で攻撃上昇を促す支援技としても使用される事がある(場の状態がミストフィールドであればそれ以外のポケモンに対しても使用可能となる)。他にもしっとのほのおと組み合わせて相手をやけどにするといった戦法も可。群れバトルハブネークザングースを殺すために味方にいばるを使って攻撃をぐーんと上げる戦法(野生のハブネークはキーのみをデフォルトで持っているためこんらんしない)を使用してくる。


第3世代から登場したおだてるはこの技の特殊版。


しかし、この事態を重く見たゲーフリは第7世代で命中率を85%にまで下げた。

恐らく一番使っていたの影響だろう。そして同時にこんらんも弱体化したため、みがわりとのコンボは安定しなくなった。


そして第8世代では技マシン・技レコード・教え技のいずれにおいても除外され、習得出来るポケモンが大幅に減らされた。特にから事実上の没収(ランクバトル使用不可能)となった事は評価出来るだろう。


ポケダンでは敵のみにしか使用が出来ないが、目つぶし状態なら味方にかけることも可能。

ただしポケダンにおいてはランク上昇の影響が無いためイカサマとの相性は良くない他、1/8の確率で敵の攻撃が当たる(マグナゲート以降は隣接時はほぼ確実に攻撃行動を取るようになっているためより危険)ので注意。


元ネタは某四コマ漫画のコイルだと思われるが、第8世代での技マシン消滅により当のコイル族はこの技を覚えられなくなってしまった(あくまでも四コマの個体だけという事なのか、コイルの系統はレベルアップで「いばる」を覚えられない)。


第9世代では、相手の能力上昇をコピーする「ものまねハーブ」が登場。こちらは混乱になることなく物理攻撃力をぐーんと上げることが出来る。

(同様の事は技「じこあんじ」でも可能だが、ものまねハーブは持ち物であるため、1ターンロスせずに発動出来るという利点がある一方、1度の戦闘で1度きりという欠点もある)


関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵

ちょうおんぱ あやしいひかり おだてる はかいのいでんし

関連記事

親記事

あやしいひかり あやしいひかり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32776

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました