ピクシブ百科事典

OLM

おーえるえむ

日本のアニメ制作会社の1つ。
目次[非表示]

表記に関して

会社としては「オー・エル・エム」表記が正しい。(ウィキペディアでもこちらで立ち上げられている)

ピクシブ百科事典では、タグとして機能している「OLM」として表記する。

概要

オービー企画(スタジオパステル)、スタジオぎゃろっぷ、スタジオジャイアンツ、アニメアールの4社(オービー企画の下請けであるパステルを含めると5社)に所属していた複数名の演出家およびアニメーターが1994年に共同独立して成立したアニメ制作会社

設立当初はKSSのアニメ企画部門から外注を得て、アニメの制作を行っていた。その時代の作品に関してはKSS制作名義とされ、実制作者であるOLMや後述する制作チーム名に関してはノークレジットとなっている。

テレビアニメでの初仕事は別社名義でノークレジットではあるものの『愛天使伝説ウェディングピーチ』(TEAM OTA)である。

主な作品として『ポケットモンスター』シリーズ、『レベルファイブ』作品、近年は『ヒミツのここたま』や『ベイブレードバースト』に代表されるキッズ向けアニメーション制作が有名。その一方で、過去にはKSSの外注で『ToHeart』なども制作していた。
(※OLMの岩佐岳が独立してWHITEFOXを設立した為、OLMとしてはキッズアニメーションオンリーにシフトしたと言えるのかもしれない)

アニメーション制作にはプロデューサー単位のチーム制を導入しているのが特徴で、アニメのEDクレジットには社名のOLMに加えチーム名が入り、『OLM Team ○○』と表記される。

近年では実写製作も行っている。

アニメ制作会社としては中堅規模であるが、同社の制作システムがポケモン関係者から評価されたことで、アニメポケモンシリーズの制作を行うようになったことが著書『ポケモン・ストーリー』の中で触れられている。
2008年にイナズマイレブンの担当をきっかけにポケモン以外の4クール以上の長期アニメを多く担当することになり作画の安定率も高かったが2012年から目に見えて不安定な作品も散見される。

制作作品


原作あり(漫画・ゲーム)


原作あり(PCゲーム原作)


自社制作ほか(オリジナル)


特撮作品


など


関連項目

湯山邦彦 一石小百合 毛利和昭
奥野敏聡:、オー・エル・エム代表取締役社長兼プロデューサーで2010年8月にIGポートの取締役も就任したためかProductionIGや子会社のXEBECWIT_STUDIOと共同製作や製作協力する機会が増えた。


WHITEFOX:一部スタッフが独立して設立したアニメスタジオ
XEBEC:上記にもある通り共同制作で組む事が多いアニメーション制作会社。主にバディファイト、バンドリ等。

pixivに投稿された作品 pixivで「OLM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75581

コメント