ピクシブ百科事典

目次[非表示]

東宝怪獣映画ゴジラシリーズ」の3作目。1962年公開。
シリーズ初のシネスコ(=シネマスコープ【=東宝スコープ】)作品にして、カラー(=総天然色)上映作品

概要

今回のゲスト怪獣は、怪獣映画の元祖とも言えるキングコング
本作は元々、アメリカ側が構想していた「キングコングと巨大クリーチャーが闘う映画」という企画を、東宝がキングコングの名義を借り受け、ゴジラと戦わせるという企画に練り直したことで誕生した。なお、元々の企画はキングコングを作ったウィリス・オブライエンが提案した「キングコングがフランケンシュタインと戦う」というものだったらしく、そちらは後の『フランケンシュタイン対地底怪獣』の原案となった。

アメリカを代表する怪獣:キングコングと日本を代表する怪獣:ゴジラの夢の対決ということで、本作は大きな話題を呼び、日本映画の絶頂期であったことも相俟って、1120万人の初回観客動員数を記録(1255万人はリバイバルを含む数字)。これは今なお破られていないゴジラ映画史上最多の観客動員数である。

「怪獣同士の対決」という日本の怪獣映画の流れを決定づけた作品でもある(前作『ゴジラの逆襲』でも怪獣同士の戦いは描かれていたが、どちらかといえばおまけのようなものであり、メインは第1作と同様、ゴジラと人間との攻防である)。本作の大成功により、これ以降のゴジラ作品は(1984年版『ゴジラ』のような一部の例外を除けば)ゴジラと敵怪獣との対決を描いた作品が数多く製作されていくこととなる。それに伴いゴジラの立ち位置も「人類と共に敵怪獣と戦うヒーロー」といったものになってゆく。これにより、ゴジラシリーズの娯楽作品としての地位は確固たるものとなったが、同時に本来のコンセプトである「の申し子」としての側面は薄れていってしまうこととなった。良くも悪くもその後のゴジラ作品に大きな影響を与えた作品であり、シリーズの転換点として非常に重要な作品であると言える。

なお、続編の企画も持ち上がっていたようだが、結局未制作に終わった。
ただ、5年後の1967年に、東宝により『キングコングの逆襲』という映画が制作されている。

ちなみに、(当時の事情では仕方ない一面があるにせよ、)フィルムの管理が杜撰であり、オリジナルの状態でネガが保存されていない不遇の作品でもある。再上映のために勝手にフィルムを切り貼り編集されていたり、そもそものフィルムの保存状態が劣悪であったため画質にばらつきがあり、デジタルリマスター処理を駆使してもオリジナルの状態を再現するのは不可能となってしまっていた。
しかし、2016年に失われていたフィルムの一部分が再発見され、デジタルリマスターによって修復された事でついにオリジナルのそれとほぼ同じ映像が復元された。

ストーリー

日本の製薬会社パシフィック製薬は、自社製作のテレビ番組「世界驚異シリーズ」の視聴率不振を打開すべく、南洋の島ファロ島に伝わる「巨大な魔神」が目覚めたという情報を聞きつけ、これを利用して視聴率アップにつなげようともくろむ。現地を訪れたスタッフはそこで「巨大な魔神」が本当に存在することを知り、程なくしてその魔神=キングコングが一同の前に姿を現す。キングコングは島で暴れていた大ダコを退けたのち、島民たちが用意した赤い汁を飲み干し、島民たちが捧げる祈りの歌を聞くと眠ってしまう。これを見たスタッフの1人はキングコングを日本へと連れ帰ってはどうかと提案する。

同じころ、北極の海域で、海水温の上昇が観測され、光る氷山が出現する。アメリカの原潜シーホーク号が調査に向かうが、何者かの襲撃を受け、消息を絶った。実は、氷山の正体は、前作で神子島にて氷漬けにされたゴジラの眠る氷山であった。やがてゴジラは完全に復活を遂げ、北極にある某国の基地を襲撃した後、日本へ向けて南下を開始する。

さらに、太平洋上ではキングコングが眠りから目覚めて運搬していた船から脱走、日本へ向けて北上を開始する。

ゴジラとキングコングは闘争本能に導かれるかのように進撃を続け、遂に日本へ上陸。
日本を舞台に2大怪獣の世紀の決闘が始まろうとしていた……。

余談

  • 本作におけるキングコングは猩々をモデルとしており、あまりゴリラに似ていない。また、高圧線に触れたことで高圧電流を発する能力を得るなど、かなりオリジナル要素の強い怪獣となった。そのため、アメリカのファンからは不評だったという。あれ、どっかで同じような話を聞いたような…。
    • さすがにこのデザインはまずいと判断されたのか、その後『キングコングの逆襲』に登場した個体は、原典にかなり近いデザインへと描き直されている。また、高圧電流を発する等の特殊能力も持ち合わせなくなった。
  • 本作のゴジラは造形が一新されており、それ以前の表情が無く無機質で感情の掴めない不気味なゴジラ像からスマートでスタイルが良く感情豊かなゴジラ像に生まれ変わっており、今なお秀逸な造形として評価されている。ファンからはタイトルを略した”キンゴジ”の愛称で呼ばれている。後のゴジラのデザインにも大なり小なり影響を与えており、実際に、ミレニアムシリーズに登場したゴジラは、このキンゴジを意識したデザインになっているらしい。
  • キングコングの身長は45mとゴジラより小柄。ゴジラの対戦怪獣は、ふつうゴジラよりも高身長になることが多いが、キングコングはそうした法則から外れた稀有な存在である。
  • 本作の楽曲は伊福部昭が担当。OP曲は劇中で原住民がコングに捧げていた祈りの歌をそのまま用いている。なお、この楽曲は「SF交響ファンタジー」第1楽章で、ゴジラのテーマに続く形で収録されているほか、第2楽章ではゴジラとキングコングの戦闘時に使用されていた楽曲が収録されている。
  • タイトルのゴジラとキングコングを逆にしてしまうと後述のハリウッド版になってしまうので注意。
  • 上記の通りもともとコングの相手はフランケンシュタインだったが、オブライエンに無断で企画が変更されての製作であり、このゴタゴタのためにオブライエンは東宝とゴジラを憎んだまま亡くなってしまった(支出が厳しいから訴えなかっただけで東宝を訴えようとしていた)。後にオブライエンの妻は「夫の寿命が縮んだのはこの作品の顛末に苦しんだことが原因」と言っている。オブライエンを師と仰ぎキングコングを崇拝していた(原子怪獣現わるリドサウルスで知られる)レイ・ハリーハウゼンのゴジラ嫌いを加速させた一因とも推測される。


本作へのリスペクト

歴代最多の観客動員数を記録した映画ということもあり、後の作品でも本作に対するリスペクトが見られる。

ゴジラVSキングギドラ

キングコングとゴジラの戦闘時に使用されたBGMがアレンジされて使用されている。
なお、「キングコングの逆襲」では、キングギドラのテーマをアレンジした楽曲が使用されている。

ゴジラVSデストロイア

エンディングでゴジラのテーマにつながる形で、「キングコング対ゴジラ」のOP(ファロ島の祈りの歌)をアレンジした曲が流れている(厳密には、上記のSF交響ファンタジーのアレンジ)。


ゴジラ FINAL WARS

オープニングの東宝ロゴマークは『キングコング対ゴジラ』のものをそのまま使用している。

GODZILLAvsKONG

ゴジラvsコング


2014年、アメリカのレジェンダリー・ピクチャーズがキングコングの映画化権を取得したことを発表、2017年に『髑髏島の巨神』を公開した。さらにレジェンダリーは同時期にゴジラのリブート作を製作していたことから、ファンの間では「近い将来ハリウッドでキングコングとゴジラの2度目の対決が描かれるのではないか」と期待する声が上がっていた。

そして2015年10月14日に、レジェンダリー、ワーナーはゴジラとキングコングが再び対決する劇場映画を制作することを正式に発表。「モンスターバースシリーズ」の集大成にして、ハリウッドによる全世界待望のゴジラとキングコングの2度目の対決が実現することとなり、2021年にそのゴジラとコングの新たな戦いを描いた『GODZILLAvsKONG』が公開された。

動画

主題歌


関連項目

怪獣映画
東宝 東宝特撮 東宝怪獣 ゴジラシリーズ
ゴジラ 東宝版キングコング 大ダコ

関連記事

親記事

昭和ゴジラ しょうわごじら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングコング対ゴジラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングコング対ゴジラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119076

コメント