ピクシブ百科事典

デスザウラー

ですざうらー

「圧倒的な力」の化身であるゾイド。設計者はゼネバス帝国で幾多のゾイド設計した名技術者、ドン・ホバート博士。
目次[非表示]

デスザウラーとは、トミー(現:タカラトミー)の『ゾイド』シリーズに登場する恐竜型ゾイドである。

概要

ヘリック共和国と惑星Ziの覇権を争っていたゼネバス帝国が、決戦兵器として開発した恐竜型大型ゾイドで、開発のために国力の全てをつぎ込んだこともあり、その性能は並のゾイドでは足元にすら及ばない。

ゴジュラス以上の高い格闘能力を持ち、全身を覆う超重装甲(スーパーヘビーガード)はいかなる攻撃を受け付けず、それでいて優れた機動性と運動性能を有したあらゆるバランスが高水準で両立している極めて完成度の高いゾイドである。さらにゾイドシリーズのご多分に漏れず無茶な改造もこなすので派生機も中々に多い。

新旧シリーズを問わず、バトルストーリーやアニメ「最強のゾイド」として扱われる事が多いデスザウラーだが、後に共和国軍が開発した宿敵マッドサンダーを皮切りとしてデッドボーダーギル・ベイダーキングゴジュラスゴジュラスギガ等、本機以上に強いゾイドは多数登場しており、現在では決してそうだとは言い切れない。
また旧バトルストーリー3巻では雪山にある基地へ支援に向かったものの、改造マンモスの冷凍ガス攻撃を食らって撃退されたり(ただし鹵獲や撃破はされていない模様)、4巻でディバイソンにより火口に突き落とされたり、苦手な海戦でウルトラ艦隊に袋叩きにされたり等、特殊な武装や地の利を活かした戦いによって格下の相手に敗れるような事もあるなど、物語後半からはかませ犬のような扱いも目立ったりしていた。

とはいえ、デスザウラーの開発・投入がもたらした技術的影響は大きく、超大型ゾイド開発史において欠かせない存在であるのも事実であり、バトストにおける息の長い活躍やアニメで見せたインパクトから、ゾイドファンの間ではいまだに本機種を最強のゾイドに推す者が多いのも事実である。

武装

大口径荷電粒子ビーム砲

デスザウラーの代名詞的必殺兵器。そのまんま電荷を帯びた粒子帯を加速器(ゾイドシリーズの場合はシンクロトロンを使っているらしい)で高速射出する古典的な大出力ビーム砲。
「直撃すると物質が原子レベルで分解されるため通常装甲では防御不可(要するにエネルギー量が多いため、物質の原子間結合を保持している電子を電離させてしまう)」だそうで、ゴジラよろしく口腔内についている。直撃すればゴジュラスでさえも一瞬で蒸発させてしまう威力を持つが、構造上連射が効かないほか、意外なほど射程が短い。

電磁クロー/ハイパーキラークロー

ある意味で荷電粒子砲と並んでデスザウラーを象徴する武装。ゴジュラス以上の格闘能力の要となる巨大かつ鋭利な腕の鉤爪で、その威力はデスザウラーの凄まじいパワーも相まって中型ゾイドくらいなら一撃で粉砕するほどとされる。さらに爪から放つ高周波により掴んだ敵ゾイドの内部メカを破壊してしまうとのこと。

オーロラインテークファン

背中にある赤い換気扇みたいなもの。荷電粒子砲の弾に相当する粒子はこれで外部から収集される。メディアによって荷電粒子を吸い取ったり静電気を吸い取ったり一定しないが、前者であるなら惑星Ziには大気中に荷電粒子がわさわさあるらしい。ただし発射の際の電源は本体の物を使うらしく、荷電粒子砲はだいたい3発くらいしか撃てないらしい(吸い取った粒子を蓄えてエネルギーにもできるようだが)。ついでに構造上内部メカと直結しているため機体の最大の弱点となっているという欠点も持つ。そのため、武器のほとんどをファンの周辺に配置することで後ろからの攻撃に対応している。

戦歴

ゼネバス帝国の中央大陸帰還後の共和国侵攻作戦が、初の実戦参加となった。
ロールアウト直後の機体にはトビー・ダンカン少尉が搭乗し、単機でゴジュラスの大部隊を基地ごと壊滅させ(この時基地は自爆したのだが、荷電粒子砲でこさえた大穴に逃げ込んで事なきを得た。数十年後、この一件は尾ひれ背びれがつき過ぎて基地を荷電粒子砲で消し飛ばしたことにされてしまい、デスザウラー最強伝説の一端となった)、そのまま破竹の勢いで共和国首都まで肉薄。
兄のダニー・ダンカン将軍の仇であるヨハン・エリクソン大佐の乗るウルトラザウルスに一騎討ちを挑み、電磁クローでコックピットを握り潰して勝利を収めるが、同時にダンカン少尉も心に傷を負うことになった。

その後も帝国軍のフラッグシップとして共和国軍を追い詰めるが、共和国が対デスザウラー用決戦ゾイド「マッドサンダー」を開発・実戦投入したことでデスザウラーの優位は揺らぎ、結果追い詰められたゼネバス帝国は滅亡へと追い込まれた。
この頃からデスドッグ、デスバード、デスシャドー、デスファイターと言った様々なカスタムタイプが多数存在し、いずれも特殊な攻撃方法を持つ機体になっている。
その内、デスドッグ以外の三機は設計者であるドン・ホバート博士の子息であるマイケル・ホバート氏が手掛けたものであり、自ら乗り込んだデスファイターがマッドサンダーに撃破されたケース以外の黒星が存在しないという凄まじい戦闘力と勝率を誇った。
 
それでも最終的な趨勢はへリック共和国の方に向き、ゼネバス帝国は滅亡。その直前にゼネバス軍を取り込んだ暗黒大陸のガイロス帝国にデスザウラーも接収され、向こうでも生産が続けられて同軍の主力の一つとして運用される事となる。
ガイロス帝国で開発されたカスタムタイプもとんでもない脅威度を発揮しており、特にガイロス皇帝が搭乗したギル・ザウラーは急造感のある外見ながらも機動力でキングゴジュラスと互角の死闘を繰り広げるなど恐るべき性能を発揮した。

惑星Zi大異変によりその個体数は激減し絶滅寸前となるが、ゼネバス皇帝の忘れ形見ギュンター・プロイツェンの手によってオーガノイドシステムを応用した復活計画が進み、最終的には以前以上の強さを手にして復活、同時に量産化にも成功している。この時も共和国軍はマッドサンダーを揃えていたものの、マッドサンダーが若干弱体化していたことと1.5倍の頭数を揃えていたのもあって、激闘の末に事実上の相打ちに持ち込み、共和国の優勢を防いだ。

ゼネバス帝国の後継であるネオゼネバス帝国においても運用が続けられ、その中で自国の技術のみでデスザウラーをリニューアルする計画が持ち上がっていたが、クック要塞でデスザウラーがゴジュラスギガに屠られるという事態を受けたことで『長距離砲撃型デスザウラー』という構想が採用され、重狙撃型ゾイドセイスモサウルスが完成した。モチーフこそ違えど、セイスモサウルスはある意味デスザウラーの後継機といえよう。

バリエーション

決戦用として開発されたデスザウラーではあるが、実はゾイドの中で最も多くのバリエーションを持つ。他のゾイドに使用された武器を論者積みした追加武装仕様から飛行型、暗殺型、四足歩行型、Zi-ユニゾン形態、果てはゼネバス帝国復活の礎となった自爆仕様異常なまでに大型化した変異種まで存在する。

デスザウラーMk-II

デスザウラーにアイアンコングサーベルタイガー等に使用される追加兵装を施した純粋な強化仕様で、アイアンコングMk-II限定型等が装備する射撃兵装やブースターパックが目を引く。
信頼性の高い武器を複数追加しているため、性能向上率は意外なほど高い。

デスドッグ

従来の二足歩行から四足歩行に変更し、腹部に大型のビーム砲を備え機動性・格闘性を高めたカスタムタイプ。

デスバード

高度3万mを超音速で飛行する巨大爆撃機タイプ。

デスシャドー

腕をアイアンコングの物に換装して汎用性と走破性を大幅に向上させると同時に特殊装備によって暗殺者適正も付加されたカスタムタイプ。

デスファイター

電磁剣と大型ライフルに加え、各部の追加スラスターで強化したカスタムタイプ。

ギル・ザウラー

ガイロス皇帝自ら操縦したギルベイダーの能力を付加されたカスタムタイプ。
詳細は当該記事にて。

デスザウラーVF エンペロススペシャル

デスザウラーVF エンペロススペシャル


『ゾイドサーガ』シリーズに登場するビクトリーレックスとのZi-ユニゾン形態。
攻撃・防御・機動ともに大きく跳ね上がっているほか、ジェノザウラーバーサークフューラーのような前傾姿勢になっている。

ブラッディデーモン

ジェノザウラーのコアを代用した、「デスザウラー復活計画」における実験機の一つ。本体とコアのミスマッチからくる欠陥があり、デスザウラー系列としてはオリジナルに対して大きく劣る。
詳細は当該記事にて

ブラッディデスザウラー

新バトルストーリーに登場するギュンター・プロイツェン・ムーロア専用機
帝都ヴァルハラの地下要所にあるエネルギーを使用するため背面にケーブルが繋がれており、ヴァルハラに進撃してきたガイロス・ヘリック両軍を道連れに自爆する、いわば動くゾイドコア爆弾としての側面も持つ

メガデスザウラー

『三匹の虎伝説』に登場。Zi-ARMS社が開発した強化型デスザウラーであり、ワイツタイガーブラストルタイガーレイズタイガーのゾイドコアが発するエネルギーと増設された荷電粒子吸入ファンによって、理論上は永久に荷電粒子砲を照射できるとされる悪魔のゾイド

デスザウラー高機動実験機

デスザウラー(トビー・ダンカン仕様)


第一期のゾイドファン達に絶大な人気を誇る改造機。トビー・ダンカンというイケメンパイロットが搭乗した試作機をベースに色々なパーツで魔改造した。名前の通りブースターパックも備えているので素早く動けるが稼働時間が短い。ゾイドでは珍しくワンオフの改造品である。

アニメ版『ゾイド-ZOIDS-』のデスザウラー

古代ゾイド人に生み出されながらその文明を滅ぼした「破滅の魔獣」として描かれており、従来の設定から機体のサイズを始め様々な設定が変更され、だいたい『風の谷のナウシカ』における巨神兵みたいな扱いである。

明確な知能を持っているとされ、このデスザウラーに“野心を持って自身を利用しようとした者(パイロット)の意識を逆に取り込んで操ってしまう”らしい。

プロイツェンデスザウラー

第一部のラスボス。このデスザウラーはプロイツェンの手によって古代遺跡から見つかった下記のオリジナル個体のゾイドコア因子からクローン培養する形で生み出されたコピー体である。
メディアによってデスザウラー(未完成体)、デスザウラーPrS(プロイツェンスペシャル)等さまざまな名前で呼ばれる。
このコアを培養する過程で生み出されたゾイドがアニメ版のジェノザウラーであるとされる。

この時点でサイズは明らかに従来のバトルストーリー版以上に遥かに巨大なものであり、本来同サイズのゴジュラスが動きを止める為に組みかかった際、足の膝部分までしか頭が届いておらず推定でも4倍近くの身長差はある。

古代遺跡を改装した研究所でレイヴンが集めた他のゾイドのコアを与えての再生作業が進められており、そこにバンフィーネが来たことで、フィーネの存在に反応して暴走事故を起こす。その後、帝都ガイガロスにて復元が終わったデスザウラーがナウシカのクシャナ様よろしくプロイツェンを肩に載せて暴れ回ったが、バンのブレードライガー特攻によって倒された。

デスザウラーオリジナル

破滅の魔獣


上のプロイツェンデスザウラーのオリジナル個体。第二部のラスボス。
古代都市イヴポリスのゾイドイヴの傍らにボディ部分が封印されており、そのサイズも先述したコピー体の更に倍以上の大きさである。

復活時にマリモのようにコアと一体化したプロイツェンやデススティンガーのゾイドコアを吸収したことで当時よりもさらに強大に進化しており、従来の弱点であるオーロラインテークファンが装甲化された荷電粒子コンバーターに変化したため攻撃が困難になった他、それに加えて胸部を開放してブラックホールのように周囲の物質を直接コアで吸収する能力を得ているが、能力発動時には胸の装甲を開かねばならないためそこが新たな弱点となっている。

その戦闘能力は第一部の個体とは比較ならないほど凄まじく、足元の敵は尻尾のミサイルより射出されたニードルで一蹴し、ウルトラザウルスのグラビティカノンの直撃に耐えたあげく反撃の荷電粒子砲でウルトラザウルスを転倒させ、さらに上空のリングに向けて荷電粒子砲を発射して数十もの数に屈折・拡散させて惑星中に降らし、世界各地の大都市、山脈を消滅させていった
ヒルツの台詞から惑星Ziの全人類・全ゾイドを殺戮し終わったら別惑星をも滅ぼすことも考えていたようである。

しかし、シャドーの力で修復されたジェノブレイカーの荷電粒子砲の連続照射によって鉄壁を誇ったEシールドが沈黙、そこをグラビティカノンで撃ち出されたブレードライガーの特攻をまた受けてゾイドコアを貫かれ轟沈。パイロット?のヒルツは蒸発し、機体も爆破炎上しながら倒れ、ゾイドイヴと共に地の底へと消えた。

比較


大きさの比較

ゾイド新世紀/ゼロ』の劇中ではニュース報道の合間に一度しか登場しない。それもかなりデフォルメされたデザインで、前作で『破滅の魔獣』と呼ばれた面影は微塵も見られない。

外部リンク


関連タグ

ゾイド
ゼネバス帝国 ガイロス帝国

マッドサンダー(事実上の天敵)
ギル・ベイダー(こちらはガイロス帝国最強のゾイド。完成にはデスザウラー飛行改造型で得られたデータが利用されたとのこと)
セイスモサウルス(ゾイド)(外観上の関連性は皆無だが、長距離砲撃型として開発された紛れもない「デスザウラー・ニューモデル」である)

ゴジラ(アニメ映画)(アニメ版のデスザウラーとは生態も立ち位置もよく似ている)
デビルガンダム(同じくラスボス仲間、開発目的が平和のための運用、稼働実験の暴走で怪物化するなどのいくつか似てるところがある)
インドミナス・レックス 作中の事件の元凶・残忍な性格・主人公たちをどうあがいても絶望に陥れる圧倒的な力・最終的には自分と同じ種族(恐竜)と人間との友情に滅びるなど共通点がかなり多い
吐き気を催す邪悪
巨神兵 アニメデスザウラーを含めて色々なものにパロられた古代兵器の金字塔。

関連記事

親記事

ゼネバス帝国 ぜねばすていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デスザウラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 484790

コメント