ピクシブ百科事典

東宝版キングコング

とうほうばんきんぐこんぐ

本稿では東宝特撮映画に登場するキングコングについて解説する。
目次[非表示]

キングコング対ゴジラ

  • 身長:45m
  • 体重:2万500t
  • 別名:南海の魔神 巨大なる魔神 大怪力怪獣
  • 出身地:ファロ島

南海の島「ファロ島」に住む巨大なで、原住民からは「巨大なる魔神」と呼ばれ崇められている。睡眠作用があるファロ島の赤い木の実の汁が大好物。

ファロ島の砂浜で大ダコと戦い退けた後、赤い汁を飲んで眠り、に乗せられて漁船「大安丸」で引っ張られてやってきた。

ところが輸送途中で暴れだしたため、TNT火薬で爆破されたが生存しており、千葉県東海岸に上陸。動物本能からゴジラの存在に気づき、那須高原にて対決。
戦闘ではゴジラ放射火炎を浴びて逃げ出し、途中で自衛隊が敷いた10万Vの高圧線に触れたことで帯電体質を身に着ける。

その後は東京に出現。地下鉄を襲撃し、中に乗っていた桜井ふみ子を手に持って国会議事堂によじ登ったが、赤い汁の成分が入っている「ファロラクトン」が入った煙を吸ったことで再び眠る。

そして、双方の相打ちを狙う自衛隊によってゴジラと戦わせるために富士山麓に運ばれ、再び戦う。
最初は不利な戦況が続いたが、落雷をその身に受けたことでパワーアップ。手から電流を流してゴジラを苦しめる。
戦いは熱海城近くにまで発展し、熱海城を倒壊させた後はゴジラと共に海へと転落した。

その後は再び海の中から姿を現し、故郷であるファロ島へ帰って行くところが確認された。

キングコングの逆襲

  • 身長:20m
  • 体重:1万t
  • 別名:大怪力怪獣
  • 出身地:モンド島

モンド島に棲息している類人猿で、ゴジラと戦ったキングコングとは別個体。
島の長老のボーからは島の言葉で王者を意味する「コング」と呼ばれている。

怪力が自慢で、人間女性に興味を持つという習性をもち、島に上陸したスーザン・ワトソンを襲ったゴロザウルスを倒す。

某国が欲しがっている鉱物「エレメントX」採掘の労働力としてドクター・フーに捕まえられて北極に連行。催眠術で操られてエレメントXを採掘したが、予想より早く催眠術が解けてしまい採掘は失敗に終わる。
日本に上陸してメカニコングと交戦した後、東京湾でドクター・フーの輸送船を破壊。モンド島へ帰って行った。

行け!グリーンマン

トンチキと共に子供を攫おうとするが、飛んできたグリーンマンと何故か相撲で対決。
最後はグリーンマンにやっつけられた。

設定上はキングコングだが、名前の使用期限が切れたためゴリラという名義で登場した。

余談

東宝版のキングコングの体毛は、ヤクという牛の毛を茶色に手染めして着ぐるみに植毛したものである。また、キングコングの著作権を有するPKOが東宝に対し、「顔は原典とは違うものにして欲しい」と注文をつけたため、東宝版はゴリラではなくニホンザル風の顔立ちとなっている。なお、このアレンジはアメリカ本国のファンからは不評だったとか。

関連タグ

キングコング 東宝怪獣 ゴジラ怪獣
キングコング対ゴジラ 行け!グリーンマン

pixivに投稿された作品 pixivで「東宝版キングコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6080

コメント