ピクシブ百科事典

ザルード

ざるーど

『ポケットモンスターソード/シールド』に登場する幻のポケモン。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.
ぶんるいわるざるポケモン
タイプあく/くさ
たかさ1.8m
おもさ70.0kg
とくせいリーフガード


概要

ポケットモンスターソード/シールドに新たに登場する幻のポケモン
姿のシルエットはコロコロコミックにていち早く紹介され、2020年2月27日「pokemonday」にて、「pokemon of the year」の結果発表の最後に情報が解禁された。

タイプはコノハナダーテングノクタスと同じ「あく・くさ」の複合タイプで、あくタイプはときはなたれしフーパ以来、くさタイプはシェイミ以来の幻のポケモンである。

全身が黒い体毛で覆われたサルのような姿のポケモンで、密林の奥地に暮らし、個体数が少ない筈の幻のポケモンにしては珍しく、群れを作って生活している(尤も、シェイミ等はそれなりの群れを作る事が判明している)。

ザルード


首の後ろや手首、踵からは、靱やかさと強度に優れたツルを自在に生やすことができる能力を持つ。
木の枝に巻きつけて移動に使ったり、離れた枝になる実を採ったりと、様々な用途があるようだ。加えて治癒効果も持たせられるらしく、傷ついた場所に巻きつけて治すこともできるという。
器用な一面も持ち、バトルでは木の幹や枝を駆使して敵に襲いかかり、鋭い爪で切り裂くなど、猿らしい俊敏さを活かした戦いを得意としている。

一方で非常に気性が荒く、仲間以外に対しては敵意を剥き出しにして問答無用で攻撃を仕掛ける乱暴者でもあるため、森に暮らす他のポケモン達からは恐れられているらしい。

レベル90まで育てると専用技「ジャングルヒール」を覚える。

アニメでの活躍

ザルード父ちゃん


ある個体が劇場版最新作『ポケットモンスター ココ』のキーパーソンを務めている。
従来のザルードより大きめな体躯を持ち、首回りには数字入りのボロ布をマントの様に巻いているのが特徴的。

昔、森に独り置き去りとなっていた人間の赤ん坊を見つけ、後に"ココ"と呼ばれる事になるその子を森の掟に反して育てる事を決めた。
以降、親としてココの成長を見守り、彼からは「父ちゃん」と呼ばれている。

余談

ヤナッキー系統やゴリランダー系統とは、猿モチーフ、くさタイプ、強面、植物関連の能力と被る部分が多く、種族間で何らかの関係性があるのではと考えるファンもいる。

ゴリランダーはその名の通り類人猿ゴリラがモチーフだが、ザルードはその外見からアイアイキツネザル等の原猿類モチーフになっているのではないかと考えられる。更に長い腕や雰囲気からは、クモザルの要素も入ってると思われる。
特に、アイアイは風貌が似ていることに加え、「悪魔の使い」として現地の住民たちから忌み嫌われ、一時は駆除の対象となって絶滅の危機に追い込まれたこともある等、森の厄介者と言われるザルードとの共通点が多い。

ただし、アイアイはザルードのような気性の激しい動物ではない。また、ザルードは群れで生活を送っているとされるが、アイアイは基本的に単独生活を送っており、このあたりも大きく異なっている点である(群れで生活しているという設定はキツネザルが元になっているのかもしれない)。

ザルードは前売り券購入の特典でのみ入手できることになっているが、新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、現在前売り券の販売に無期限延期の措置が取られているため、今後ちゃんと配信できるのか、ファンの間では懸念の声が上がっている(というより、そもそもの問題として映画そのものを無事に製作し、公開できるのかすら危ぶまれているのだが)。一応、監督は必ず配布はすると明言しているため、今後の続報に期待しよう。

関連タグ

幻のポケモン
ポケモン剣盾
あくタイプ くさタイプ

関連記事

親記事

幻のポケモン まぼろしのぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザルード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156948

コメント