ピクシブ百科事典

ばくれつパンチ

ばくれつぱんち

カイリキー御用達の技。ポケモン界の代表的なロマン技とも。
目次[非表示]

データ

初出第2世代
タイプかくとう
分類物理
威力100
命中50
PP5
範囲単体
直接攻撃
追加効果100%の確率で相手をこんらん状態にする
英語名DynamicPunch


概要

第2世代から存在する技。
渾身の力で相手を殴りつけ、相手を確実にこんらん状態にする技。
第2世代でのみわざマシン01となっていた。
第3世代では教え技になったが、現在は特別な方法で習得する事は出来ない。

名前の通り威力も高く第2世代でクロスチョップと並びかくとうタイプ待望の威力100の攻撃技として登場。
強力な追加効果の代償として命中率は僅か50となっている。
まさにハイリスクハイリターンなロマン技。言ってしまえば格闘タイプ版でんじほう
まともに使うのならば、それ相応の覚悟が必要になるだろう。
ストーリー中ではかくとうタイプ使いのジムリーダーシジマの切り札であるニョロボンこころのめとのコンボで使ってくる。

主な使用者…というか大半の使用者はノーガード持ちのカイリキー
ノーガードの効果で必中になる為、外すリスクを考えなくて良いのは十分な利点である。
第5世代では夢特性必須だが、ゴルーグも同じ事が出来る様になった。

上述のように、金・銀のプレイヤーにとってはこころのめと組み合わせてニョロボンが使ってくるイメージなのだが、なぜかファイアレッド・リーフグリーンでは習得手段がなく、エメラルドに輸送しないと覚えることができなかった。
幸いDPt以降は自力習得が可能になり、上記のこころのめとのコンボの他、じゅうりょくで命中率を補強したりする戦法も有効である。但し上記のノーガード戦法と違い速攻性が無いので採用は稀。

なお、100%状態異常の追加効果を持つでんじほうの技の威力は120になったが、この技は第7世代時点でも威力100を維持している(『ポケモンGO』では威力90)。
まあ、れんごくも威力100なので気にしないでおこう。

ポケモンGO』では妙に習得者が多く、原作だと遺伝でしか習得できないチャーレムハリテヤマ、そしてエメラルドの教え技でしか習得できないはずのノクタスまでもが自然に覚える。
本作には命中率というシステムがない(回避はプレイヤー自身の操作に委ねられるため)ため、カイリキー以外のポケモンであっても問題なく使用できる。反面、本作には状態異常の概念がないため、相手を混乱させる効果はないので注意。
威力90とかなりの高威力でありながら2ゲージ技なのでそれなりに連射が利くという大変優れた技となっており、原典とは打って変わってかくとうポケモンのメインウェポンの1つとして大変重宝されている。
レイドバトルではカウンターとこの技のコンボを延々と繰り出し続けるだけで、かくとう弱点のレイドボスに対して大ダメージを狙える。反面、トレーナーバトルでは蓄積ゲージがやや多めであるため、単発の威力では劣るものの小出しにしやすいクロスチョップグロウパンチばかぢからに押される形であまり採用されていない。レイド・ジムバトル向けの技と言えるだろう。

余談

ポケモンスタジアム金銀のCMと攻略マンガでは、ピカチュウバンギラス相手に、この技を使って倒すと言う展開が当時話題になっていた。
GBAのエメラルドか、VCのGSCを経由すれば、今の世代のポケモンでも再現可能。


関連項目

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵 
わざマシン一覧 カイリキー ノーガード
てつのこぶし 
命中50追加効果100%技
でんじほう れんごく 
こんらん100%+攻撃技
おしゃべり(ポケモン) 
他パンチ技(かくとう)
きあいパンチ マッハパンチ スカイアッパー アームハンマー ドレインパンチ グロウパンチ 
他パンチ技(非かくとう)
メガトンパンチ ピヨピヨパンチ れんぞくパンチ ほのおのパンチ かみなりパンチ れいとうパンチ コメットパンチ シャドーパンチ バレットパンチ アイスハンマー 

ギャラクティカファントム 格ゲー界の代表的ロマン技。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ばくれつパンチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31948

コメント