ピクシブ百科事典

劇場版ポケットモンスター

げきじょうばんぽけっともんすたー

劇場版ポケットモンスター(ポケモン・ザ・ムービー)は、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの映画シリーズ。ここでは、アニポケ本編とアニポケ劇場版シリーズの区別を行う。
目次[非表示]

概要

1998年7月18日に、第1作となる「ミュウツーの逆襲」が公開され、観客動員数・650万人という通常の劇場版アニメでは考えられないほど記録的な大ヒットとなり、それ以降は、夏休みに入る7月の中旬頃に毎年公開されるのが定番となった。
俗称ポケモン映画

第17作からはポケモン・ザ・ムービーという題名に改名したが、第20作で再び劇場版ポケットモンスターに戻っている。

第7作以降、短編であるサイドストーリーはしばらくの間廃止されていたが、第15作で復活した。しかしその後、第19作の公開を前に再び廃止される事になった。劇場版アニメのサイドストーリーが復活・2度も廃止されたのは、事実上このシリーズだけである。

中川翔子(第10作以降)と山寺宏一特別出演者として、毎年ゲストキャラを演じるのが恒例となっているだけでなく、同一シリーズにて演じたキャラクターの多さでギネス記録に登録されている
第7作から9作目まではベッキーが特別出演していた。

尚、20周年記念として公開された第20作、キミにきめた!は、現在放送中のサン&ムーンの時分ではなく、初代(つまり無印)の時分で展開する(その為、無印系列としてカウントしている)。

ポケットモンスター(無印・オレンジ諸島・金銀)

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン
1ミュウツーの逆襲ピカチュウのなつやすみミュウツーミュウ
2幻のポケモン ルギア爆誕ピカチュウたんけんたいルギア
3結晶塔の帝王 ENTEIピチューとピカチュウエンテイ
4セレビィ 時を超えた遭遇ピカチュウのドキドキかくれんぼセレビィ
5水の都の護神 ラティアスとラティオスピカピカ星空キャンプラティアスラティオス
20キミにきめた!-ピカチュウホウオウマーシャドー


アドバンスジェネレーション

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン
6七夜の願い星 ジラーチおどるポケモンひみつ基地ジラーチ
7裂空の訪問者 デオキシス-デオキシスレックウザ
8ミュウと波導の勇者 ルカリオ-ルカリオミュウ
9ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ-マナフィカイオーガ


ダイヤモンド&パール

メイン(長編)メインポケモン
10ディアルガVSパルキアVSダークライディアルガパルキアダークライ
11ギラティナと氷空の花束 シェイミギラティナシェイミ
12アルセウス 超克の時空へアルセウス
13幻影の覇者 ゾロアークゾロアゾロアーク


ベストウィッシュ

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン
14ビクティニと黒き英雄ゼクロム/ビクティニと白き英雄レシラム-ビクティニゼクロムレシラム
15キュレムVS聖剣士ケルディオメロエッタのキラキラリサイタルキュレムケルディオ
16神速のゲノセクト ミュウツー覚醒ピカチュウとイーブイフレンズゲノセクトメガミュウツーY


XY

メイン(長編)サイド(短編)メインポケモン
17破壊の繭とディアンシーピカチュウ、これなんのカギ?ディアンシーイベルタルゼルネアス
18光輪の超魔神フーパピカチュウとポケモンおんがくたいフーパ
19ボルケニオンと機巧のマギアナ-ボルケニオンマギアナ


余談

  • 脚本

第1、2作は首藤剛志、第3作は首藤(入院の為シナリオ半分)と園田英樹、第4作以降しばらくは園田、第18作は冨岡淳広が脚本を担当している。第20作は米村正二が担当しているが、一部に首藤剛志の脚本も使用。

  • 劇場興行成績
劇場興行収入は基本的に右肩下がりになっていっているが、AG編の6作目からデータ配信などの特典をつけることで収益を回復させてきた。

しかし新シリーズごとに低下していく傾向にあることは否めず、アニポケ5期XY編では日本国内での映画収益は回復しなかった。

アニポケ1期無印
※1作目は、当時のテレビアニメの劇場版としては、日本国内で史上最高の大ヒットとなった(その記録は、2014年に妖怪ウォッチが公開されるまで破られる事はなかった)が、海外上映は4作目が大失敗に終わった為、5作目までの公開となった。なお、その5作目も日本では長らくシリーズ史上最低の売り上げだった。
無印の時分で展開する20作目も便宜上こちらに含む。また、こちらは5作目以来となるアメリカでの上映も予定されている。
公開年動員数興行収入興行収入(海外)タイトル
1998654万人72.4億円8574万4662ドル(約94億円)ミュウツーの逆襲
1999560万人62.0億円4374万6923ドル(約50億円)幻のポケモン ルギア爆誕
2000450万人48.5億円1705万2128ドル(約19億円)結晶塔の帝王 ENTEI
2001360万人39.0億円173万2301ドル(約1億9900万円)セレビィ 時を超えた遭遇
2002250万人26.7億円74万4928ドル(約8500万円)水の都の護神ラティアスとラティオス
2017キミにきめた!

アニポケ2期アドバンスジェネレーション
※配信ポケモンの配布を開始し、収益を18.3億円も回復させる事に成功。
公開年動員数興行収入タイトル
2003430万人45.0億円七夜の願い星 ジラーチ
2004420万人43.8億円裂空の訪問者 デオキシス
2005410万人43.0億円ミュウと波導の勇者 ルカリオ
2006321万人34.0億円ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ

アニポケ3期ダイヤモンド&パール
※このシリーズの1作目は、1期の2作目以来、実に8年ぶりに、50億円以上の大ヒットを記録した。そしてこのシリーズは、全ての劇場版シリーズの中で唯一、40億円を下回っていない。
公開年動員数興行収入タイトル
2007480万人50.2億円ディアルガVSパルキアVSダークライ
2008466万人48.0億円ギラティナと氷空の花束 シェイミ
2009454万人46.7億円アルセウス 超克の時空へ
2010400万人41.6億円幻影の覇者 ゾロアーク

アニポケ4期ベストウィッシュ
※このシリーズ以降、日本国内での興行成績は徐々に低下していった。それは、後のXY編にも大きく影響される事ともなった。
公開年動員数興行収入タイトル
2011419万人43.3億円ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム
2012347万人36.1億円キュレムVS聖剣士 ケルディオ
2013295万人31.7億円神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

アニポケ5期XY
※上述したように、前シリーズから日本国内での興行成績が低下したままの記録となっており、2015年以降は第5作目の最低記録を更新している。
公開年動員数興行収入タイトル
2014254万人29.1億円破壊の繭とディアンシー(XY)
2015226万人26.1億円光輪の超魔神フーパ(XY)
201621.5億円ボルケニオンと機巧のマギアナ(XY)

関連タグ

ポケモン映画(表記ゆれ) 伝説ポケモン
山寺宏一 中川翔子 ベッキー

サトシ&ロケットパーティー
サトシ(アニポケ)サトシのピカチュウムコニャ - シリーズを問わず全ての劇場版に登場(ただし第15作では、ロケット団の3人の台詞が一切ない)。
タケシ(トレーナー) - サトシやピカチュウ、ロケット団の3人と並び、第1作から第13作までのほとんどの劇場版に登場していた。

劇場版アンパンマン - 劇場版ポケモンと同じく夏休みの定番映画となっている。公開時期は、決まってポケモンよりも先(7月上旬)となっている。

ちなみに

アンノーン・ザ・ムービーシリーズとは間違ってもタグ入力してはいけないのだ・・・。

外部リンク

  • WEBアニメスタイル - アニメ制作関係者のコラムをメインとしたサイト。脚本担当の首藤氏の連載ページにリンク。


外部リンク興行参考データ

pixivに投稿された作品 pixivで「劇場版ポケットモンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332964

コメント