ピクシブ百科事典

コルニ

こるに

コルニは『ポケットモンスターX・Y』登場人物のひとり。
目次[非表示]

「メガシンカとは 進化を超える進化なんだ!」
「命、爆発!!」

概要

ポケットモンスターXY』に登場するキャラクター。
名前の由来は恐らくピクルスキュウリのフランス語「コルニション」。

カロス地方シャラシティジムのジムリーダーで、かくとうタイプのポケモンの使い手。
勝利すると「ファイトバッジ」とわざマシン98「グロウパンチ」がもらえる。
キャッチコピーは「エボリューション ファイター!」

一人称は「あたし」。
本作で新たに登場するメガシンカに関わるキャラクターであり、旅の途中でも何度か出会う。ジム戦も含めると計3回バトルをする事になる。

ジムリーダーであると同時に、メガシンカに必要なキーストーンを優秀なトレーナーへと渡す「継承者」としての一面も持っている。メガリング(キーストーン)を継承する際のバトルでは、肩書きが「けいしょうしゃのコルニ」となり、バトル時のイラストも専用のものになっている。
彼女自身のキーストーンは左手のメガグローブとして身につけている。

格闘タイプ使いだけあって自らも身体能力が高く、設定画では必殺ローリングかかと落としなる必殺技が描かれている。

祖父はメガシンカについて詳しい「メガシンカおやじ」ことコンコンブル。(由来はキュウリのフランス語)

容姿

コルニ参上!!(ドン!)


金髪のトライテールで、ヘルメットの前面から2つの房を出している。
ローラースケートスパッツとスポーティーな容姿が特徴。一般トレーナーとして登場する「ローラースケート」と違い、サポーターは身に着けていない。着けると調子が狂って転ぶためらしい。

手持ちポケモン


3匹とも攻撃する度に攻撃力が上がる技「グロウパンチ」を覚えているので、格闘タイプが弱点のポケモンは出さないのが無難。
特に切り札のルチャブルは素早い上に、格闘と飛行タイプの両方を合わせ持つ技「フライングプレス」で広範囲に弱点を突いてくるので注意。
相性が有利なエスパータイプひこうタイプフェアリータイプタイプ、または格闘わざを無効化できるゴーストタイプで攻めると良いだろう。飛行タイプ複合のルチャブルには、素早さの高いでんきタイプで攻めるのも手。

継承者としての手持ち


コルニのルカリオの内の一体が主人公側に付き、メガルカリオ同士でのイベント戦闘となる。基本的にグロウパンチを選択していれば勝てるのだが、メガシンカしてもまれに相手が急所に当ててきてKO…なんてこともある。とりあえずメガシンカしていれば勝敗に関係なくメガリングは貰えるが、勝ちにこだわるなら念のためにイベント前にセーブしておいた方がいいだろう。

バトルシャトー


ルチャブルは固定で、エンディング後になるとカイリキーに代えてルカリオメガルカリオ)を使用してくる。

アニメ版

CV:寺崎裕香
ゲーム版同様明るく活発な性格で、勝負をした後は腹が減るなど根っこはサトシとよく似ている。
ユリーカからシルブプレされなかった事を踏まえるなら、おそらくアニメだとシトロンおよびサトシやセレナと同年代と思われる。身長はローラースケート無しでもサトシ達より高い。

相棒のルカリオとはリオルの頃から一緒に育ち、「魂のパートナー」と呼ぶほどに信頼している。ただしそれ故、ルカリオが独断で技を繰り出しても特に注意せず逆に良しとしている一面もあった。
服装自体はゲームと同じだが、普段は白いTシャツを上に着て、ヘルメットを脱ぐ代わりにサングラスを頭にかけている。再登場時には髪下ろし+寝間着姿も披露した。

こるにちゃん



原作ゲームと異なり、初登場時点では「キーストーン」を譲り受けていたのみで、肝心の「ルカリオナイト」はまだ入手していなかった。祖父から「メガシンカにはメガストーンとポケモンとの絆が必要」と聞いて「要するに強くなればいい」と結論付け、ルカリオナイトのあるセキタイタウンに向かうまでにポケモンバトルで100連勝することを目標に旅に出た。
無印ゲストの非公認ジムのアキラが100連勝してから旅立ったのと似たような目標である。
そして旅の途中、シャラシティへ向かう途中だったサトシ達と邂逅し、99人目の相手としてサトシとバトルして勝利。それ以降は暫くサトシ達と行動を共にする。
ちなみに98勝目までのバトルの相手からは勝利の証として相手のポケモンの足形を貰っており、サトシのピカチュウからも貰っていたが、R団は飛んで逃げたので貰えなかった。

【アニポケ】即席コンビ



旅の間はルカリオのみを連れていた。XY32話ではピカチュウと即席コンビを組んでいる。
ジム戦ではシトロン同様にジム専用のポケモンも使用する。ゲーム版と違いルチャブルは不在。

セキタイタウンでの試練を突破しルカリオナイトを入手すると、遂にメガシンカの力を得たが、ルカリオはそれを制御できずに暴走し、R団にも舐められた。その理由を「ルカリオの事を理解していないから」と祖父から厳しく指摘され、新たな試練を課せられた上で旅を続けた結果、漸く波導をコントロール出来るようになり、シャラシティへ戻ることになりサトシたちと別れる。
そしてサマーキャンプ後シャラシティを訪れたサトシ達と再会。メガシンカも完全にコントロールできるようになっており、サトシと別れてから再開するまでのバトルも全戦全勝。秘伝書を盗み出そうとしたR団も容易く撃退している。それも、髪下ろし+寝間着姿のままで。(一同が寝静まった夜中に起きた騒動であるため全員寝間着姿だった)

ジム戦ではコジョフーを先鋒、ゴーリキーを中堅として出しているが、メガルカリオとの差は歴然であるも、ヒノヤコマやルチャブルにダメージを負わせる実力を持っている。
なおルカリオをメガシンカさせる際には、ゲーム中での台詞「命、爆発!」が字幕・演舞つきで出てきた。

XY&Zで再登場し、アランとジムバッジを懸けた勝負するも敗北を喫する。劇場版『ボルケニオンと機巧のマギアナ』に於いてのOPアバンシーンでこのバトルの冒頭が描かれており、メガルカリオへとメガシンカさせている。
巨石ジガルデとの決戦では(本編での場面は無いが)ゴジカの召集に答え、カルネや他のジムリーダー達と集結。サトシ達とも再会し、サトシゲッコウガの活躍に興奮しつつもハリさん救出の突破口を彼らに託した。

ちなみに、彼女のジム戦などコルニが主体のストーリーでは、サブタイトルの演出で彼女が大きく映し出され、サブタイトルには基本的にギュキャが登場する為、ゲストキャラとしては異例な事例となっている。
彼女が映し出された回数は6回で、レギュラーキャラであるムコニャの5回を上回っている。

新無印

7thシーズン21話以降のPVにて再登場が発表され、25話でサトシとカロス地方で開催された、『ポケモン・ワールド・チャンピオンシップス バトルフェス』で再会。彼女もまたダンデを目標に挑戦しており、サトシとスーパーランクに昇格する為のランキングバトルを行う。当然、上記の行動も織り込み済み。
2VS2のバトルでコジョンド、ルカリオを手持ちにゲンガー、カイリューと戦う。
また、サトシが後に戦う事になるサイトウとも交戦し敗北した経験があり、ストイックな彼女からはただ「甘い」とだけ評価されていた。


XYシリーズのゲストキャラが続編で再登場するのはサン&ムーンに登場したキャルシン・リーに引き続き三人目。サトシ達と深く関わったキャラの中では初となった。

手持ち


他媒体

ポケモンマスターズ

CV:美波わかな
ルカリオをバディとして登場。
ストーリー第6章クリアすると仲間にすることができる。
本作ではルカリオと心を通わせた経緯が掘り下げられており、心を通わせる方法としてダンスを選んだものの、コルニはリオルのダンスの上手さに焦りを感じるあまり、転倒しそうになった所をリオルに助けられた時、自分本位だった考えを改めて心が通い合うようになった。この際に「ローリングかかと落とし」なる必殺技を編み出したとの事。(公式イラストに描かれたあのポーズがこの必殺技なのだと思われる。)

関連イラスト

くわんぬ!!
健康的コルニ
コルニ
命、爆発ッ!!



関連タグ

ポケモンXY ジムリーダー ジムリーダー(カロス)

他のかくとうタイプの使い手

シバ シジマ トウキ スモモ レンブ ハラ サイトウ

※同じ女性かくとう使いジムリーダーのスモモとは、幾つか共通点がある。
具体的には、
ルカリオを切り札としている。
②他にも、カイリキー系統も使ってくる。
③それぞれの地方で、戦う順番が3番目となっている。
④アニメ版では何かしらのスランプを抱えており、それを乗り越える描写がある。

アニポケ関連タグ

XY(アニポケ) ボルケニオンと機巧のマギアナ
XYパーティ サトシ シトロン ユリーカ セレナ アラン

原作ではジムリーダーの歴代女性同行者

カスミ 
アイリス:サトシのWCS昇格をかけたバトルをしたキャラクター繋がり。

カップリングタグ

ノマカプ:サトコル シトコル
ポケモン×人間:ルカコル

関連記事

親記事

ジムリーダー(カロス) かろすのじむりーだーたち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コルニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7302228

コメント