ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「夢と冒険と!」
ポケットモンスターの世界へ!」
「「レッツゴー!!」」

「最強の王者ダンデとのバトルを目指すサトシ。」
「全てのポケモンをゲットし、ミュウに辿り着くという夢を持つゴウ。」
「これは、そんな2人の日常と冒険を描く物語である」
―14話以降のアバンナレーションより―

概要

アニメ『ポケットモンスター』シリーズ第7弾。『サン&ムーン』に引き続き、2019年11月17日から放送されている。

令和への改元後初の新シリーズであり、公式曰く「令和の時代に描かれる『ポケットモンスター』のアニメは、すべての世代に楽しんで頂ける内容となっています」とのこと。

過去のタイトルは、原作となるゲームタイトルに因んだものであるが、今作は1stシーズン以来のサブタイトルやナンバリングも付かない『ポケットモンスター』
タイトルロゴは劇場版キミにきめた!』や『みんなの物語』で用いられたものと同じデザインである。
1stシーズンが「無印」と略されることから、「新無印」と呼ぶファンが多い。

サトシとその相棒ピカチュウはこれまで通り続投。
加えてサトシとのW主人公として、新キャラのゴウの登場が発表され、パートナーポケモンはガラル御三家の一体であるヒバニー
アニポケでW主人公が採用されるのは『DP』以来13年ぶりで、男2人主人公かつ二人旅は史上初である。

サトシ&ゴウ


今迄は販売促進を兼ねて、放送開始近くに発売されたゲームの舞台(地方)を中心に巡るのが定番であったが、今作はカントー地方から最新のガラル地方までの「すべてのポケモンの世界」が舞台となることが放送前から告知され、原作ゲームの最新作『ポケットモンスター ソード/シールド』はあくまで世界観の一部であるという事実が発覚。

基本的にカントーのクチバシティが拠点兼主な舞台となっており、その中で話を展開するか、他の地方には1話中(ガラルのみ2話)で遠征しては帰るという流れになっている1話完結の単発ストーリーが中心。過去のシリーズで見られた連続ドラマ的な展開は少ない。

その為、開始から後述の放送延期までの5ヶ月の話では、最新作のガラルを始めとした第六世代以降のポケモンはあまり登場しておらず、メッソンサルノリが登場すること無くヒバニーが進化するという前例無き構成となっている。
放送再開後はキバナサイトウといったガラルの人物たちが続々と登場しジュラルドンオトスパスといったガラルポケモンを繰り出したほか、コルニアローラ地方の仲間たちとの再会&バトルといった展開もあり、上記の懸念はおおむね払拭された。

ストーリーフォーマットも26話でシリーズ初15分×2本立てや、32話で(特別編・番外編を除く)本編全話に登場していたサトシとピカチュウが全く登場しない回など、これまでにない展開が存在する。

このような構成となったのは、アニメを取り巻く環境の変化の影響とされている。シリーズ放送中に少子化が加速した事や、前作で日曜日に放送枠が移動したことが主な要因として挙げられる。日曜日は外出などで毎週視聴できるとは限らない上、裏番組に『ちびまる子ちゃん』が君臨している事などから、ゲーム版『ソード&シールド』をベースにするのではなく、アニメオリジナルストーリーに剣盾の要素を組み込む形になった。

制作スタッフの多くは引き続き続投するが、劇伴音楽が宮崎慎二氏から林ゆうき氏に交代するなど一部のスタッフの変更がある。ただし一部作中で宮崎氏が製作した劇伴音楽が使われる事がある。

今回もポケモンの家あつまる?の番組連動データ放送とも連動しており、放送を視聴してゲージを貯めるとモンスターボールを取得(本編含め最大マスターボール)、ED中ゲージを貯めて出現させたポケモンに投げ入れコレクト可能となる(最大5つ)。

web配信はこれまでのシリーズ同様AmazonPrime及びhuluでの有料配信に加え、アニポケシリーズ史上初となるYouTubeでの無料見逃し配信も行われている。

コロコロコミックでも本編に準えたコミカライズ『サトシとゴウの冒険』が単行本化の際、副題に入り五味まちとの画でなされているも、『WCP』をメインとしている。

アニポケシリーズでは『ダイヤモンド&パール』『サン&ムーン』を除き、社会的な状況を考慮した放送中止や放送延期の措置が多々あったが、本作の場合、新型コロナウイルスの感染拡大により、新作制作の一部作業が見合わせになったことになり、2020年4月26日放送予定だった23話以降の放送が延期され、同日から過去の再放送のエピソードが行われる(同時に番組連動データ放送によるポケモン取得も一時休止)。その後、6月7日から最新作の放送が再開される事が発表された。

本放送枠での再放送はシリーズ通算23年目にして初。今回の事例に関しては他のアニメ作品でも同様の措置を執ることを余儀なくされている

8月下旬から『ポケットモンスター オーロラからのメッセージ』なる番外編が登場するも、これはコニカミノルタ プラネタリウムとのコラボであり、西日本各地数ヶ所しか上映していない。上映時間は27分。

37話の挿話終了後、2020年10月9日より金曜夜18時55分枠への移動が発表。2年ぶりのゴールデン復帰となり、日本の民放では2019年9月13日の『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系列)以来のゴールデンアニメ復活になる。ちなみにこの時間帯は長年『ドラえもん』の放送枠として親しまれていた。それと並行して、四週連続でYouTuberでのトークに加え、新章『ソード・シールド編』へと突入。新ビジュアルイラストにはサトシのルカリオ、ゴウのエースバーン、コハルとイーブイ、サンダーやミュウツーなどの伝説のポケモンのほか、ガラル地方の化石ポケモンであるウオチルドンや何故かヌマクローが登場している。

登場人物

主要人物

主人公と相棒ポケモン

サトシ
炎のキック


サクラギ研究所
ロケット団

サブキャラクター

サトシの関係者

サクラギ家
ゴウの家族
  • イクオ(CV:増田隆之)
  • クルネ(CV:根谷美智子)
  • トメ(CV:吉沢希梨)
ロケット団上層部
その他

ゲスト

新無印ゲストを参照。

※1…ムコニャ登場回ではノンクレジット。
※2…それぞれの持ち役との兼任の為ノンクレジット。

主題歌

OP
1・2・3
作詞、作曲、編曲:まふまふ
歌:After the Rain(1※~31話)
  西川くんキリショー(32話~)
※物語の都合上ED。

ED
1.『ポケモンしりとり〈ピカチュウ→ミュウ〉Ver.』
2.『ポケモンしりとり〈ミュウ→ザマゼンタver.〉』
作詞、作曲、編曲:パソコン音楽クラブ
歌:ポケモン音楽クラブ(増田順一/パソコン音楽クラブ/ポケモンキッズ2019)
主題歌プロデュース:増田順一

※39話はオフボーカル短縮Var

スタッフ

原案田尻智増田順一、杉森健
アソシエイトプロデューサー鈴木絵里子
クリエイティブ・スーパーバイザー湯山邦彦
シリーズコンストラクション米山正二
アニメーションコーディネイター吉川兆二、坂元鼓太郎
キャラクターデザイン安田周平
美術監督武藤正敏
色彩監督吉野記通
撮影監督鈴木大倫
編集野川仁
主題歌プロデュース佐野弘明、毛谷村伸也
音響監督三間雅文
音楽林ゆうき
音楽協力テレビ東京ミュージック
協力ジェイアール東日本企画
アニメーションプロデューサー加藤浩幸
プロデューサー関口彩香、田中茂裕、根岸智也
掲載小学館、ポケモンファン、コロコロイチバン!、てれびくん、ベビーブック、幼稚園、小学一年生、ちゃお、ぷっちぐみ
アニメーション制作OLM TEAM KATO
監督小平麻紀
総監督冨安大貴
制作テレビ東京、MEDIANET、ShoPro


余談

  • 前作の途中で放送枠が変わったことにより、今作は奇しくも本放送の開始日が前作と同じになった。


  • 2話で描写されたサトシの部屋には、各地方で手に入れたジムバッジやフロンティアシンボル、オレンジ・アローラリーグで手に入れたトロフィー、セキエイ大会のメモリアルプレート、Zパワーリングなどが飾られており、これ迄全てのシリーズの世界観を受け継いだ続編であることが明確に描写されている。

  • ゴウの名前からもわかる通り、『ポケモンGO』を意識したかのような要素が多い。
    • 2話で伝説のポケモン相手にレイドバトルが始まる点、ゴウがポケモンに出会うとバトルせずに開幕投球する、特定の地方ではなく世界全てを舞台としている、これにより特定地方にしか生息しないor特定地方では生息しないポケモンも登場しやすくなっているetc。
    • 背景には『ポケモンGO』による新規ユーザーの新規参入や、ゲーム本編の新作開発スケジュールとの整合性を考えずストーリーがよりバラエティ豊かなものになりマンネリ回避のメリットが関係していると推測される。
    • 現実世界を舞台とした『ポケモンGO』の要素を導入し始めた影響か、作品内で学校やポケモントレーナー以外の職業といった概念が本格的に登場し始め、ポケモントレーナー以外(メタ的に言えばポケモンファン以外)から見たリアリティのある日常描写が増えた。特にコハルメインの11話はその描写が顕著である。
    • 波導の勇者や原作ゲームではリニアモーターカーが発達した世界観であるように描かれているが、今作では電車やバスが本格的に登場するなど、現実世界よりの世界観に再構成されている事が判明している。

関連イラスト

ポケモンアニメ チビ!!


サトシ&ゴウ
ポケモン



関連動画







関連タグ

アニポケ サトシの旅シリーズ
ポケットモンスター(アニポケ):こちらはアニメ第1シリーズに関する記事。

ダンボール戦機W/アイドルタイムプリパラ:同じテレビ東京で放送されていたW主人公とチャンピオン(彼女の場合神アイドル)になった主人公が新人の後輩主人公と共に物語を進行)つながりのアニメ。前者は同じアニメ制作会社(コハルの中の人もこちらでヒロインを演じていた)。後者はポケモンと同じオモチャを販売、アーケード版を稼働している会社。

仮面ライダージオウ:歴代キャスト出演と歴代作品世界移動の繋がり。放映時期に遠いのはこっち。ポケライダー

関連記事

親記事

サトシの旅シリーズ さとしのたびしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3101769

コメント