2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

オール怪獣大進撃

ごじらばんねばーえんでぃんぐすとーりー

ゴジラシリーズ第10弾。巨匠があえて描いた、少年とミニラの友情を描くジュブナイルテイストの物語。
目次[非表示]

概要

フルタイトルは『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』

東宝が企画した子供向け映画企画「東宝チャンピオンまつり」のメイン作品。
これまでのシリーズとは違い、子供を主人公にして児童文学的な作風にすることでメイン観客である子供たちに親しみを持てるようになっている。
本作はシリーズの生みの親の1人である本多猪四郎監督が手掛けた異色作だが、自身もやりたい企画だったらしく自選ベストの一本に挙げている。故に、出演者も本多組…東宝特撮路線の常連メンバーが大挙出演している。
完全に子供向けで低予算故に流用映像も多く「70分」というシリーズ最短の上映時間等で評価の低い作品だったが、近年は先の理由や逆境でも卓越した内容でもあるため再評価も高まっていった。また本作の音楽には宮内國郎氏が『ガス人間第一号』以来の復帰となり、氏にとって唯一のシリーズ参加作品になった。

また怪獣が登場するシーンは主人公の夢で、怪獣のいない現実の世界を舞台にしている。これは鍵っ子等の当時の世相を反映したものである。
先に『空想天国』という同類項の映画があったが、毒気のない童話的な展開や痛快でカタルシス感が強く後味の良い顛末は本作の方が上だった。また作風的にも趣旨は異なるが、本多監督の代表作で一般映画の『夜間中学』にも相通じる部分がある。
ちなみにチャンピオンまつり期のゴジラは人間の味方という誤解が広く流布しているが、実際には子供の夢が舞台の本作でさえゴジラは明確に人間と敵対している(怪獣島に人間が攻め込んでくる、主人公の少年をゴジラが敵とみなして襲ってくる等)。

これまでの感謝を込める形で円谷英二を監修としてクレジットしたが、円谷氏は本作の公開後逝去した。

登場怪獣

ゴジラ
ミニラ
ガバラ
カマキラス
エビラ
クモンガ
大コンドル
アンギラス
マンダ
ゴロザウルス

怪獣のほとんどは過去作の映像を流用しての登場である。

ストーリー

内気な小学生、三木一郎は両親が共働きで家におらず、学校に行けばいじめっ子のガバラに絡まれるといった散々な毎日を送っていた。
ある日、アパートの隣人である「発明おじさん」というあだ名の男、南信平の作った玩具を使い夢の世界に旅立った一郎は、怪獣島にやってくる。

そこでゴジラの息子、ミニラと友達になった一郎は、ミニラがいじめっ子怪獣のガバラに苛められていることを知り、彼を激励し返り討ちにする作戦を立てる。
そのころ、一郎のアパートには逃亡中の銀行強盗犯が侵入していた…。

関連タグ

ゴジラ 昭和ゴジラ ミニラ ガバラ

関連記事

親記事

昭和ゴジラ しょうわごじら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2997

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました