ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ゾイドの未来はZEROから始まる。

概要

2019年7月から始まった『ゾイドワイルド』新シリーズのメディアミックスのひとつ。令和初のゾイドアニメとなる。

カントリーな世界観を舞台に展開されるスラップスティック調のストーリーを描いた異色の前作から一転、未来的な文明や進化ゾイド主体の共和国VS兵器ゾイド主体の帝国といった国家間での戦争を描いた従来シリーズのコンセプトに回帰したストーリーが展開される。

コミカルなキャラクターや随所に挿入されるギャグなどが際立った前作に比べて視聴年齢層は
一回り引き上げられており、雰囲気も1999年に放送された第1作目『ゾイド-ZOIDS-』と2001年に放送された第2作目『ゾイド新世紀/ゼロ』(OPやアイキャッチなどに同2作のオマージュが見られる)に近い作風となった。

制作スタッフ

監督は両作品の監督を務めた加戸誉夫氏が、キャラクターデザイン担当は両作品のデザインを担当した坂崎忠氏が務める事になる。

シリーズ構成は荒木憲一(第1作、第2作で脚本担当)、撮影クルーに広瀬勝利(第1作、第2作の撮影監督)など、スタッフも第1作と第2作のスタッフが再集結するが、アニメーション制作は『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』、前枠の『イナズマイレブンオリオンの刻印』を担当したOLMが『ゾイドワイルド』から続投している(※『ゾイド-ZOIDS-の制作を担当したXEBECが既に吸収合併されていた為。この辺りの詳細は該当リンク先にて)。

また、本作の傾向として帝国軍の主要軍人の多くには過去のアニメゾイドシリーズ出演経験者が起用されており、更にナレーターは『ゾイド-ZOIDS-』の『ギュンター・プロイツェン』役の大塚芳忠氏が担当している。

公式側は『ゾイドワイルドの時代から過去の物語』と公表しており、監督も『(前作ゾイドワイルドとの)関連がある』とも語っている。
『ゾイドワイルドZERO』というタイトルも『ゾイドワイルドの原点』という意味であり、作品の世界観としては(多少異なっているとはいえ)前作と繋がっている模様。その関係としては『ゾイド新世紀/ゼロ』が『ゾイド-ZOIDS-』の遥か未来の世界であった関係が逆転した感じと思われる。ただし、後述するゾイドの設定が前作とは大きく異なっており(ゾイドの大きさやワイルドブラストの設定など)、今後の展開でこの設定のズレをどう補完するのかが注目される。

1作目終了から少し間を置いた10月から放送開始(アニメサタデー630枠が『ゾイドワイルド』放送終了と同時に終了した事もあり、アニメ新シリーズの情報は放送終了間際になっても公表されずしばらく不明なままであった)。放送局は過去に『ゾイドフューザーズ』及び『ゾイドジェネシス』を放送していたテレビ東京系列へと変更される。

TBSからテレビ東京へと時間を置かず続編に近い形で引き継ぐのも、テレビ東京版の方が従来のゾイドに近いのも、90年代・00年代と逆転している。
ちなみにゾイドアニメでは初めて第1話ではOPアニメだけがカットされている(OP曲は挿入歌として初披露されている)。

本作のゾイド

登場するゾイド達(ジャミンガを除く)は再登場する前作のゾイド達も含めてサイズがキットの設定よりも大型化しており、キットの設定では全高10m台のグラキオサウルスが高層ビルに匹敵する巨体で描かれた。過去のアニメにおいてもはキットの設定やバトルストーリーの機体よりも巨体で登場した例はあるが、登場する殆どのゾイドにそれが当てはまるのは今作が初めてになる。

また、ゾイドの搭乗方式も操縦桿や座席すらなく文字通り跨るのみだった前作から打って変わって操縦桿を備えた全周囲型のスクリーンを備えたコックピットが描かれるようになったが、搭乗の際にコックピットブロックが実体化して搭乗者の周囲を覆う今までにないものとなっている。ただし、これはあくまでアニメ独自の描写であり、残念ながらキットでは再現されていない。

ワイルドブラストはエヴォブラスト(進化ゾイド)・マシンブラスト(兵器ゾイド)に名称変更。発動プロセスは左右の操縦桿を引き出すことで行われ、耐Bスーツ(いわゆるパイロットスーツ)無しでの発動は危険という設定がある。ロボットアニメではロボットを操縦すする際によく見られるメジャーな服装だが、ゾイドアニメシリーズ全般においてパイロットスーツを着用する描写は珍しい。

ゾイドとの共存を理念に掲げ、負担を最小限に抑えた共和国側の進化ゾイドに対し、ゾイドの軍事利用を目論む帝国側の兵器ゾイドにはZ-O(ゾイドオペレート)バイザーと呼ばれるアイバイザー型の装置が付けられているのが特徴で、かつてのシリーズのように陣営によってデザインや運用体制が異なっている。

このような「原点回帰」と言える要素は旧来のゾイドファンからは「やっぱりゾイドはこうでないと」などと歓迎されている一方、キットとの齟齬を心配する声や、野生やゾイドの権利への描写を売りにした『ゾイドワイルド』本来の世界観を結局活かしきれずに捨ててしまったという意見も少なからずある。

あらすじ

ゾイドとは、銀河の彼方に生息する、戦う意思を持った金属生命体である。
惑星Ziが最期を迎え、人類は第二の故郷として地球を目指すが、叛乱者の造反と、Ziフォーミング用のゾイド因子の暴走が重なり、ワームホールの突入によるタイムワープで移民船は21世紀の地球に辿り着き、その影響でゾイドが大量に出現。

Ziフォーミングの失敗が原因により、ゾイドの凶暴化と大破壊から度重なる地殻変動で地球文明は一度滅び、ゾイドも環境に適さず眠りについた。
後に『ゾイドクライシス』と呼ばれる事件から100年もの時が経った新地球歴30年
レオは自ら発掘し、とある事件で変異したビーストライガーを相棒に、地球の未来を左右する少女サリーが身に付けたペンダントに導かれるまま冒険の旅へと出発した。
(※公式サイト+追記文)

登場人物およびゾイド

主人公サイド


共和国軍


帝国軍


所属不明


  • ジャミンガ :アーマーが無いヴェロキラプトル種ゾイドディロフォサウルス種ゾイドに似ているが、全身が錆びてボロボロになったような姿の野生とおぼしきゾイド(サイズは人間と比較してキット版やアニメ第1期版に近い)。その見た目と緩慢でぎこちない動きから視聴者にはゾンビゾイドと呼ばれることも。通常ゾイドに比べれば人間用の火器を数発撃ち込むだけで倒される程遥かに弱いが、一般人からすれば十分に脅威。リュックからは「ゾイドのなり損ない」、バズからは「本来は存在するはずがない」と言われている。Ziフォーミングの失敗によって発生したことが語られ、第13話でリジェネレーションキューブの暴走と同時に出現した事でキューブとは密接な関係がある事が描写され、第17話までは他のゾイドにも似たジャミンガがいるかは不明だったが第18話でのフランク博士のゾイド因子の実験の失敗でティラノサウルス種ゾイド似の大型ジャミンガが誕生した為、条件次第では他のゾイドに似たジャミンガが誕生し、劇中では描写されていないだけで出現していた可能性があるがその具体的な発生メカニズムがどういうものか不明な部分も多い。

主題歌

オープニングテーマ

『Blue Blue Blue』

エンディングテーマ

『ヒカリ』

関連画像

ゾイドワイルドZERO
ゾイドワイルド進化VS兵器



関連動画



関連記事

ゾイド ゾイドワイルド
ゾイドワイルド2・・・同時期に『コロコロコミック』で連載された作品。本作とは異なる世界観となっている。

ゾイド-ZOIDS-
ゾイド新世紀/ゼロ
ゾイドフューザーズ
機獣創世記ゾイドジェネシス
ゾイドワイルド(前作)

妖怪ウォッチ!:ゾイドの後時間帯に放送。制作会社繋がりでもある。

関連リンク

ゾイドワイルドZERO(アニメ公式サイト)
ゾイドワイルド(玩具公式サイト)

関連記事

親記事

アニメゾイド あにめぞいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾイドワイルドZERO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189059

コメント