ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ポケモンの技のひとつ。相手を混乱状態にする。

データ

データ

初出第3世代
タイプノーマル
分類変化
威力-
命中率100
PP20
範囲自分以外
直接攻撃×
効果混乱させる
英語名Teeter Dance

概要

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)から存在する技。相手を混乱させる。

他の混乱させる技(いばるあやしいひかりばくれつパンチなど)とは違い、相手全体を混乱させることができるが、ダブルバトルなどで使うと自分以外の味方まで混乱してしまうといった問題を抱えている。シングルバトルで使う場合は問題なく使用可能な技。PPも意外と多い。


ちなみにこの技はマジックコート(言わずもがなマジックミラーも)の影響を受けずに使える。そのため味方にマジックコートを使って跳ね返すことはできない(尤も、仮に跳ね返せたとしても使った自分に返ってくるため使う人は少ないだろうが…)。


ポケモン不思議のダンジョン』シリーズでは部屋全体技となっており、部屋にいるポケモン全てをこんらん状態にさせチームをバラバラにする非常に厄介な技となっている。部屋内の敵に特性「こんじょう」や「はやあし」のキャラがいた場合はお察しください


使用するポケモンとしてはパッチールが有名だったが、後に自力で覚えることのできるドレディアの方が話題に上がりやすくなった。ちょうのまいはなびらのまいなどの多数のダンス系の技を覚えることも話題のあがりやすさに一役買っているのかもしれない。『オメガルビー・アルファサファイア』ではブーピッグもレベルアップで覚えるようになった。

アニポケでコジロウマネネが多用していた印象が強い人もいるだろう。


ただし、タマゴグループが人型であるマネネ系統や植物であるナゾノクサ系統、ハスボー系統にはパッチールからの遺伝が必要(ちなみに植物への遺伝はパッチールとの間にサボネアを挟まなければならない)。


覚えるポケモン

覚えるポケモン

パッチール ドレディア ブーピッグ メロエッタ

タマゴわざ

ミミロル マネネ サボネア ナゾノクサ ハスボー


関連タグ

関連タグ

ポケモン技一覧 ノーマルタイプ

フラダンス:恐らく元ネタ。

フラ・フラダンス:読みが同名の映画で、向こうは中点が付く。

フラダリ:フラ違い。

データ

データ

初出第3世代
タイプノーマル
分類変化
威力-
命中率100
PP20
範囲自分以外
直接攻撃×
効果混乱させる
英語名Teeter Dance

概要

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)から存在する技。相手を混乱させる。

他の混乱させる技(いばるあやしいひかりばくれつパンチなど)とは違い、相手全体を混乱させることができるが、ダブルバトルなどで使うと自分以外の味方まで混乱してしまうといった問題を抱えている。シングルバトルで使う場合は問題なく使用可能な技。PPも意外と多い。


ちなみにこの技はマジックコート(言わずもがなマジックミラーも)の影響を受けずに使える。そのため味方にマジックコートを使って跳ね返すことはできない(尤も、仮に跳ね返せたとしても使った自分に返ってくるため使う人は少ないだろうが…)。


ポケモン不思議のダンジョン』シリーズでは部屋全体技となっており、部屋にいるポケモン全てをこんらん状態にさせチームをバラバラにする非常に厄介な技となっている。部屋内の敵に特性「こんじょう」や「はやあし」のキャラがいた場合はお察しください


使用するポケモンとしてはパッチールが有名だったが、後に自力で覚えることのできるドレディアの方が話題に上がりやすくなった。ちょうのまいはなびらのまいなどの多数のダンス系の技を覚えることも話題のあがりやすさに一役買っているのかもしれない。『オメガルビー・アルファサファイア』ではブーピッグもレベルアップで覚えるようになった。

アニポケでコジロウマネネが多用していた印象が強い人もいるだろう。


ただし、タマゴグループが人型であるマネネ系統や植物であるナゾノクサ系統、ハスボー系統にはパッチールからの遺伝が必要(ちなみに植物への遺伝はパッチールとの間にサボネアを挟まなければならない)。


関連タグ

関連タグ

ポケモン技一覧 ノーマルタイプ

フラダンス:恐らく元ネタ。

フラ・フラダンス:読みが同名の映画で、向こうは中点が付く。

フラダリ:フラ違い。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

フラフラダンス
2
フラフラダンス
2
ポケモンの技のひとつ。相手を混乱状態にする。

データ

データ

初出第3世代
タイプノーマル
分類変化
威力-
命中率100
PP20
範囲自分以外
直接攻撃×
効果混乱させる
英語名Teeter Dance

概要

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)から存在する技。相手を混乱させる。

他の混乱させる技(いばるあやしいひかりばくれつパンチなど)とは違い、相手全体を混乱させることができるが、ダブルバトルなどで使うと自分以外の味方まで混乱してしまうといった問題を抱えている。シングルバトルで使う場合は問題なく使用可能な技。PPも意外と多い。


ちなみにこの技はマジックコート(言わずもがなマジックミラーも)の影響を受けずに使える。そのため味方にマジックコートを使って跳ね返すことはできない(尤も、仮に跳ね返せたとしても使った自分に返ってくるため使う人は少ないだろうが…)。


ポケモン不思議のダンジョン』シリーズでは部屋全体技となっており、部屋にいるポケモン全てをこんらん状態にさせチームをバラバラにする非常に厄介な技となっている。部屋内の敵に特性「こんじょう」や「はやあし」のキャラがいた場合はお察しください


使用するポケモンとしてはパッチールが有名だったが、後に自力で覚えることのできるドレディアの方が話題に上がりやすくなった。ちょうのまいはなびらのまいなどの多数のダンス系の技を覚えることも話題のあがりやすさに一役買っているのかもしれない。『オメガルビー・アルファサファイア』ではブーピッグもレベルアップで覚えるようになった。

アニポケでコジロウマネネが多用していた印象が強い人もいるだろう。


ただし、タマゴグループが人型であるマネネ系統や植物であるナゾノクサ系統、ハスボー系統にはパッチールからの遺伝が必要(ちなみに植物への遺伝はパッチールとの間にサボネアを挟まなければならない)。


覚えるポケモン

覚えるポケモン

パッチール ドレディア ブーピッグ メロエッタ

タマゴわざ

ミミロル マネネ サボネア ナゾノクサ ハスボー


関連タグ

関連タグ

ポケモン技一覧 ノーマルタイプ

フラダンス:恐らく元ネタ。

フラ・フラダンス:読みが同名の映画で、向こうは中点が付く。

フラダリ:フラ違い。

データ

データ

初出第3世代
タイプノーマル
分類変化
威力-
命中率100
PP20
範囲自分以外
直接攻撃×
効果混乱させる
英語名Teeter Dance

概要

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)から存在する技。相手を混乱させる。

他の混乱させる技(いばるあやしいひかりばくれつパンチなど)とは違い、相手全体を混乱させることができるが、ダブルバトルなどで使うと自分以外の味方まで混乱してしまうといった問題を抱えている。シングルバトルで使う場合は問題なく使用可能な技。PPも意外と多い。


ちなみにこの技はマジックコート(言わずもがなマジックミラーも)の影響を受けずに使える。そのため味方にマジックコートを使って跳ね返すことはできない(尤も、仮に跳ね返せたとしても使った自分に返ってくるため使う人は少ないだろうが…)。


ポケモン不思議のダンジョン』シリーズでは部屋全体技となっており、部屋にいるポケモン全てをこんらん状態にさせチームをバラバラにする非常に厄介な技となっている。部屋内の敵に特性「こんじょう」や「はやあし」のキャラがいた場合はお察しください


使用するポケモンとしてはパッチールが有名だったが、後に自力で覚えることのできるドレディアの方が話題に上がりやすくなった。ちょうのまいはなびらのまいなどの多数のダンス系の技を覚えることも話題のあがりやすさに一役買っているのかもしれない。『オメガルビー・アルファサファイア』ではブーピッグもレベルアップで覚えるようになった。

アニポケでコジロウマネネが多用していた印象が強い人もいるだろう。


ただし、タマゴグループが人型であるマネネ系統や植物であるナゾノクサ系統、ハスボー系統にはパッチールからの遺伝が必要(ちなみに植物への遺伝はパッチールとの間にサボネアを挟まなければならない)。


関連タグ

関連タグ

ポケモン技一覧 ノーマルタイプ

フラダンス:恐らく元ネタ。

フラ・フラダンス:読みが同名の映画で、向こうは中点が付く。

フラダリ:フラ違い。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 悪評令嬢なのに、美貌の公子が迫ってくる

    読む▶︎
  3. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー