ピクシブ百科事典

ココ(ポケモン映画)

ぽけっともんすたーここ

劇場版ポケットモンスター23作品目のタイトル。
目次[非表示]

君に伝えたい。

概要

2020年公開のシリーズ初の冬に公開される映画(下記)。前作『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』が映画第1作のリメイクだったことから、本作が令和になってから初の完全新作映画となる。

タイトルの短さではシリーズ随一。タイトルロゴは『キミにきめた!』『みんなの物語』で用いられたものと同一のデザインであるが、テレビシリーズでも同じロゴが用いられるようになったためか、色が青から緑に変わっている。
この2作と同様、テレビシリーズとは関係ないオリジナルストーリーとなる。

根幹となる幻のポケモンよりも人間のキャラクターにクローズアップがなされていることも特徴的で、PVおよびキービジュアルにはタイトルを飾っている少年ココの姿が大きく描かれている。更には今までTVシリーズや劇場版ですら語られなかったサトシの父親について彼自身から語られると監督から言及された(Webコラム アニメ&ゲームより)。

時を超えた遭遇』に登場したとある祠と同様の物も予告には見られたが、少なくとも公開された作品そのものに、『時を超えた遭遇』とのリンクはほとんど見られない(セレビィが物語に関与すること、サトシがセレビィを覚えているかのような一言を漏らす程度)。作品のテーマはポケモン没プロットである『人とポケモンとの対立』を劇場版として凝縮構築されたと推測される。

出演する幻のポケモンはセレビィ(色違い)とザルード
本作の前売り券購入特典もこの2体となっており、特に色違いセレビィが入手可能となるのは『クリスタル』のイベント以来久々のこととなったため、発表された際にはTwitterを中心に大きな話題となった。

入場者プレゼントはポケモンカード『ココ』、ポケモンメザスタ『ザルード』、ゲーム本編で使えるセレビィのブランケットを巻いた『父ちゃんザルード』シリアルコードを配布(年齢制限無し)。コロナ影響下であるが、確実にゲットするなら時間に余裕を持って初日からの観覧をお勧めする。

音楽面ではSMの主題歌を担当した岡崎体育のプロデュースにより、著名アーティスト(トータス松本Beverly木村カエラ等)が参加した複数の楽曲が劇中で使用されるという劇場版初の試みがなされている。

ナレーションは亡くなった石塚運昇氏に代わり、本作から堀内賢雄がテレビシリーズ同様に担当する。

前売り券、公開日の延期について

本来前売り券の販売は4月17日、映画公開は7月10日を予定していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、一時期は無期限の延期状態となっており、新規の販売の日程も発表されていないなど、無事に配布と映画公開が行えるかは不透明となっていた(矢嶋哲生監督は必ず配布させると公言している)。

その後、前売り券の販売が同年の8月7日に、映画公開日が同年の12月25日に決まる。劇場版ポケットモンスターシリーズの作品が夏以外の時期に公開されるのは史上初(ポケットモンスターシリーズを原作とする長編映画としては、2019年春に公開された実写版『名探偵ピカチュウ』に次いで2作目)。

登場人物



主題歌

オープニングテーマ

エンディングテーマ
メインテーマ

関連動画



関連タグ

劇場版ポケットモンスター
アニポケ ココ 
ポケモンカフェミックス
(2020年12月中旬~2021年1月末まで色違いセレビィが手に入るデイリースタンプイベントが開催されていた)

公式企画

ポケモンココイラコン
サンデーうぇぶり&pixiv大賞

オヤコノカタチ





リンク

公開サイト

関連記事

親記事

劇場版ポケットモンスター げきじょうばんぽけっともんすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ココ(ポケモン映画)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414161

コメント