ピクシブ百科事典

カマキラス

かまきらす

カマキラスとは、ゴジラ映画に登場する巨大昆虫である。
目次[非表示]

概要

名前の通り、巨大なカマキリ怪獣。ゴジラシリーズへの登場は2回。
形状的にが入って演じることが不可能なため、操演CGでしか描写されたことがない。
また(怪獣としては)かなり弱く、どの登場作品でもゴジラや他の怪獣にボコボコにされている。

昭和版

カマキラス 【ニコニコ動画用イラスト】


身長58m
体重2800t(軽いのは飛行するため)
飛行速度マッハ0.5(時速612km前後)
『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』に登場。
ゾルゲル島の気候変化実験の失敗により、元々程の巨体だった巨大カマキリがさらに巨大化した姿。知能も高く、地中に埋まったミニラを掘り返したり、岩を投げつけたりといった器用な鎌使いを見せる。
通常のカマキリとは異なり、右腕が状になっているのが特徴。
ミニラを3頭がかりでいじめていたが、ゴジラによって2頭が倒され、残り1頭は逃亡して人間を襲ったりしてを徘徊していたが、クモンガと戦いになり糸であっさり絡めとられ毒針で殺された。
構造上、絶対に人が入れない形状のため、操演(糸を使用した巨大な操り人形)で撮影された。

FW版

カマキラス(2004) 【ニコニコ動画用イラスト】


体長90m
体高40m
体重2万t
ゴジラ FINAL WARS』に昭和怪獣軍団として再登場。オオカマキリが進化した怪獣という設定で、腕のフォルムは現実のカマキリと同じ左右対称になっている。
X星人に操られてフランスパリに出現し、地球防衛軍の航空戦艦『エクレール』を撃破。ついで日本に飛び、ゴジラを迎え撃った。カマキリらしく保護色を利用して背後から強襲をかけようとしたが、ゴジラに見破られて投げ飛ばされ、そのまま鉄塔串刺しになって死亡した。
地球防衛軍の航空戦艦を単独で撃沈するなど決して弱くはなかったが、ゴジラが相手では如何せん分が悪かった。

GODZILLA

具体的な外見やステータスは公開されていないがアニメ映画版『GODZILLA』の設定資料にてその存在が語られている。

1999年、アメリカ合衆国マンハッタン島南西の海上に出現したもので、今作の世界観で人類が最初に遭遇した怪獣であるとされる。
出現後、72時間で330kmを移動、最終的にボストン近郊でバンカーバスターの雨に沈むまでの間、通過地点を破壊しつくした。推定死傷者数は250万人にのぼり、米国、世界の経済に与えた打撃も計り知れない。

長年噛ませ犬に甘んじた日陰者の大躍進である。

ちなみに

実は『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』は当初、ゴジラとカマキラスの対決として描かれる予定だった。しかし、監督である金子修介が、飲み会でこれを友人に話した結果、「カマキラス? 何それ」と言われて、起用を断念してしまい、カマキラスの登場は幻となってしまったのだった。
その後、この作品は、アンギラスバランバラゴンの3匹を登場させることになりかけたが、今度は東宝の上層部によって、この面子では地味すぎるとして再び企画変更を迫られることになった。

もっとも、この金子監督の友人が余計な一言を言わなかったとしても、採用は見送られていたと思われるが。

また、FWのカマキラスの腕が統一されたのは、当初はカマキラスがアンギラスボールを転がす予定があったためらしい。

関連項目

クモンガ ゴジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「カマキラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31073

コメント