ピクシブ百科事典

カイリキー

かいりきー

カイリキーとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.068
英語名Machamp
ぶんるいかいりきポケモン
タイプかくとう
たかさ1.6m
おもさ130.0kg
とくせいこんじょう / ノーガード / ふくつのこころ隠れ特性


進化

ワンリキーゴーリキー(Lv.28) → カイリキー(通信交換)

ガチムチトリオ



概要

ゴーリキーを通信交換することで進化するポケモンで、初代からかくとうタイプを代表するポケモンである。
名前の由来はまんま「怪力」から。
英語名はmacho(マッチョ)とchamp(championの省略形)が由来と思われる。

発達した4本の腕は片手だけでも山を動かし、2秒間に1000発ものパンチを放つことができる。
あらゆる格闘術を極めており、パンチを喰らったり、掴まれると地平線の彼方まで吹っ飛ばされる。
ただし、指先を使うような細かい作業は大の苦手であり腕が絡まってしまう。

このように基本的には見た目どおりの脳筋だが、その一方で紳士的武人肌な性格でもあり、強者に出会うと戦う気持ちが更に高ぶる。

ゲーム内では、工事現場で地ならしをしたり、引っ越しを手伝ったりなど、ゴーリキーと同様力仕事を担当するNPCのカイリキーが多く存在する。実写版『名探偵ピカチュウ』では、腕が4本あることを活かして道路で交通整理をしていた。
アローラの町々にも屋外・室内で人間の仕事を手伝うカイリキーや、人間に可愛がられているカイリキーの姿がよく見られる。

第7世代ではライドポケモンとして登場。従来の「かいりき」と同じく、大岩を押してくれる。ライド時は4本の腕のうち2本でプレイヤーをお姫様抱っこし、残りの2本で岩を押しているが、自分の背丈よりも大きい大岩を押すのに腕2本で済むところから、岩が彼らにとってどれだけ軽いのかがよく分かる(ちなみに、これと同じ描写が第8世代のスピンオフ作品『薄明の翼』でも見られる)。

同期も含めて多くの古参がリストラされてしまった第8世代でもめでたく続投……どころか、

サイトウ&カイリキー


  • 新形態のキョダイマックス(後述)を獲得
  • ジムリーダーの1人:サイトウが切り札として使ってくる
  • 初となる野生の個体ワイルドエリアにて固定シンボルで出現
  • キョダイマックスが稀少個体である関係で、ピックアップレイドの対象となり、高個体値のカイリキーが巣に出現しまくったことがある
と、かなりの好待遇である。

外見

カイリキーは♂も♀も同じ格好である。つまり♀はノーブラ
ダイパで雄雌のグラフィック分けがされても大きく変わらなかった。
とはいえ本来ポケモンは服を着ないのだから問題視する方がおかしいのだが。

2015年11月にはポケモンだいすきクラブ内で「キレてる!カイリキーGYM」なるカイリキー推しのコンテンツが登場。(外部リンク)
そしてその内部の特集にて、パンツに見える部分は実はただの模様であったことが判明した

カイリキーのベルト

旧イラストではゴーリキーの頃に付けていたベルトはカイリキーになると無くなっていたのだが、ポケモンスタジアムでは付いていたり、第2世代では銀でだけ付いていたり、第3世代ではイラストでは付いているのにゲームグラフィックでは付いていなかったりとその処遇は一定しない。
第4世代以降は全てベルト付きのグラフィックで統一された。

ゴーリキーの図鑑によるとこのベルトは有り余る力を抑えるパワーセーブベルトらしく、つまりベルト付きカイリキーは手加減をしているということになるが…?

そういうわけでpixivでもベルトのあるイラストとないイラストが混在しているが、公式レベルでぐらついている設定であるためどちらも間違いというわけではない。
ちなみに、ポケスペにおいてシバのカイリキーはこのベルトを活かした戦法を使ってくる。

ゲーム上での特徴

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
9013080658555

攻撃力が非常に高い。
お互いに攻撃が必中になる漢らしい特性「ノーガード」が特徴。
ノーガードからのばくれつパンチは非常に強力で、タイプ一致補正込みの威力150と混乱効果を同時に与えるため、多少相性が悪くても運ゲーに持っていくことも可能。
また、命中率の悪さで有名なストーンエッジも必中になるのでサブもためらいなく撃てるのが強み。

第4世代からは先制技「バレットパンチ」を習得した事で赤ゲージのポケモンの追撃も可能となった。無効タイプがないので半減されない限りは確実に相手のHPを削れる。
その脳筋な見た目に反して「アンコール」などの搦め手を使うこともできる。第4世代時点では「バレットパンチ」と両立できなかったが第6世代でできるようになった。
ただしあちらの一撃必殺技も必中になるのはご愛敬。

もう一つの特性「こんじょう」も、状態異常になっても機能が停止せず、高い攻撃力をさらに上乗せできるので悪くはないだろう。ただし、ハリテヤマローブシンと比べるとHPはそこまで高くはないので過信は禁物。

守りの面においても、地味に防御・特防が高いので、弱点を突かれても倒されずにノーガードからの手痛い反撃をお見舞いすることもできる。

攻めも守りも概して高水準な反面、素早さ種族値は55と遅め。とは言え、捨てステータスになるほどの鈍足ではないので、性格補正や努力値振りで補うのも戦術の一つ。


第5世代において、カイリキー以上に配分に無駄がなく、攻撃力も上回る新種族ローブシンが登場したのが少し気になる。
あちらはポケモン剣盾の発売まで「インファイト」を覚えなかったが、ビルドレイン型が強力なことや、隠れ特性の「てつのこぶし」だとアームハンマーの威力がインファイトと並んだり三色パンチも強化されてしまう。さらに「こんじょう」はあちらも持っているため、「こんじょう」を能動的に発動するカイリキーの運用はやや難しくなってしまった。

先制技もタイプ一致の「マッハパンチ」を覚えるが、カイリキーと違ってゴーストタイプに無効化されるためこちらは一長一短。
一方こちらははたきおとすを剣盾でも習得可能、USUMから継続してじごくづきヘビーボンバーまで習得可能なので地味に優位点を持ち続けている。
また、ローブシンとは異なり「こんじょう」が警戒されることは殆ど無い上にノーガードの必中効果も相まって「おにび」を誘いやすく、早い話ローブシンの劣化気味である点がむしろ強みとなっている面もある。
状態異常の発動をワザと相手任せにするため、持ち物も選びやすい。

色違いは肌の部分が黄緑色に輝く。他はそのまま。
ゴーリキー時代は肌の他に筋肉の筋や目の色が違ったが進化でなくなった分、違いが分かりにくくなった。

なお、第7世代で秘伝技が廃止になった影響で「かいりき」のマシンが消滅し、代わりにこいつが新しく「かいりき」を覚えられるようになった。第8世代の剣盾に至ってはワンリキーの段階で対応する。
イメージにぴったりの技なのだし、せっかくだからこの技をかくとうタイプの技にしてやってもよさそうなものだが。

エンカウント

先述の通り第8世代ではワイルドエリアに固定シンボルとして登場するのだが、シンボルの野生個体はこちらを見つけると全力で駆け寄ってくるがなぜか戦闘にはならず、目の前でポーズを決め、自身の筋肉をアピールしてそのまま去っていく(ゴーリキーも同様)
なお、ワンリキーの状態では普通に襲ってくるので注意。

主人公を見つけても襲ってこないポケモンは他にもいるのだが、それらはだいたい進化前の(まだまだ弱い)ポケモンである。
そしてかくとうタイプは特に好戦的なポケモンが多く、一見理知的で温和そうなルカリオエルレイドや、バルキーリオルなど進化前のポケモンであってもだいたい襲いかかってくる。
「進化前ではないかくとうタイプ」であるのに戦いを仕掛けてこないカイリキーやゴーリキーは数少ない例外と言えよう(一般ポケモンだと他にタイレーツが該当する)。
やはりゴツい外見に反して性質は比較的温和で、人間と仲良くなりやすいポケモンなのかもしれない。

なお余談であるが、ワイルドエリアを悠々と歩き回る固定シンボルはつい捕まえたくなるが、個体値の補正などはかかっておらず、厳選は決して簡単ではない。
厳選がしたいのならばこちらではなく、高個体値が保証されており、かつ隠れ特性も狙えるマックスレイドバトルの個体を狙った方がよい。
もちろん、通常であれば通信交換をしなければ手に入らない入手難易度の高いポケモンであるのもまた事実であり、まだ図鑑に登録していないのでとりあえず捕まえておきたいという場合はこの限りではない。また厳選を行う場合であっても、オシャボにこだわらずリピートボールを使うのなら、先にワイルドエリアのカイリキーを1匹捕まえて図鑑を埋めておくと吉。

キョダイマックス

勝負!


タイプかくとう
たかさ25.0m~
おもさ???.?g

かいりきポケモン・カイリキーがキョダイマックスした姿。
同期のフーディンらに遅れること二世代、ようやく登場したカイリキーの強化形態である。

通常の姿と比べやや洗練され引き締まった体格で、頭部も真ん中のツノがより大きくなり、目も黒目のない黄色く光るものに、首回りも黒色の模様が入る等、全体的に覆面レスラーの様な人相となる。
その他、下半身の黒色がパンツ状からズボン状に変化し、チャンピオンベルトのPマークも赤から銀に変わっている。

パワーの大半が集中した4本の腕はより太みが増して、オレンジ色に光るエネルギーがひび割れ状に走っており、爆弾に匹敵するほどの凄まじい威力のパンチを繰り出す事ができる。
また、キョダイマックスのパワーで桁外れに強化された怪力を用い、大型船を港まで運んだ事があるらしい。

このカイリキーが放つかくとうタイプのわざは「キョダイシンゲキ」に変化する。ダメージを与えるだけではなく、味方のポケモン全員をきあいだめ状態にする効果を持つ。

一方かくとうのダイマックスわざは、攻撃を上げる追加効果ゆえ威力が低く設定されているのだが、キョダイシンゲキにはその威力制限が何故か流用されており、とばっちりを受けた形になってしまっている。

一応、物理・特殊問わずに攻撃バフをかけられる点や、普通の「きあいだめ」と違い、使う度に効果が重複して味方全員が確定急所を狙いやすいという利点はあるが、どちらにせよ、急所のメリットはともかく威力だけならダイマックスせずに放つ「インファイト」などの方がずっと上なので、一致技の威力を上げるという目的での運用は出来ない。

ダイマックスの機会を他のポケモンやカイリキー(通常個体)ではなく、カイリキー(キョダイ個体)に消費させる場合は、急所のメリットを最大限突き詰め、役割破壊や防御無視を狙うといった別の目的を見出して導入する事になる。

ちなみに、容姿の元ネタは初代ウルトラマンではないかと言われている。

ウルトラマッスル対ポケモンマッスル!


目が瞳のない黄色い卵型になっていたり、頭の突起が大きくなっているなど、顔立ちがそれっぽくなっていることに加えて、一番下の腕の構え自体も初代の腰を屈めて両腕を前に突き出すファイティングポーズそのものである。
元々ポケモンの元ネタ自体が『ウルトラセブン』のカプセル怪獣であることを考えると、あまり違和感はないだろう。
なお、さすがにカラータイマーに相当する部位は存在しないものの、これも初代ウルトラマンは元々カラータイマーがデザインされていなかった逸話に由来するものと強引に解釈すれば一応辻褄は合ってしまう。

ポッ拳でのカイリキー


稼働前のPVではルカリオと戦う様子が流れていた。

タイプ:パワー
バーストアタック:爆裂ラッシュ

足が遅く飛び道具に乏しいが、接近戦では大ダメージが狙えるパワータイプ。体力もガブリアスと並び一番多い。
ビルドアップ→強化ポケモンわざ各種や、ダメージが大きいインファイト、同じくダメージが大きい掴み技のじごくぐるまなどが非常に強力。クロスチョップの飛び込みなども併せれば一気に相手の体力を奪うことも可能。
また、現在参戦のバトルポケモンの中で唯一空中からの掴み攻撃が可能なため、空中からの奇襲も強い。共鳴バースト中は常に強化状態となりパワーアップ。
同キャラ(ミラー)戦では、2Pカラーはレスリング風の緑の衣装を纏った姿に変化する。

ポケモンGOでのカイリキー

サービス開始当初から実装されている。
実装当初はかくとうタイプの種数そのものが少なかったこともあり、最大CP値の高さや圧倒的な攻撃力の高さから、満場一致で最強のかくとうポケモンであった

当初は覚えられる技にもあまり有用なものがなかった(一致技が通常技が「からてチョップ」、ゲージ技が「じごくぐるま」しかなかった)ので、あまり注目されていなかったが、程なくしてゲージ技で「ばくれつパンチ」を覚えられるようになったことや、ジムのシステム変更・レイドバトルの導入に伴い、その優れた戦闘能力や多くのボスに対抗可能な汎用性の高さが評価されるようになり、本作屈指の強ポケモンの一つに数え上げられるまでに躍進した。

初期形態ワンリキーの出現率が低く、その上初期から最終形態に引き上げるとなると合計125個ものアメが必要になる為入手難易度は非常に高い。
だが、一応救済措置として初期形態のワンリキーには巣が設定されているので、アメが必要であればそこに入り浸るのが良いだろう。その後、天候ブースト機能が実装され、曇りの時にワンリキーの出現率が上がったり、カントーイベントやバトルウィーク等のイベント時にワンリキーがわんさか出てきたこともあって、育成・入手の難易度は格段に落ちた。

入手難易度に見合っただけの活躍は保証されており、ジム防衛の常連であるバンギラスカビゴンハピナスラプラスケッキングに一致弱点のかくとう技をぶち込めるのは非常に強力。

PokemonGo對戰週


特にバンギラスはかくとうわざが二重弱点となることもあって、その殲滅速度は目を見張るものがあり、レイドバトルにおいてもバンギラス攻略の筆頭格に挙げられているほど。全員がカイリキーを繰り出し、カウンターとばくれつパンチのコンボを繰り出し続ければ、個体のレベルと人数によっては2分と経たずにバンギラスを叩き伏せることも十分可能である。
特に伝説ポケモンが実装されていなかったレイド実装初期においては、このバンギラスが難易度・報酬の質の高さの両面で最上位クラスであったことから、バンギラス対策にカイリキーを育成するユーザーが世界中で続出することとなった。

なお、同じくレイドボスにも選ばれているボスゴドラも弱点2つをつくことができるが、こちらを相手にする際はグラードンというより強力なライバルがいることもあり、採用率はやや低め(もちろんこれはグラードンのスペックがあまりに強力すぎるためであり、カイリキーでも十分対抗は可能である)。
他にも、レジ系ヒードランディアルガダークライにもかくとう技が効くために比較的相性は良く、レイドではお呼びがかかりやすい。

注意点として、相手がエスパーフェアリーの技を使ってくると逆に返り討ちに遭うので、相手の技は慎重に見極めなければいけない。
ジム戦においてもハピナスに対しては自分の撃ち出す技で抜群を取ることができるが、同時にハピナスもフェアリーのゲージ技「マジカルシャイン」で抜群を狙ってくるので注意が必要。
さらにハピナスはサイコキネシスを覚えていることもある他、ハピナスとカビゴンは通常技がしねんのずつきであることが多く、カイリキーはそれほど打たれ強くもないため適当に戦うと簡単に返り討ちに遭う。
ケッキングのじゃれつくにも注意が必要で、相手の攻撃種族値の高さもあり、直撃を受けると一発で瀕死の重傷を負うことになる

また、覚える技にははがね技やいわ技が紛れてくることがあり、進化の際にこれが入り込むと厄介。
現在はわざマシンがそこそこ手に入りやすいとはいえ、十分な数のわざマシンスペシャルを持っていなければ手に入れるまで不一致のゲージ技で妥協せねばならないのだ。
とはいえ、いわ技はひこうタイプに、はがね技はフェアリータイプにそれぞれ有効であるため、ジム防衛やトレーナーバトルでの運用を考えるのであればサブ技として採用の余地はある。実際、サードアタックの解放された現在においては、これらのタイプへの対抗策としていわ・はがね技を所持しているカイリキーも多い。

そんなこんなで大車輪の活躍をしていたカイリキーであるが、2019年12月にルカリオが「はどうだん」を覚えられるようになったことで、遂にカイリキー一強のかくとう環境に終止符が打たれることとなった。
あちらははがねとの複合なので、ジムの常連であるピンクの悪魔が放ってくるエスパー・フェアリー技が弱点でなくなり、さらに専用技の「はどうだん」も「ばくれつパンチ」と同威力でありながら硬直時間が圧倒的に短く、ダメージを稼ぎやすいのである。
このため、ジムの攻略にはルカリオが最適解とされるようになり、カイリキーの出番は以前と比べて大幅に減ってしまった。
とはいえ、ルカリオはその強力な性能の見返りに入手難易度がべらぼうに高いため、ルカリオの入手・育成までの繋ぎ、あるいは2番手3番手に用意するポケモンと考えればカイリキーにもまだまだ需要はあるだろう。

レイドボス

味方になってくれれば非常に心強いカイリキーであるが、逆にレイドバトルにボスとして出てこられると非常に脅威となり得る相手である。
ただでさえ高めだった攻撃力が、レイドボスになったことでさらに上方補正が入り、シャレにならないダメージの攻撃がガンガン飛んでくることになる。

比較的相性の良いエスパータイプのポケモンは、フーディンエーフィを筆頭にHPの低い者が多いため注意が必要(特に曇りで天候ブーストがかかっている場合、フーディン程度の紙耐久だと即死もありうる)。
言うまでもないが、サイコキネシスを習得したミュウツー極めて有効である。また、カイリキーがかくとう技しか覚えていなかった場合、ルギアかサーナイトでほぼ完封できる。

なお、ボスレベルは★★★。
攻撃力こそ高いものの耐久力が低めなので★★★のなかでは比較的ソロで倒しやすい部類である。腕に自信がある方は挑戦してみるのも一興だろう。天候ブーストで強化されたカイリキーを敢えてソロで倒そうとするチャレンジ魂あふれる猛者もいる。

使用トレーナー

ゲーム


アニメ
  • XY34話の野生のカイリキー
かくとうポケモンが多く棲む森で主を務めていたがルチャブルに敗れ、山に籠り修行をしていた。森で同じくルチャブルに倒され彼を疎んでいたリングマ達の虚言に騙され再度戦うも、途中で真実に気付く。

ポケットモンスターSPECIAL

余談

過去にポケモンセンターで販売されていたグッズ「ポケモンバトルヒーローズ」にカイリキーがプッシュされていたが、性別は♀である。

CMで吉田沙保里と共演

ポケモンSMが発売された約2カ月後の2017年1月24日、しれんサポーターに扮した女子レスリング選手の吉田沙保里と共演するCMが公式サイトに公開された。オリンピック3連覇をはじめ数々の武勇伝を持つ吉田選手の圧倒的オーラから「カイリキーより強そう」「完全にチャンピオンの風格」など勝てる気がしないという反応が飛び交った。

このCMが大きな反響を呼んだのか2017年2月に「サオリのカイリキー」が配信された。覚えている技は「すてみタックル」「ビルドアップ」「かいりき」「ファストガード」。
このカイリキーは攻撃の個体値が最大になっている。
ちなみにカイリキーの「すてみタックル」はこの時点で他に覚えさせる方法が第3世代の教え技しかなく、そういう意味でも稀少な個体だったのだが、第8世代にて何と自力技(それも最終技)に入り込んだのであった。このキャンペーンの効果だろうか。

関連イラスト

サイトウ
ポケモンまとめ


スモモルカr…あれっ
スモモVSカイリキー



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ワンリキー ゴーリキー

関連記事

親記事

ゴーリキー ごーりきー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カイリキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5603100

コメント