ピクシブ百科事典

劇場版ポケットモンスター

げきじょうばんぽけっともんすたー

劇場版ポケットモンスター(ポケモン・ザ・ムービー)は、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの映画シリーズ。ここでは、アニポケ本編とアニポケ劇場版シリーズの区別を行う。
目次[非表示]

概要

1998年7月18日に、第1作となる『ミュウツーの逆襲』が公開され、観客動員数・650万人という通常の劇場版アニメでは考えられないほど記録的な大ヒットとなり、それ以降は、夏休みに入る7月の中旬頃に毎年公開されるのが定番となった。
俗称ポケモン映画

第17作からはポケモン・ザ・ムービーという題名に改名したが、第20作で再び劇場版ポケットモンスターに戻っている。

第7作以降、短編であるサイドストーリーはしばらくの間廃止されていたが、第15作で復活した。しかしその後、第19作の公開を前に再び廃止される事になった。劇場版アニメのサイドストーリーが復活・2度も廃止されたのは、事実上このシリーズだけである。

中川翔子(第10作以降)と山寺宏一特別出演者として、毎年ゲストキャラを演じるのが恒例となっているだけでなく、同一シリーズにて演じたキャラクターの多さでギネス記録に登録されている
第7作から第9作ではベッキーが特別出演していた。

ゲーム作品に未登場のポケモンが映画で初めて登場することが多く、毎シリーズ2作目まではゲームに追加される形での登場、配布となり、シリーズ最終章になると次シリーズに先んじて次世代のポケモンが登場することが定番となっている。

テレビ本編で映画の出来事をサトシ達が言及することは滅多にないので、基本的には別の世界線の出来事の模様である。

一覧

ポケットモンスター(無印・オレンジ諸島・金銀)

これらの5作はアメリカ合衆国でも上映された。

記念すべき第1作となる『ミュウツーの逆襲』は、当時のテレビアニメの劇場版としては日本国内で史上最高の大ヒット。2014年に妖怪ウォッチが公開されるまでは、その記録が破られる事はなかった。

第1作・第2作の脚本担当の首藤剛志色々あって第3作の製作途中より体調を崩しており、3作目の途中から園田英樹が脚本を担当。
当然ながらヒットシリーズながらも少しずつ興行収入が落ちてきたポケモン映画の新たな脚本担当という重圧はかなりのものだったようで、第4作の制作の際に、首藤は園田から「勝ち逃げですか」と言われたことがあったという。
以降、第17作まで園田が劇場版の脚本を担当し続けることになる。

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン公開年興行収入
1ミュウツーの逆襲ピカチュウのなつやすみミュウツーミュウ1998年76.0億円
2幻のポケモン ルギア爆誕ピカチュウたんけんたいルギア1999年64.0億円
3結晶塔の帝王 ENTEIピチューとピカチュウエンテイ2000年48.5億円
4セレビィ 時を超えた遭遇ピカチュウのドキドキかくれんぼセレビィ2001年39.0億円
5水の都の護神 ラティアスとラティオスピカピカ星空キャンプラティアスラティオス2002年26.7億円

アドバンスジェネレーション

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン公開年興行収入
6七夜の願い星 ジラーチおどるポケモンひみつ基地ジラーチ2003年45.0億円
7裂空の訪問者 デオキシス-デオキシスレックウザ2004年43.8億円
8ミュウと波導の勇者 ルカリオ-ルカリオ、ミュウ2005年43.0億円
9ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ-マナフィカイオーガ2006年34.0億円


ダイヤモンド&パール

第11作『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』は前売り券が238万4198枚を売り上げており、2009年7月9日に「最も前売り券が売れたアニメ映画」としてギネス・ワールド・レコーズから世界記録の認定を受けている。

作品名メインポケモン公開年興行収入
10ディアルガVSパルキアVSダークライディアルガパルキアダークライ2007年50.2億円
11ギラティナと氷空の花束 シェイミギラティナシェイミ2008年48.0億円
12アルセウス 超克の時空へアルセウス2009年46.7億円
13幻影の覇者 ゾロアークゾロアゾロアーク2010年41.6億円

ベストウイッシュ

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン公開年興行収入
14ビクティニと黒き英雄ゼクロム/ビクティニと白き英雄レシラム-ビクティニゼクロムレシラム2011年43.3億円
15キュレムVS聖剣士ケルディオメロエッタのキラキラリサイタルキュレムケルディオ2012年36.1億円
16神速のゲノセクト ミュウツー覚醒ピカチュウとイーブイフレンズゲノセクト、ミュウツー/メガミュウツーY2013年31.7億円


XY

第18作・第19作は冨岡淳広が脚本を担当。

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン公開年興行収入
17破壊の繭とディアンシーピカチュウ、これなんのカギ?ディアンシーイベルタルゼルネアス2014年29.1億円
18光輪の超魔神フーパピカチュウとポケモンおんがくたいフーパ2015年26.1億円
19ボルケニオンと機巧のマギアナ-ボルケニオンマギアナ2016年21.5億円

オリジナル作品

第20作『キミにきめた!』は『サン&ムーン』のTVシリーズとは世界観が完全に切り離され、初代(つまり無印)の時分からのリブートとして展開されている。

第21作『みんなの物語』においては、完全なオリジナルの作品として展開されている。そして初めて監督が湯山邦彦氏から矢嶋哲生氏に交代した。これは湯山氏本人の意向であり、「キミにきめた!」では交代を見据えて矢嶋氏を副監督に置いていた。

脚本に関しては、第20作は米村正二が担当しているが、一部に首藤剛志の脚本も使用。第21作はシリーズ初参加の梅原英司高羽彩が担当。第23作では矢嶋哲生が脚本として参加する他、冨岡淳広が4年ぶりに復帰する。

この頃から、マンネリ化の打破のためなのか、作風にもかなりの変化が生じるようになっている
それまでは、伝説ポケモンの脅威にサトシたちが対峙するという内容が多かったが、このオリジナルシリーズでは、“ポケモン”という存在を通して、人間たちが成長する過程や葛藤を描いた群像劇としての側面が強くなっている(リメイク作である『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』を除く)。そのため、人間側の心情描写が多くなり、過去作と比べるとポケモンバトルの描写の比重はやや控えめになっている。

作品名メインポケモン公開年興行収入
20キミにきめた!ピカチュウホウオウマーシャドー2017年35.5億円
21みんなの物語ルギア、ゼラオラ2018年30.9億円
23ココセレビィ、ザルード2020年(公開前)

リメイク作品

第22作は全編フル3DCGで展開される、シリーズ初となるリメイク作品となっている。

作品名メインポケモン公開年興行収入
22ミュウツーの逆襲EVOLUTIONミュウツーミュウ2019年29.8億円

その他

  • 名探偵ピカチュウ:レジェンダリー・エンタテインメント製作の実写映画。同名のゲーム作品が原作。日本では2019年5月3日に公開された。


関連タグ

ポケモン映画(表記ゆれ) 伝説ポケモン
山寺宏一 中川翔子 ベッキー

サトシ&ロケットパーティー
サトシ(アニポケ)サトシのピカチュウムコニャ - シリーズを問わず全ての劇場版に登場(ただし第15作では、ロケット団の3人の台詞が一切ない)。
タケシ(アニポケ) - サトシやピカチュウ、ロケット団の3人と並び、第1作から第13作までのほとんどの劇場版に登場していた。
上記のようにサン&ムーンシリーズの映画は制作されてないが、サン&ムーンで声優を担当する人は何らかの役で担当している者もいる。

ポケモン関連曲一覧 - 劇場版の主題歌一覧はこちらにあります。

劇場版アンパンマン - 劇場版ポケモンと同じく夏休みの定番映画となっている。公開時期は、決まってポケモンよりも先(7月上旬)となっている。

ポケモンの没プロット

外部リンク


外部リンク興行参考データ

関連記事

親記事

アニポケ あにぽけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「劇場版ポケットモンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143287

コメント