ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1954年(昭和29年)公開の映画ゴジラ』に始まる怪獣ゴジラの登場するシリーズ作品。現在までに34作品(うち4作はハリウッド製作)が制作・公開されている。


1954年に公開された『ゴジラ』は怪獣特撮映画としては空前のヒットを飛ばしたことで、それからわずか一年足らずで続編制作が決まり、以降からほぼ例年的に作品が作られることとなり、そうしてゴジラ作品はシリーズ化された。


2014年5月16日には「もっとも長く継続しているフランチャイズ映画」としてギネス認定もされている。


歴史

昭和ゴジラシリーズ

ゴジラ』(公開日:1954年11月3日)-『メカゴジラの逆襲』(公開日:1975年3月15日)


1作目のゴジラは「災害」や「核の申し子」として人類との相互理解が一切不可能な恐怖の存在とされていたが、2作目の『ゴジラの逆襲』のライバル怪獣との対戦要素が取り入れられるようになり、そして1962年の3作目にしてアメリカ映画に登場する怪獣とのコラボ作品、そして初のカラー作品などのエポックを持つ『キングコング対ゴジラ』にて、“ゴジラ対敵怪獣”というシリーズ全体のコンセプトが決定付けられたと言われている。


そして4作目『モスラ対ゴジラ』で歴代東宝怪獣との戦いが始まり、さらに『三大怪獣 地球最大の決戦』以降は徐々にゴジラも「人類の敵」からウルトラマン仮面ライダーのような「子供たちのヒーロー」という描写に変わっていき、これに伴ってシリーズそのものも明るくわかりやすい大衆映画としての側面が強くなっていった。


しかし、展開当初こそ社会的ブームを巻き起こした本シリーズであるが、時を経るに連れて人気は低迷、制作予算も削られていき、そして1975年の『メカゴジラの逆襲』を以て約20年近く続いたゴジラシリーズは終了へと追い込まれた。


平成ゴジラシリーズ

ゴジラ(1984)』(公開日:1984年12月15日)-『モスラ3キングギドラ来襲』(公開日:1998年12月12日)


とは言え、1980年代に入るとシリーズの復活が検討されるようになったと言われ、そして『メカゴジラの逆襲』の公開から9年後の1984年に初代以外の設定を全てリセットする形で制作された『ゴジラ』が公開された(ちなみに84年はまだ昭和時代だが、便宜上これも平成シリーズとしてカウントしている)。


その後、5年の空白期間を経て平成元年に『ゴジラVSビオランテ』が公開され、それが好評を得たためその翌年からはまた何個かの作品が作られるようになり、平成における新しいシリーズとしての舵が切られた(以降は基本的にタイトルが『ゴジラVS◯◯』で固定されるようになったためファンの間では「VSシリーズ」とも呼ばれている)。


このシリーズではゴジラは再び"人類の敵"として描かれており、作品毎のゲスト怪獣のほとんどはそのゴジラの敵として登場するのが特徴で、だいたいはゴジラと人類の戦い、あるいはゴジラとその敵怪獣、そして人類との三つ巴の戦いが描かれているものが多いが、中には『VSスペースゴジラ』のように結果的に人類とゴジラと共闘したケースの作品もある。


また、平成シリーズの特徴として一連の共通した世界観を持ち、84年版『ゴジラ』をのぞく全ての作品に同じヒロインの三枝未希が登場するという点が挙げられる。


当初はこのシリーズも1993年の『ゴジラvsメカゴジラ』を持って終わる予定だったらしいが、後述の旧ハリウッド版の制作が難航したためそれからさらに2年ほど継続されることになり、そして1995年の『ゴジラvsデストロイア』にて二度目の終了と相成った。


21世紀ゴジラシリーズ

ゴジラ2000 ミレニアム』(公開日:1999年12月11日)-『ゴジラ FINAL WARS』(公開日:2004年12月4日)


『vsデストロイア』から約4年後の21世紀に入って再び始動したゴジラシリーズ。

こちらは『2000』のサブタイから「ミレニアムシリーズ」とも呼ばれる。


休止から再開までの期間が約4年と短く、作りは基本的にvsシリーズと同じコンセプトであるが、それらとは異なりむしろ昭和期のように作品の1つ1つの世界観の繋がりが緩いのが特徴で、2002年の『ゴジラ×メカゴジラ』および2003年の『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』以外は完全な一本完結型の作品群となっている。


しかし、VSシリーズに比べて全体的な興行収入は思うように伸びず、一時期は他作品とのタイアップも行われたが、結局再開からわずか5年の2004年の『ゴジラ FINAL WARS』を持ってこのミレニアムシリーズも打ち切られ、再びシリーズは停止状態に入ることとなった。


2010年代半ば以降の展開

シン・ゴジラ』(公開日:2016年7月29日)-


ミレニアムシリーズ終了から約10年後の2014年、その年には後述のレジェンダリー社が製作した新ハリウッド版『GODZILLA-ゴジラ-』の公開があり、それの大ヒットを受けて東宝は同年の12月8日完全新作の国産ゴジラ作品を製作・公開することを発表した。


その制作に際して総監督には新世紀エヴァンゲリオンの監督である庵野秀明、特技総括には平成ガメラを撮った樋口真嗣といった実力派クリエイターが据えられたことで公開前から大きな話題を呼ぶこととなり、そして制作発表から約1年半後の2016年7月29日にシリーズ復活作となる『シン・ゴジラ』が公開された。

十数年ぶりの復活ということもあってか本作はたちまち大ヒットを飛ばし、この映画のシリーズの累計動員数が1億人を突破するという実写邦画初の快挙も達成、翌年の日本アカデミー賞では優秀作品賞をはじめとする各賞をほぼ総舐めにするという圧勝ぶりを示した。


その『シン・ゴジラ』公開から間もなくして次回作の制作告知があり、しかも今度は国産シリーズ初の試みとなるアニメーション映画としての制作であるということも発表された。

同作は全三部作構成での独自のシリーズという形をとっており、監督は静野孔文および瀬下寛之の二人体制で、さらに原案と脚本は虚淵玄、アニメーション部分はポリゴン・ピクチュアズが担当しての制作が進められ、2017年からそのアニメ映画版『GODZILLA』の作品展開が開始、第一章が2017年11月17日、第二章が年を跨いだ2018年の5月19日、そして同年11月9日にそれの完結編となる第三章が順次公開されている。


また、2019年には『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボ企画で、USJにてゴジラ対エヴァンゲリオンがアトラクション映画として放送された。さらに『新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION』の劇場版である『未来からきた神速のALFA-X』においてゴジラは碇シンジらと再度共演している。


2021年では今度はTVアニメとしてのゴジラ作品『ゴジラS.P(シンギュラポイント)』も放送されている。


更には2022年11月3日には通算30作目となる『ゴジラ-1.0』を2023年11月3日に公開すると発表。『シン・ゴジラ』以来7年ぶりの新作にして実写邦画としては令和初となり、日本を代表するVFXの名手山崎貴が監督を務めた。

公開された本作は世界的な大ヒットとなり、『シン・ゴジラ』と同じく翌年の日本アカデミー賞を総舐めにしたうえ、アカデミー賞視覚効果賞を邦画はおろかアジア映画として初めて受賞し、シリーズにオスカーの名誉をもたらした。


それ以外にもより低年層を意識してのコンテンツとして『ゴジばん』や『ちびゴジラ』といったゴジラ怪獣をマスコット風にディフォルメしたキャラクターを主役にしたキッズ向けのスピンオフシリーズの展開が進められている他、2020年以降の11月3日のゴジラアニバーサリーにはその年に対応している過去作品を題材にした短編映像作品を制作して公開する催しも行われている。


この2010年代半ばからの動きはアメリカでも2014年版『GODZILLA-ゴジラ-』から始まった後述する独自のシリーズの制作および公開もあり、ゴジラシリーズ全体が日米合わせてのものとはいえ四度めの賑々しさを見せている。


ちなみにそれ以前には先端映像研究所による3D映画の企画が持ち上がったが、その後責任者である坂本義光氏がハリウッド版の3D映画のプロジェクトに加わり、企画もそちらへとシフトしていった模様(後にこの企画は2014年公開のハリウッド版、さらにそれを発展させたモンスターバースシリーズへと繋がっていった)。


ハリウッド版

ゴジラシリーズは初代の英訳版が世界各国で公開されて大きな話題になったことから日本国外(特にアメリカ)でも非常に高い人気と知名度を誇っており、海外の著名人でもゴジラのファンであることを公言している者は多く、スティーブン・スピルバーグギレルモ・デル・トロ、そして後に自らがゴジラ映画を手がけることになったギャレス・エドワーズなど向こうの映画監督の中にも本シリーズから多大な影響を受けたという者も少なくない。


日本が平成に入って国産のゴジラシリーズの再始動した頃になるとハリウッドでもゴジラのリメイク版を制作しようという動きが生まれ、それを受けて1998年にはトライスター社制作によるハリウッド版『GODZILLA』が公開された。しかし、この映画は興行収入こそそれなりの成果を上げたものの、従来のデザイン・設定とはあまりにかけ離れた姿のゴジラが登場したことで国内外のファンから大顰蹙を買うこととなってしまった。


それから10年以上経った2010年代に再度ハリウッド製のゴジラ映画を制作しようという話が持ち上がり、2014年に今度はレジェンダリー社主導のリブート版『GODZILLA-ゴジラ-』が公開され、さらに2019年にはその続編に当たる『King of the Monsters』も公開されることとなった。

これら2作はそのレジェンダリー社が企画している「モンスターバース」というシェアード・ワールドに組み込まれ、後に同社が制作したキングコングシリーズ(『髑髏島の巨神』)とは同一の世界観の作品として設定されており、そのシリーズの中でゴジラとコングの激闘を描いた『GODZILLAvsKONG』(2021年)、その続編にして2体の共闘を描く『The New Empire(新たなる帝国)』(2024年)と、日米を代表する2大怪獣によるクロスオーバーが展開されている。


一方で本シリーズは映画だけでなくアメリカのサブカルチャー業界にも大きな影響を与えており、MARVELコミックではあのアベンジャーズと対決するというエピソードが連載されたことがあるほか(→レッドローニンも参照)、1978年にはハンナ・バーベラ社によりオリジナルのアニメ作品が制作されたこともある。


シリーズ一覧

国産シリーズ

公開年作品No.タイトルタグ
19541ゴジラ初代ゴジラ
19552ゴジラの逆襲ゴジラの逆襲
19623キングコング対ゴジラキングコング対ゴジラ
19644モスラ対ゴジラモスラ対ゴジラ
19645三大怪獣 地球最大の決戦三大怪獣地球最大の決戦
19656怪獣大戦争怪獣大戦争
19667ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘南海の大決闘
19678怪獣島の決戦 ゴジラの息子ゴジラの息子
19689怪獣総進撃怪獣総進撃
196910ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃オール怪獣大進撃
197111ゴジラ対ヘドラゴジラ対ヘドラ
197212地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンゴジラ対ガイガン
197313ゴジラ対メガロゴジラ対メガロ
197414ゴジラ対メカゴジラゴジラ対メカゴジラ
197515メカゴジラの逆襲メカゴジラの逆襲
198416ゴジラ84ゴジラ
198917ゴジラVSビオランテゴジラVSビオランテ
199118ゴジラVSキングギドラゴジラVSキングギドラ
199219ゴジラVSモスラゴジラVSモスラ
199320ゴジラVSメカゴジラゴジラVSメカゴジラ
199421ゴジラVSスペースゴジラゴジラVSスペースゴジラ
199522ゴジラVSデストロイアゴジラVSデストロイア
199923ゴジラ2000 ミレニアムゴジラ2000ミレニアム
200024ゴジラ×メガギラス G消滅作戦ゴジラ×メガギラスG消滅作戦
200125ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃
200226ゴジラ×メカゴジラゴジラ×メカゴジラ
200327ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS
200428ゴジラ FINAL WARSファイナルウォーズ
201629シン・ゴジラシン・ゴジラ
202330ゴジラ-1.0ゴジラ-1.0

アニメーション映画

公開年タイトルタグ
2017GODZILLA -怪獣惑星-GODZILLA(アニメ映画)
2018GODZILLA -決戦機動増殖都市-GODZILLA(アニメ映画)
2018GODZILLA -星を喰う者-GODZILLA(アニメ映画)

ハリウッド版

トライスター二部作

公開年タイトルタグ
1998GODZILLAGODZILLA1998
1998ゴジラ・ザ・シリーズゴジラ・ザ・シリーズ

モンスターバースシリーズ

公開年タイトルタグ
2014GODZILLA -ゴジラ-GODZILLA-ゴジラ-
2019GODZILLA:King of the Monstersキング・オブ・モンスターズ
2021GODZILLA VS KONGGODZILLAvsKONG
2024GODZILLA x KONG:The New Empireゴジラxコング:新たなる帝国

その他シリーズ

テレビ/ビデオ作品

放送/発売年タイトルタグ
1992冒険!ゴジランドゴジランド
1994すすめ!ゴジランドゴジランド
1997ゴジラアイランドゴジラアイランド
2019ゴジばんゴジばん
2021ゴジラS.PゴジラS.P
2023ちびゴジラの逆襲ちびゴジラの逆襲

短編映像作品

公開年タイトルタグ
2019夢の挑戦 ゴジラ須賀川に現る須賀川市
2020ゴジラ・ゴジラフェスに現るゴジラ・ゴジラフェスに現る
2021ゴジラVSヘドラゴジラVSヘドラ
2022ゴジラVSガイガンレクスゴジラVSガイガンレクス
同上ガイガン来襲ガイガン来襲
2023ゴジラVSメガロゴジラVSメガロ
同上オペレーションジェットジャガーオペレーションジェットジャガー

ゲーム

発売/配信年タイトルハード
1988ゴジラFC
1993怪獣王ゴジラGB
1993超ゴジラSFC
1994ゴジラ 怪獣大決戦SFC
1995ゴジラ 怪獣大進撃GG
1995ゴジラ 列島震撼SS
1998ゴジラ・ジェネレーションズDC
1998ゴジラ・トレーディングバトルPS
1999ゴジラ・ジェネレーションズ・マキシマムインパクトDC
2014ゴジラ-GODZILLA-PS3
2015ゴジラ VSPS4
2017巨影都市PS4
2019ゴジラディフェンスフォーススマートフォン
2021ゴジラ デストラクションスマートフォン
2021ラン ゴジラスマートフォン
2021ゴジラバトルラインスマートフォン

コラボ・ゲスト出演(映像作品のみ)

公開年タイトルタグ
1973流星人間ゾーン流星人間ゾーン
2007ALWAYS 続・三丁目の夕日三丁目の夕日
2016しんちゃん対シン・ゴジラしんちゃん対シン・ゴジラ
2017キングコング 髑髏島の巨神髑髏島の巨神
2019ゴジラ対エヴァンゲリオンゴジラ対エヴァンゲリオン
2019劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION 未来からきた神速のALFA-X未来からきた神速のALFA-X

アトラクション

公開年タイトルタグ
1994怪獣プラネットゴジラ怪獣プラネットゴジラ
2021ゴジラ・ザ・ライドゴジラ・ザ・ライド

関連タグ

東宝 怪獣 映画 特撮 怪獣映画 東宝怪獣

本多猪四郎 円谷英二 伊福部昭 中島春雄 田中友幸

ゴジラ100users入り ゴジラ500users入り ゴジラ1000users入り ゴジラ5000users入り


東宝チャンピオンまつり:昭和シリーズの内で第10作から第15作まではこの映画イベントのプログラムとして制作された。


ゴジラコラボタグ一覧


モンスターストライク / モンスト:3回コラボした事があるソーシャルゲーム


外部

ゴジラ - Wikipedia

ゴジラシリーズとは (ゴジラシリーズとは) - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

東宝怪獣 とうほうかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245065

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました