ピクシブ百科事典

怪獣黙示録

かいじゅうもくしろく

2017年に出版された東宝特撮映画『ゴジラ』シリーズを題材とした小説作品。正式タイトルは『GODZILLA -怪獣黙示録-』。同年に公開されたアニメ映画版『GODZILLA』のスピンオフにして前日譚である。
目次[非表示]

巨大な絶望を前に、人類はいかに立ち向かい、いかに敗北したか

作品解説

作者:大樹蓮司
監修:虚淵玄
設定協力:白土晴一

アニメ映画シリーズのプレストーリーに当たる1999年からの怪獣出現期の出来事を描いた作品。
「Anime Japan 2017」で配布された歴史年表資料に書かれた怪獣が登場するが、生物兵器ヘドラの正体やゴジラに同時期に現れ葬られた3体の怪獣の詳細など資料では解らなかった新事実が判明する。

加えてこれまでのシリーズでは出番が比較的少なかった過去の東宝怪獣も名前だけのものも含めて数多く登場しており、その様相はいわば東宝怪獣映画オールスター作品とも言っても過言ではなく、例えるなら『怪獣総進撃』および『ファイナルウォーズ』にハリウッド映画の『パシフィック・リム』のコンセプトも織り交ぜたような豪華な内容となっている。

他にもマーカライトファープガンヘッドなど、ゴジラ以外も含む東宝系列の様々のシリーズで用いられてきた人名や用語なども使用され、一部セリフや展開にも過去作のオマージュが含まれるなど、特撮ファンがニヤリとする小ネタも満載されている。

更に怪獣との戦争、異星人との遭遇によって変容した文化・価値観についての描写も多く、映画の世界観を深く知ることができる一冊となっている。

作品内容はいわゆる“オーラル・ヒストリー”なのが特徴で、文章は怪獣惑星と化した地球から脱出する直前、アキラ・サカキ(映画主人公ハルオ・サカキの父)が過去に地球連合情報軍の任務でかき集めた多くの証言をテキストとして抽出したものであり、殆どの部分はアキラと証言者の1対1のインタビュー形式で進められる。必要に応じて話の間で注釈が入る。

証言者は対怪獣作戦に関与した政府役人から実際に戦闘を行った軍人、そして逃げ回っただけの民間人までと実に多様で、様々な視点から怪獣の姿を見ることができる。

登場怪獣(文章内初記載順)


関連タグ

GODZILLA(アニメ映画)
東宝怪獣
人類終了のお知らせ どうあがいても絶望

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣黙示録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2192

コメント